• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信】 オタクが早口で話す本当の理由」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信】 オタクが早口で話す本当の理由」

2017-04-30 06:01

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/04/30
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今回はニコニコニュースで紹介された「オタクは何故早口で喋るの?」という記事について語ります。


    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちらから→https://goo.gl/PNPSC2

    ─────────────────────────────

    「【岡田斗司夫ゼミ室通信】 オタクが早口で話す本当の理由」


     「オタクは何故早口で喋るのか?」という記事がニコニコニュースで紹介されました。


     でも、これって違うよね。
     こんな中途半端な説明じゃ、ダメなんですよ。

     オタクが早口なのは、普通の人とは「伝えたい情報量」というフレームが根本から違っているから。
     そして「相手は自分の話を最後まで聞きたくないだろうなぁ」という程度の“社交性”というか“一般常識”も持っているつもりなの。

     そうなると、「相手が一度に話を聞ける秒数内」に「相手に理解ギリギリの情報量」を入れ込む。
     そのために“しかたなく”早口になってるだけなんです。

     オタク同士の会話も同じです。

     “A”という話をするには、自分が“B”という前提を知ってるという情報を相手に伝えなければならない。

     つまり“A”だけでなく“B”も話すべきだけど、これはすでに主論ではなく系論だから早口で【注釈として】語り抜ける。

     ほかのネットニュースならともかく、ニコニコニュースなんだから、もうちょっと「わかった」ライターに書かせた方がいいと思うよ。
     
     これぐらいの仮説と展開なら、“はてな”とか“2ちゃんねる”で探したら、2000円ぐらいで書いてくれる人がいるはずだからね。


    ─────────────────────────────


    この他にも質問や解説は続きます。

    内容が気になった方は、ぜひDMM オンラインサロンへ!
    入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。