• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【捨てられないTシャツ・シリーズ】堀晃、かんべむさし、小松左京、筒井康隆……そして右往左往する俺」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【捨てられないTシャツ・シリーズ】堀晃、かんべむさし、小松左京、筒井康隆……そして右往左往する俺」

2017-09-02 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/09/02
    ───────────────────────────────────
    今回の記事はニコ生ゼミ8/20(#192)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────


    「【捨てられないTシャツ・シリーズ】 堀晃、かんべむさし、小松左京、筒井康隆……そして右往左往する俺」

    4be38f01fe4bc88f2adfe7ace765133c1ee3c0df
     
    (前回からの続きです)

     さて、今回はそんなアメリカの「原爆を日本に落とす計画」に関してのTシャツです。

     すみません、もう後ろの方で、ちらちら見えてるからわかるよね。
     これね、サンフランシスコのお土産店で、僕が初めてアメリカに行った時に買ったんだけどね。

     酷いよね。
     「MADE IN USA TESTED IN JAPAN」って書いてあるんだ。

     アメリカで製造され、日本でテストされたっていう。
     これね、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフっていうところのお土産屋で買ったんだけどね。


     僕の父親は師範学校を出て、学校の先生になった。

     師範学校だから学徒動員にもひっかからず、このまま戦争に行かずに済むのかと思ってたら、最後の最後の年に徴兵されて、広島の方の兵学校に行かされたんだ。

     20歳くらいだった。

     兵学校は、原爆が落ちるような都心部でなくて山の田舎の方だったから、何とかギリギリ助かったという人間なんだよ。


     こんな経験をしてる人って、僕だけでなくてすごく多かったんだよね。

     僕と同じクラスの子でも、家族の誰かが戦死したり、身体障害者になってたりというのが当たり前だった。

     だから、生まれて初めてアメリカに行って、サンフランシスコっていうすごく明るい街の明るいお土産物屋で、こういうTシャツを堂々と売っているのを見てめちゃくちゃビックリした。

     なんかね、ブラックジョークというにしては(笑)、ちょっと酷いなと思ってたんだけどね。


     これ着る機会あるかどうかわかんないなぁと思いながらも、一応、買ってみたんだよ。

     一応、買ってみて、SF大会とかに持って行ってみた。

     さすがに着るのが怖いから、「こういうTシャツ持ってるんだ」って話したら、やっぱ真面目な人はね、「やめろよ」とか言うんだよ。


     でも、当時、1970年代後半のSF業界というのは、本当にあらゆる価値を相対化することが正しいというすごく大きな流れがあった。


     たとえば堀晃さんっていうSF作家がいて、この人、書くものはハードSFなんだけど人格は本当にデタラメという人なんだ。

     かんべむさしさんと一緒に2大ちゃらんぽらん大阪SF作家だったんだよね。

     ただし、かんべむさしさんの方は書くものはちゃらんぽらんなんだけど、人格は大真面目なんだけど(笑)

     で、人格がちゃらんぽらんな堀晃さんは大喜びして、「それどこで売ってるの?」って、欲しがってくれたんだ。

     でも、人格はまじめな かんべむさしさんには「そんなもの絶対に着るな!っていうふうに言われてしまった。

     小松左京さんは、どちらかというと喜んでくれた。

     ということで、当時のSF界でも作家ごとに反応が違ってたんだよなぁ。


     なぜ、こんなにSF作家の反応を覚えているのかっていうと、20歳くらいの僕にしてみれば、SF作家というのが、第2第3の父親とか兄貴の替わりみたいなもんだったんだよ。

     「その人たちが、どう感じているのか」というのを自分の価値観にしようとしていたんだよね。

     今、言いながら、めちゃめちゃ恥ずかしいんだけどさ(笑)。


     小松左京先生が喜ぶから、俺も喜ばなきゃいけないとかさ。
     かんべむさしさんが怒っているから、やっぱりいけないのかなとか。

     そんなふうに、もうホントに、ワナビー君の恥ずかしい奴だったんだ。


     筒井康隆さんにはすごい冷たい目で、「原爆ごときで過激ぶるな!ガキめ!」というような感じで見られてしまったんだよね。

     で、この間、捨てられないTシャツコーナー用に、「Tシャツどんなのがあるかな?」って掘り返したら、これが出てきたわけ。

    4be38f01fe4bc88f2adfe7ace765133c1ee3c0df

     やっぱりその頃から30年以上たった今だから、それぞれの人の意見がわかるなぁ。


     怒る人の意見もわかる。

     そういうのは笑っていいかもしれないけど、人前で笑うもんではないっていう人の意見も分かる。

     あと、堀晃さんの「いやそんなもんをTシャツにして売っているっていうアメリカ人の感性が面白いじゃん。」というのもわかる。


     なんかねぇ、いろんな人の意見がわかるようになったなぁって。


     でも、逆にわかんなくなったのが、筒井康隆さんの「原爆ごときで過激ぶるな!ガキめ!」
     「なんでお前、人のことをそんなに言えるんだよ!」(笑)って。

     今に至るまでの筒井康隆の人生で、「お前そこで怒っちゃいけないんじゃないかな」って思いました。

     という思い出のあるTシャツでした。

     同じSFファンのポール・アレンによって、今朝、インディアナ・ポリス号が発見されたと報道されたのも不思議な偶然だなぁとしみじみ思います。

     【捨てられないTシャツ】のコーナーでした。
     
    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。