• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「村上隆さんから聞いた『日本と海外の美術教育の違い』」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「村上隆さんから聞いた『日本と海外の美術教育の違い』」

2017-08-23 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/08/23
    ───────────────────────────────────
    おはようございます。

    今回の記事はニコ生ゼミ7/9(#186)より一部抜粋しました。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     「村上隆さんから聞いた『日本と海外の美術教育の違い』」


     以前に村上隆さんから、おもしろい話を聞きました。

     海外と日本の美術教育は、何が違うのか。

     実は日本の美術の教科書は、めちゃくちゃ薄いんです。

     すぐに子供に画を描かせる。
     個性を出せと言い過ぎる。

     たぶん先生方は学校教育は個性を押さえてしまうと考えているのでしょう。
     だから、せめて体育とか美術は、治外法権的に個性を出していってバランスをとろうとしちゃう。

     でも海外の美術教育は違う。


     アメリカとかドイツとかフランスとかの美術の教科書は、めちゃくちゃ分厚いんです。

     それは過去の名画といわれるものが、なぜ名画なのかを、理論とか構造をちゃんと教えて、おまけに模写もさせる。

     名画の模写をやらせて、何がスゴイのかを自分の手でわからせる。


     でも日本の美術教育では、模写なんてことをほとんどやらせない。
     「好きに描いてみよう」というふうに言う。

     設計とか建築とかって絶対に初心者に「好きにやってみよう」とは言わないじゃないですか。

     
     実は基礎が出来るまで真似させた方が、独創性というのは伸びる。

     真似することによって技術ができることによって、ようやっと個性というのが照らされる。


     技術もないのに、個性やっても中途半端に周りから「器用だね」 「上手いね」といって褒められて、そこで終わっちゃう。

     そうならないためには、まず、最初に徹底的に技術を教え込む。

     いろんなことを教えるために美術の教科書を分厚くしておいた方が、実は中学校・高校に入ってから、趣味として画を描く人が増える。

     それが欧米の考え方。

     確かに欧米はそれで上手くいってるんですよね。


     なので欧米は、美術館に行く人口もわりと男女比がそれなりに整っているんです。

     でも日本の美術館は、おばさんがなんか定年後に行ったりするばっかりになっちゃうんですよ。


    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/10/19
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『なつぞら』、ついに最終回、記念の総決算!」
    • 2019/10/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「岡田斗司夫、驚異の2時間トーク!朝日新聞「悩みのるつぼ」卒業記念講演」
    • 2019/10/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「宇宙戦艦ヤマト45周年!熱くちょっぴりイタく見どころ解説」
    • 2019/10/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第29回」です!」
    • 2019/10/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「人生の中心にある食べ物「ハンバーガー」を語る」
    • 2019/10/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「マック好きも嫌いな人も〜試験に出るハンバーガー年表」
    • 2019/10/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「万能調味料と南北戦争がハンバーガーを作った」
    • 2019/10/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『宇宙戦艦ヤマト』傑作オープニングの見どころ解説と、ハンバーガー誕生物語」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。