• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「スタジオジブリ敗北!? 興行収入と配給収入についての解説」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「スタジオジブリ敗北!? 興行収入と配給収入についての解説」

2016-11-16 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2016/11/16
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回はスタジオジブリの敗北についての話をします。

    ───────────────────────────────────

    「スタジオジブリ敗北!? 興行収入と配給収入についての解説」


     2016年の夏は歴史上初めて『ジブリ』『ディズニー』『日本テレビ』の3社が負けたというのが、僕の観点です。

     それではジブリの敗北の経緯と原因を分析してみようと思います。

     みなさんもご存知『レッド・タートル』
     公開した映画館の数は124館。

     『聲の形』を公開した映画館が120館だから、まあまあ多いんですよ。

     しかし『レッド・タートル』はランキング圏外で、ベスト10にも入れずです。
     第一週の興行が3300万円だったという、たいへん悲しいニュースも入ってきています。

     『聲の形』は初登場2位で、2億8000万。
     『レッド・タートル』よりも少ない映画館数だった。
     それなのに『レッドタートル』は3300万という、すごい悲しい話になっています。

     実はジブリって、こんなの今に始まったことじゃないんですけどね。

     『かぐや姫の物語』は制作費52億に対して、興行収入が24億円程度だったということもありました。
     なので、まぁいいんじゃないかと思います。

     この「何千万の興行収入」とか、「制作費」って、みんなは意味がわからないと思うんですよね。

     僕が『オネアミスの翼』を作った時に、「映画1本作ったら、どのくらい僕らの所に返ってくるんですか?」と聞いたんですよ。
     その答えは「正確に言うと返ってこない」なんです。

     『オネアミスの翼』も『トップをねらえ』も、当時は「バンダイが作ったアニメ」ということになっちゃったんですね。

     出資がバンダイだから。

     なので、映画を興行したらお金が入るのはバンダイだけ。
     ガイナックスは、制作費を最初にもらったらそれで終わり。

     ただ、それでも気になったのは、「出資した金額以上のお金が儲かったら、また第2弾、第3弾があるよ」と言われた事なんです。

     『オネアミスの翼』って映画は、3億6000万くらいかかってるんですね。

     じゃあ、その3億6000万がバンダイの所にちゃんと返ってきて、「出資してよかった」となる為には、いくらぐらい興行収入がなければいけないのだろう?
     そもそも、興行収入・配給収入って、どういうふうに違うんだろう?

     そう思って、まとめてみました。

     『オネアミスの翼』の時に聞いた数字と、今とそんなに変わらないんですね。

     まず「興行収入」とは、「映画館に入るお金の総売上」のことです。

     1800円の料金で100万人が見ました。
     ジブリの売上は??

     1800円×100万人で18億円。
     これが興行収入です。

     そのうちの半分が、配給収入。9億円。
     配給会社に入るお金です。

     そのうちのさらに半分、4.5億円がジブリの売上です。
     DVDとかブルーレイは考えてません。

     日本テレビとかでオンエアするときは、配給収入の10%と言われています。

     つまり配給収入で10億あるんだったら、放映料が3~4回分くらい。
     もしくはむこう何年間で、1割くらい。
     つまり1億円です。

     これが業界の慣例(かんれい)だそうです。

     DVDの売上は最近あまり、カウントに入れないところが多いですね。


     『君の名は。』は興行収入が150億と言われてるので、配給収入は75億。
     75億円の10分の1だから、7.5億。

     本当に、ありえないような数字になるかもわからないですね。

     ただこれも業界の慣例なので、強い会社なら「配給収入10%」と言えるんですね。
     つまりジブリの鈴木さんみたいな、強い人がついてれば言える。

     たとえばスタジオジブリなら、「これから毎年アニメを作りますよ」と昔なら言えたので、「配給収入10%で3年間縛り」とか、「3回きり」とか言えたんです。

     でも『君の名は。』は東宝なので、そこまで強いことが言えるか僕にはわからない。

     配給収入で配給会社は会社の利益にして、おまけに宣伝費にしてます。
     よくスポーツ新聞とか、雑誌とかで載っている映画の宣伝の費用がここで払われます。

     あとは、よくある芸能記者や映画記者とかの接待に使われたり、パーティに使われたりとか。

     あとジャンケットがありますね。
     たとえば映画祭のレッドカーペットで俳優さんが挨拶したりするじゃないですか。
     ああいう所に、俳優さんや監督さんを連れて行って、おまけにスポーツ新聞の記者・芸能欄・映画欄の記者とかも連れて行く事をジャンケットっていうんです。

     それも配給会社の宣伝料の中に入ってます。

     それで、ようやく4.5億円がジブリの売上なんですけど、ジブリの特徴って映画自体の宣伝を日テレでやりますよね。
     あれは配給会社の宣伝じゃないんです。
     なので、あればジブリの持ち出しの宣伝ということになる。

     ただし、ジブリの場合は出資元の中に日本テレビも入っている。
     なので比較的、日本テレビがギリギリの値段でテレビ宣伝をやってくれる。
     だから助かってると思います。

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/02/17
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『ファーストマン』は後々 評価されるが、今は当たらない理由」
    • 2019/02/18
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“語る” “分析する” “評論する” 以外の “映画の楽しみ方” を『ラ・ラ・ランド』で紹介します」
    • 2019/02/19
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 1 】 ハリウッドに集まる若者たちの心情を “絵” だけで語っている」
    • 2019/02/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 2 】 テーマは “夢を追う素晴らしさ” ではなく “夢を信じられる若さ” にある」
    • 2019/02/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 3 】 黄色いワンピースに隠されている人間ドラマ」
    • 2019/02/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「君は『HUNTER×HUNTER』の凄さを理解しているか?」
    • 2019/02/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazon動画】 フォン・ブラウン〜ロケットを作った男は神?悪魔? 来年、確実にやってくるアポロ50周年ブームをいまから先取り!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。