• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『ご存知ですか?「東大ハチ公物語」』 【Vol.344】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ご存知ですか?「東大ハチ公物語」』 【Vol.344】

2014-07-05 10:30
    皆さま ごきげんよう。
    私の ブロマガを ご購読くださり、
    ありがとうございます。
    **************************************************

    渋谷駅前の ハチ公ヒストリーに 加えてほしい
    お話しがあります。 今日は『東大ハチ公物語』のお話しをしたいと 思います。

    t02200311_0222031412978034955.jpg

    『 生粋の秋田犬として秋田県大館市で 生まれたハチは、
    1924年の1月、生後50日めで 東京の東大農学部の教授であった
    上野 英三郎博士のところに やってきました。 当時 ハチは
    大変に体が弱い子でしたが、 上野博士は 愛情いっぱいに
    大切に育て すくすくと丈夫な犬になり、 博士と一緒に 大学や
    渋谷駅まで いつも送り迎えをしていました。
    ハチが 飼われてから17か月めの 1925年5月21日、
    上野博士が急逝しました。  その後は、 ハチ公は 朝に夕に
    駅に通い、 改札口前に 10年間 毎日、愛情を受け
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。