• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

HAKUEI(PENICILLIN) × 東海林のり子(アナウンサー)スペシャル対談! 第1回(全4回) 「出会った頃のHAKUEIは、まだ学生の匂いがプンプンしてた(東海林)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HAKUEI(PENICILLIN) × 東海林のり子(アナウンサー)スペシャル対談! 第1回(全4回) 「出会った頃のHAKUEIは、まだ学生の匂いがプンプンしてた(東海林)

2020-07-03 18:00

    06cf28de91e45c705966bf2c058b5dc71b34cd03

    6月17日に配信された大好評企画『居酒屋はくえい』のゲストには、ロック界のゴッドマザー、東海林のり子さんが登場! 長年ににわたってPENICILLINの活動を見守り続けてきた東海林さんだけに、貴重なエピソードが飛び出しまくりで対談は多いに盛り上がりました。ここでは配信前の時間を利用して、初対面の印象から、近況まで、幅広く語っていただいております。では、HAKUEIと東海林さんの絆の深さが感じられるトークをお楽しみください!(対談は4回にわたって掲載します)。

    Interview:海江敦士


    おふたりがお会いするのは久々なんですよね?


    東海林のり子以下東海林):HAKUEI、しばらくでした~!(笑)。

    HAKUEIあ、お久しぶりです!

    東海林:本当ならハグしたいんだけど、コロナ対策があるので断念(苦笑)。でも、長いわよね~、私達。

    HAKUEIそうですね。東海林さんについては、僕はもう一方的にテレビを見て知ってまして。星子さん同様、ヴィジュアル系の父とか母みたいな存在です。初めてアーティストとしてお世話になったのは、僕がソロデビューして1年後くらいだったのかな。たぶん、今から23年ほど前だったと思うんですけど、ソロ3枚目のシングル「ダブルラブショック/TRUE LOVE」(97年)を出して、そのプロモーション動画に出ていただいたんですよね。「現場からお伝えしました……HAKUEI、「ダブルラブショック」!」っていう感じで曲紹介をしていただいて。

    東海林そうね。その頃のHAKUEIは、まだ学生の匂いがプンプンしてた(笑)。

    HAKUEIあはははは! 当時は僕も20代でしたから。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。