• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

超特集:MIMIZUQ / ロングインタビュー(4)、フォトギャラリー、テーマ別インタビュー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

超特集:MIMIZUQ / ロングインタビュー(4)、フォトギャラリー、テーマ別インタビュー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2018-11-23 18:00
    ada70e1743b7d11a960a63e882b36931637bfc3b
    02010fded500ceb3b79f7739363ea84e5f8f303b
    Q.あなたは世紀の大泥棒、何を盗みますか?

    seek それは、あなたのハートしかないですよ。
    AYA お金(笑)。
    seek それ、大泥棒ちゃいますやん。こそ泥や(笑)。
    TAMA ハートしかないね。
    seek これだけ長くバンド活動をやってくると、たくさん応援してくださる方がいますからね。
    みなさんの時間を盗んでるんじゃないかなと思いますね。
    AYA 上手いこと言ったね。
    楠瀬タクヤ オーッ!!
    TAMA ホント、その通りやね。
    AYA 便乗するパターンですか。
    楠瀬タクヤ 時間泥棒。
    TAMA あなたのお時間をください、盗んじゃうぞ!!

    7279884284c8ad349fdf82f49fa1981d798b9a74
      CASCADEのTAMA、Psycho le CemuのAYAとseek、元Hysteric Blue/現Sabaoの楠瀬タクヤ。この4人が集まり誕生したMIMIZUQ。10月より3ヶ月連続で楽曲の配信がスタート。10月には『PINKY PUNKY PARTY!!』を、11月14日に『ジグザグザ』、12月12日には『鎮む森に降る慈しみの雨』を発売する。12月には、大阪と東京を舞台にワンマン公演も決定。一体、MIMIZUQとはどんなバンドなのか。その中身をまさぐってみた。

    撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
    Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa

    バラバラに発売しているからこそ、いつか、何処かのタイミングで1枚にまとめたいなとも思ってるんですよね。
    ――MIMIZUQも一気に走り始めましたね。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。