• このエントリーをはてなブックマークに追加
日米廻り舞台 検証フテンマ             第2部官僚の壁 vol.17 「国務長官『呼び出し』」(琉球新報提供)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日米廻り舞台 検証フテンマ             第2部官僚の壁 vol.17 「国務長官『呼び出し』」(琉球新報提供)

2014-04-08 10:00
    国務長官「呼び出し」
    米国務長官クリントンと駐米日本大使藤崎一郎の会談を、ワシントンの日本大使館が日本メディアに連絡したのは予定の約2時間前だった。
     2009年の12月21日。大使館が各報道機関に「至急・重要」とのメールを一斉に送ったのは午前10時半すぎ。「本日12時30分より会談を行う」と伝える内容だった。
     クリスマスが近づくこの日のワシントンは雪が積もり、政府機関は業務停止状態だった。報道各社は大使に直接取材しようと国務省前に集まった。
     その4日前、デンマークで開かれた気候変動枠組み条約締約国会議の夕食会で、首相鳩山由紀夫は普天間飛行場の移設先について、09年中の結論を先送りにする方針をクリントンに伝えていた。鳩山はそれを記者団に一方的に明かし、「基本的に理解してもらった」と語った。クリントンと藤崎の突然の会談は当然、普天間問題に絡むものだと想像された。
     国務省から出た藤崎は記者団の質問
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。