• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

団長(NoGoD)×featuring16(Jin-Machine)対談 第2回(全4回) 「最近一気に増えてきたなと感じているのが、アイドルやメンズアイドルがよくやっている「ネットサイン会」。あのシステムには震えたね。」(団長) 「それは、どうやるの??」(featuring16)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

団長(NoGoD)×featuring16(Jin-Machine)対談 第2回(全4回) 「最近一気に増えてきたなと感じているのが、アイドルやメンズアイドルがよくやっている「ネットサイン会」。あのシステムには震えたね。」(団長) 「それは、どうやるの??」(featuring16)

2020-07-09 18:00

    e6cdf0f601c158a45ed633b07da0476bcf1bbaab

    お互いに、今年結成15周年を迎えた間柄。本当なら、今年15周年を迎えるバンドたちと一緒にいろんな企画を行うはずだった。が、ご存じのように「コロナ」の影響で、春からは様々なバンドがライブ活動の停止を余儀なくされた。そんな中、ネットを介しリモートワークで積極的にバンドの情報を配信し続けていたのが、結成15周年組のバンドのヴォーカリストである団長(NoGoD)とfeaturing16(Jin-Machine)だった。彼らが、ライブ活動もままならない今の時期だからこそ伝えるサバイブ法を、2人の対談という形を通してお伝えしたい。

    Interview:長澤智典


    今、みなさん配信ライブをやり出せば、いろんな配信スタイルを試そうともしている状況があります。​


    団長  自分らも、そこに関してはいろんな挑戦をしていくのは有りだなと思ってる。最近知ったんですけど、今は、リアルタイムでしゃべった言葉を、ほんのちょっとの時間の差で、すぐに字幕にしてくれるサービスもあるんですよ。それを使って、配信ライブでもテロップ化できるなら面白いなと思って。それを翻訳もしてもらえるなら、多くの海外の人たちにも、リアルで歌や自分らの気持ちを伝えていける。ただ、ライブ中に早口で歌っている言葉をどこまで精確に拾えるのかはやってみないことにはわからないんだけど。でも、新しい伝える手段として可能性を感じているし、そういうことを積極的に実践しながら新しいスタイルを突き詰めてこそ、この先も生き残っていくための鍵になっていくのかなと思ってる。

    featuring16  それ、YouTubeでもよく翻訳されて流れているやつだ。確かヒカキンさんだったかな、なんかの発言がAIの誤訳によって「日本人殺し」と記され、それで話題になったこともあったけど。それをライブでも使うということだよね。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。