• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

栄喜(ex. SIAM SHADE)ソロ・インタビュー! 第2回(全2回) 「SIAM SHADEが解散した時、“俺ら、PENICILLINにもSOPHIAにも負けた”って思った(栄喜)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

栄喜(ex. SIAM SHADE)ソロ・インタビュー! 第2回(全2回) 「SIAM SHADEが解散した時、“俺ら、PENICILLINにもSOPHIAにも負けた”って思った(栄喜)」

2021-02-25 18:00

    7f0e5392180d6a8a680983cf632836e45fe4dd3a

    2020年12月29日に開催されたHAKUEIのニコ生ラジオ「居酒屋はくえい”年末特番”」にゲストとして参加してくれた栄喜。ヴィジュアル系が大きなムーブメントとなっていた時期に、シーンを牽引してきたふたりのトークを楽しんだ方も多いはず。ここではSIAM SHADEを経て、ソロアーティストとして活躍する栄喜にインタビューを敢行! HAKUEIとの馴れ初めや、コロナ禍で過ごした2020年、そして2021年にかける思いを語ってもらいました(インタビューは2回にわたって掲載します)


    Interview:海江敦士


    ――インディーズ時代、PENICILLINとも対バン経験があったそうですが、その時の印象は?

    栄喜:町田プレイハウスで対バンしたんだけど、それがね、HAKUEIくんが風疹になって、(ライブに)出られなくなったの。それで千聖くんが「栄喜くん、司会やってもらっていいですか?」って言ってきて……。


    ――司会……ですか!

    栄喜:ライブができないからトークでね。ヴィジュアル系ってあまりしゃべらないでしょ? それで司会をさせていただきました(笑)。だから、司会をやったな~っていう印象なんだけど(苦笑)、まぁ、そんな時期から知っているんで、知り合ってからは長いよね。


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。