• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vijuttoke20年10月号「Nellfin」インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vijuttoke20年10月号「Nellfin」インタビュー

2020-10-23 18:00

    8a72c4d7bd7e4d626d5671b35a5ee30cba1f4e4a


    Nellfin HP


    L→R Ds.Koh / Gt.ayato / Vo.JURI / Gt.sin


    激しい中にメロディアス!まさに静と動!Vijuttoke初登場!Nellfinに迫る!​


    ■まずはNellfinを知らない方に、バンドの紹介をお願いします。

    JURI:激しい見た目と、様々な色の曲を奏でるバンド ねるふぃんと読みます。

    sin:激しさと美しさを織り交ぜたもの、これを軸に幅広く音楽を拡げていったものにしようと思ってます

    ayato:ヘヴィサウンドとメロディアスな歌を意識してメタルを基軸に幅広くやってます。ネルフィンと読みます。

    Koh:メタルとメロディアスの融合ってところでしょうか。


    ■どんなアーティストに影響を受けましたか?

    JURI:自分はX JAPANのHIDEさんです。彼の姿をみてバンドをやろうと決めました。

    sin:あまり影響と言う程深く刻まれたものは少ないのですが、自分の中でEmperorの存在は大きいです

    ayato:多過ぎて書き切れないですけど、ギタリストならZakk wyldeですね。最近はBABYMETALをよく聴いてます。

    Koh:Dying Fetus、Lamb of God、Satyricon、Skinless、FLESHGOD APOCALYPSE などです。


    ■バンドのコンセプトとして掲げている「I'll show you what I see.」ですが、どういった意味なのか教えて欲しいです。

    JURI:俺らの見た、見えている世界を表現してやる といった感じです。

    sin:私は私というフィルターを通してしか世界を見ることは出来ない。その上で私が受け取り、感じたもの、その私の世界を描こうと思っています

    ayato:英語は得意じゃなのでよくわかってません。

    Koh:私は私というフィルターを通してしか世界を見ることは出来ない。その上で私が受け取り、感じたもの、その私の世界を描こうと思っています


    ■まさに今年名古屋で立ち上げたバンドなのですが、2020/2/1 ell sizeにて始動主催はどんな1日になりましたか?

    JURI:終始ドタバタしてました。終始ドキドキもしてました。気付いたら始まり気づいたら終わっちゃってました、(笑)

    sin:自分は音戯でも出演になるのでとにかく慌ただしかったですね

    ayato:トラブル続きでバタバタしてました。楽しくて苦い思い出です。

    Koh:自分は久しぶりのライブだったので緊張しました。


    ■MVがUPされている「Never seen」ですが、どんな曲、どんなMVになってますか?MV秘話なんかもあったら教えて下さい。

    JURI:AメロBメロとシャウトで激しさを演出し、サビでクリーンな曲調への変化を目で耳で楽しんで欲しいです!カット割を多くしてるのでその時その時、違う表情のメンバーが見れるのも見どころかな?秘話か、、メイクとセットの直しを何回も何回もしてました!(笑)

    sin:極端に重すぎず、ある程度の聴きやすさがあり、小細工も効かせている歌詞の世界観と合わせて俺ららしさが出てる楽曲かなと思います。自身はじめてのMV撮影と言う事もあってとにかく手探りでした、こういったミディアムテンポの楽曲のMVって割と少なくて演出や振る舞いは結構悩みました(笑)

    ayato:Nellfinらしい重さとわかりやすい歌メロの両立した曲に仕上がってると思います。「タムで遊ぼう」という裏テーマもあります。撮影もトラブル多かったです。開始早々に指を怪我して流血しながら弾いてましたし、男子中学生に見物されてましたね。

    Koh:梅雨だったので雨が降って蒸し暑かったです。ドラムスローンを忘れたので、現地の楽器屋を回って探していました。


    ■無料配布音源もあるとの事で、こちらもどんな内容になっているか教えて下さい。

    JURI:ライブでも定番曲のREVE。疾走感溢れる、最後まで突っ走った曲です。一変して、メロディアスな特徴のDearest。耳残りする心地よい曲になってます。

    sin:ストレートに爆走するREVEと一転して様々なメロディを重ねるDearest、Never seenで見られた音を中心にそれぞれまた違った方向に広げられた音が聴けると思います

    ayato:ライブの定番曲である疾走感のある「REVE」と、耳馴染みの良いメロディと歌詞の世界観にも注目してもらいたい「Dearest」の2曲になってます。

    Koh:同上


    ■今後の企み、目標や予定など、言える範囲で教えて欲しいです。

    JURI:ライブや配信などなど、積極的に活動をしてききたいとは思っています!

    sin:企み…そうですね、コロナで生活の在り方が一変した今、それに即した形で俺らを届けられたらなと考えています

    ayato:コロナ禍が落ち着いたら名古屋以外でもライブやりたいですね。色々と考えてる事はありますが少しずつ形にして行きます。

    Koh:色々企んでいますよ。。。


    ■それでは最後にVijuttoke読者に一言お願いします。

    JURI:最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。是非ともTwitterのフォローとYouTubeの登録よろしくお願いします!今後のNellfinにご期待ください!!

    sin:これを読んでちょっとでも興味を持った人、取り敢えずYouTubeでNellfinに触れてみてください!

    ayato:少しでも興味を持って貰えたら嬉しいです。

    Koh:MVを観てください(^^♪


    Powered by Vijuttoke

    ************************************************************
     
    *月刊フリーペーパー「Vijuttoke」配布店舗一覧
    http://vijuttoke.com/contents/about/distribution_all/
     
    *Vijuttoke掲載インタビューを配信中!
    ・WEB【club Zy. 】https://www.club-zy.com/contents/free_paper

    ・ブロマガ【club Zy.チャンネル 】https://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga 

    ≪10月のLINE UP≫

    10/19(月)18:00 HAKUEI / gaizao
    10/20(火)18:00 Ricky / リメイズ
    10/22(木)18:00 DASEIN / GLORIA
    10/23(金)18:00 Crazy Monsters(MSTR(Crack6) × 西田"marcy"昌史 × Ricky対談) / REVIVAL OF THE ERA / Nellfin

    ************************************************************



    8cb0d0fd403725fbbf86bacedf7972d86842c686

    Nellfin -1st single 「Never seen」Now on sale

    -Track list-
    1. Never seen  
    2. See the mirror 
     ¥1000

    *無料配布音源準備中

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    club Zy.チャンネル
    更新頻度: 毎週月,火,水,木,金曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。