• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】『火垂るの墓』で高畑勲さんの製作意図が視聴者に伝わらないのは演出の失敗では?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】『火垂るの墓』で高畑勲さんの製作意図が視聴者に伝わらないのは演出の失敗では?」

2018-05-10 06:00

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/05/10
    ───────────────────────────────────
    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回はDMMオンラインサロンの4月の東京オフ会より、参加者の質問を紹介します。

    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

     『火垂るの墓』で高畑勲さんの製作意図が視聴者に伝わらないのは演出の失敗では?

    質問:
     岡田さんの『火垂るの墓』の解説を聞いて、「高畑さんの意図が視聴者に通じていない」と感じました。

     これは高畑さんの演出の失敗ではないのでしょうか?

    ───────────────────────────────────

     文藝春秋が出してる本に『ジブリの教科書』というのがあります。
     
     これにはジブリ作品の解説がすごく細かく載ってるんです。

     この中で高畑さんは、野坂昭如さんとの対談で、「これ(火垂るの墓)は心中ものだよね。だからこうなるよね」ということをさんざん言ってるんですよ。

     だから高畑さんが『火垂るの墓』を心中ものとして書いているのは明らかなんですよ。


     それが、どうしてこんなに伝わらないのか?

     僕がニコ生で解説した時も、「なるほど」という感想はあっても「やっぱりそうだ。心中ものだったのか」という人はいなかった。

     高畑さんの意図は、ぜんぜん伝わってないんですよ。


     高畑さんはテーマを伝えることにあまり熱心じゃないんですよね。
     そういうタイプの作家なんです。

     言いたいことがあっても、それを伝えることではなくて、どういう表現で見せるのか。

     そこに、すごく こだわるんです。

     だから正確な構図とか、その当時の正確な資料とかが手に入らないと制作に入らない。


     ニコ生で『火垂るの墓』の解説が終わった後も、高畑さんの資料を読んでたんですよね。
     
     その中に『かぐや姫』の資料もあったから、ついでに読んでたんです。

     そしたら、高畑さんの怒りの文章が見つかったんです(笑)。


     『かぐや姫』のテーマは「罪と罰」。

     これはニコ生の中でも言いましたね。


     これは映画を作る前から高畑さんが言ってたんですけど、あまり伝わらないから鈴木敏夫が焦って、映画のコピーに入れた。

     鈴木さんはこれでみんなが考えるだろうと思ってのことだったんですけど、それをしたことで高畑さんが怒り狂った。


     「俺はわざわざはずしたのに、宣伝で入れられた。しかし俺は、宣伝に口を出さないという約束をしている。だから文句が言えない。でもすごく嫌だった」と言ってるんですね。


     だから高畑さんが望むのは、テーマが伝わることではないんですよ。

     どのようにテーマを伝えるのかに興味がある。


     「かぐや姫のテーマを、こういうふうに伝える」ということに意味がある。

     だから高畑さんは「心中もの」として見られるのは嫌なんです。

     そうでなくて、見た人が「そうか、これは心中ものか。 江戸時代の人形浄瑠璃みたいな話なんだ。 そうしたら、哀れで怖くてかわいそうという日本人の “あはれ” という概念が全部入ってる国産ファンタジーだな」と思ってほしい。

     終戦の日に出したけれど、実はお盆の恐怖映画というフォーマットをちゃんと踏んでいる。

     高畑さんなりの満足を体現してると思うんです。

    *************************************

    いかがだったでしょうか?

    DMMオンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ☆岡田斗司夫に相談できるDMMオンラインサロンに、ご入会ください!

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/09/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第25回」です!」
    • 2019/09/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「恐怖!地元民も怖れる「ポニョ」心霊スポットのタレコミ情報」
    • 2019/09/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ポニョの母は夫が数千人!フジモトは永遠に苦しめられる男性像、と嬉しげに語る宮崎駿」
    • 2019/09/27
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「世界を破滅させる恐怖の女王!宮崎駿が見つけた『崖の上のポニョ』の本質」
    • 2019/09/28
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『崖の上のポニョ』で、宮崎駿は空想で現実を書き換えた」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。