• このエントリーをはてなブックマークに追加
club Zy.ロングインタビュー HIZAKI(Versailles / Jupiter) 第4回(全4回) 「複数のバンドをやるのは“あり”という方向にシフトしていったほうがいいと思うんですよ。そのほうが新しい魅力を持ったものが生まれる可能性が広がるから。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

club Zy.ロングインタビュー HIZAKI(Versailles / Jupiter) 第4回(全4回) 「複数のバンドをやるのは“あり”という方向にシフトしていったほうがいいと思うんですよ。そのほうが新しい魅力を持ったものが生まれる可能性が広がるから。」

2020-05-28 18:00
    c9b62817ffcfd2672e337c6c2e6ad0b5c0061f59476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    ギタリストとしての高いポテンシャルと美麗なヴィジュアルの取り合わせが強固かつ魅力的な世界観を生み出しているHIZAKI。VersaillesとJupiterに在籍したうえでソロ・ワークも行い、さらにその全てが高い評価を得ていることには圧倒されずにいられない。多数のリスナーを魅了し、ワールドワイドにその名を馳せるHIZAKIのアーティスト像に迫るべく、彼の過去、現在、未来についてじっくりと話を聞いた。


    Interview:村上孝之



    複数のバンドをやるのは“あり”という方向にシフトしていったほうがいいと思うんですよ。そのほうが新しい魅力を持ったものが生まれる可能性が広がるから


    ――HIZAKIさんのギター・アプローチに関しては、リード・プレイでハーモニーを多用することも特徴としてあげられます。
    HIZAKI:ハーモニーは4年くらい前までガチガチに理論で構築していたけど、最近はやんわりしてい

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。