• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「見所は女性検察官のエロさな『昔話法廷』」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「見所は女性検察官のエロさな『昔話法廷』」

2017-03-01 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/03/01
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今回は昔話の登場人物が裁かれる『昔話法廷』という番組について語ります。


    今回はニコ生ゼミ2/5(#164)より一部抜粋しました。

    ─────────────────────────────

    「見所は女性検察官のエロさな『昔話法廷』」
     

     NHKの番組に『昔話法廷』という番組があります。

     これはどんな番組かというと、「昔話の登場人物が法廷で裁かれる」というものです(笑)。

     第1話が、“三匹の子ぶた裁判”。
     被告人は末っ子の子ぶた。

     彼は大鍋に沸かした熱湯の中にオオカミを転落させ、フタをして閉じ込め殺害した。

     これは突然 襲ってきたオオカミから身を守るための正当防衛だったのか、それとも、周到に準備した上での計画的犯行だったのか?

     それを弁護人と警察官が議論するんだ。

     第2話が“カチカチ山裁判”。
     被告人がウサギ。

     なんか和服を着て、そこそこ上流階級っぽい姿で出て来るの。

     僕らの中のカチカチ山のウサギのイメージではなく、60か70歳を超えた人間国宝みたいなじいさんが出てきて、「確かに私が殺しました」って情状酌量だけを訴える。

     だって、カチカチ山だからね。
     ウサギが計画性を持ってタヌキを傷つけたのは否定のしようがないんだ。

     それに対して情状酌量を与えるかどうかだけを争うという弁論の戦いですね。

     第4話が“アリとキリギリス裁判”。

     アリは食べ物がなくなって食糧を分けて欲しいと頼ってきたキリギリスの申し出を断った。
     キリギリスはその次の日、餓死した。

     兄弟同然の深い関係にあったにも関わらず、キリギリスを見捨てたアリは“保護責任者遺棄致死罪”で有罪か無罪かという。

     このアリとキリギリス裁判については、『かぐや姫の物語』で“かぐや姫”の声優をやった“朝倉あさ” さんという人が裁判員の1人をやっていて、番組のホームページに自分の意見を書いてるんだ。

     「アリは無罪だと考えます。深刻な食糧事情であるという状況は、キリギリスに限らず、大家族を抱えるアリも同じでした。その中で、なにも対策をとることなく、毎日バイオリンを弾いていたキリギリスにアリが手を差し伸べられる余裕はなかった。また、キリギリスが食糧を求めてきたとき、危険な状態には見えなかったとアリは延べております。このことから、アリが家族の命を護るための貴重な食糧を与えるかにおいては、キリギリスへの優越感はありつつも、冷静に判断した結果ではないかと思いました。」

     こういう意見を述べているんですね。

     この番組は面白い構成をしていて、有罪か無罪かの判決が無いんだ。

     つまり、昔話の登場人物が被告人になって現れて、それが有罪か無罪か弁論側と検察側がそれぞれ言うだけの番組なんだ。

     それで「結論はクラスで話合ってください」ということになっている。

     こんなのを小学生だけに楽しませるのはもったい。
     絶対に大学とか企業のサークル活動でもやったほうがいいよ。

     番組のホームページに先生用のPDFファイルがあって、「論点の整理」とか、「こういうことを論争させよう」という注意書きもダウンロードできるようになってる。

     これは本当に、仲間で集まってやったら面白いと思うんでやってみてください。

     あと見所は、さりげに女性検察官役の女性の選択がエロいんですよ。

     たとえば三匹の子ぶた裁判で女性検察官役をやっているのは、木南晴夏っていう『勇者ヨシヒコ』でムラサキの役やった人なんだ。

     ザックリと前が開いたスーツを着てて、ブラウスを持ち上げておっぱいを見せてるんだけども、おっぱいの位置がやたら低くて「ああ、この人は胸が大きいんだけども、すごい垂れてるんだな」っていうのが分かるんだ。

     そういうのをサラリと流すというNHKのスタッフ。
     “微妙にズレたエロい人”を持ってくるんだよね。

     カチカチ山の時は、安藤玉枝。
     『あまちゃん』の北三陸鉄道リアス線の事務員をやっていた人。
     ミス北鉄を選ぶ時のコンテストで、ビキニになったかなんかの女優さん。

     これもすごい美人ではないんだけども、ちょっとエロいっていう感じの人。

     そこらへんのNHK教育のエロスに関する不思議な考え方が面白いですね。

     「ネット放送と民放とNHKの差はなんだろう?」って考えちゃうよね。

     むかし言われたような「NHKは、みなさまのNHKだから、当たり前のことしかできない」っていうのが、だいぶ崩れてきている。

     それを崩しすぎて失敗したのが去年の紅白歌合戦かもしれない。

     でも逆に言えば、過激なことが出来る分「過激であれば面白いんだ」という枠にハマってしまって、でもコンプライアンスとかもあって動きがとれなくなっているのが民放かもしれない。

     そんな、よく分からない事態になっております。


    ───────────────────────────────────

    このゼミの動画を見たい人は『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』へ
    https://goo.gl/q1gD1

    このゼミの文字起こしが読みたい人は 『メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ』へ https://goo.gl/0xppMW

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。