• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『紅の豚』冒頭シーン徹底解説 2 】 ポルコは客船が襲われることを知っていた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『紅の豚』冒頭シーン徹底解説 2 】 ポルコは客船が襲われることを知っていた」

2018-11-14 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/11/14
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ11月04日(#255)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【『紅の豚』冒頭シーン徹底解説  2 】 ポルコは客船が襲われることを知っていた


     さて、そんな中、電話が掛かってきます。

     304395a07fae386d128eb48aca9b9b3bd6c8ba44

     ジリリリーンと鳴って「ポルコ、大変だ!」という電話が掛かってくるんですけども。


     この電話も不思議なんですよね。

     もちろん電線で繋がってるんですけど、この時代、海底ケーブルなんか通ってるはずがないし、こんな無人島に無線電話のアンテナがあるというのも変なんです。


     これ、僕がもともと電話屋さんに勤めていたというタクシーの運ちゃんから聞いた話なんですけど。

     ここで描かれているような、昔のクランク式の電話の仕組みがどうなっているのかというと。あのグルグル回すのは “発電機” なんですね。

     では、この発電機の電力がどこに繋がっているのかというと、自分の電話じゃないんですよ。

     発電機は “交換手” に繋がっているんですよね。


     自分の電話をグルグル回すと、その電力によって、遠く離れた場所にいる交換手のベルがチリンと鳴って、ランプがパッと点くそうなんですよ。

     すると、交換手が出て「はい、何ですか?」と言うと、掛けた本人が「〇〇番にお願いします」と言う。

     そうすると交換手は「じゃあ繋ぎます」と言って、次に呼び出しボタンというのを交換手が押すんです。

     すると今度は、交換手の押したボタンから電気が流れて、その電力によって、電話を受ける相手の家の電話機の中にベルがチリリンと鳴る。


     これ、どういう意味かというと、この時代の電話機の中には、電話機自体を動かす動力源は1つも入っていないんですよね。

     「自分で発電機を回して “相手のベル” を鳴らす」か、または「相手の電力で自分の電話のベルがジリリンと鳴る」かのどっちかなんですよ。


     ということは、ですよ?

     ポルコの隠れ家の電話機がジリリンと鳴るということは「遠く離れた交換手の元から電気が流れてきた」ということなんですよ。

     なので「やっぱり、海底ケーブルなの?」という話になるんですけども。


     これね、全く分からないんですよ。

     だから、説明出来る人がいたら、是非、僕に教えてください(笑)。

     
     ちなみに、僕が話を聞いた元・電話局で働いていたタクシーの運転手さんは、もう70を超えてたんですけど。


     ジーナのいる “ホテル・アドリアーノ” にも電話あるんですけど、たぶん、あれは無線基地局があの島にあるので、問題ないと思うんですけど。

     ポルコの隠れ家の電話だけは、謎なんですね。

    ・・・

     さて、電話に出ると「ポルコ・ロッソ、すぐ飛んでくれ! “マンマユート団”が 出たんだ!」と言われます。

     すると、受話器を取ったポルコは、それを寝たまま聞きながら、足で机をズズッと近くへ持ってくるという、なかなか良いシーンなんですけど。

     58366fa830f75a1ecbd4c7c15488ab32b2f38fd6

     注目して欲しいのは「ポルコは手袋までしている」というところなんですよね。

     ネクタイだけじゃなく手袋までしてる。

     ちょっと変だと思いませんか?


     これについても、最初は「ポルコ・ロッソというのは、僕らが思ってるより仕事熱心なのかな?」って思ったんですよ。

     なぜかというと、ポルコは「マンマユート? 安い仕事はやらないぜ」なんて答えながら、足で机を近くに引きずり寄せて、ラジオを切るんです。

     もう、「待ってました」とばかりに、この仕事にやる気満々なんですよ。

     おまけに、キッチリ航空服を着込んで、シャツにネクタイまで締めて、手袋までして、フル装備。


     「いや、単にいつもこういう格好をしているだけなんじゃないか?」と思うかもしれません。

     でも、ポルコは果たして普段からこんな戦闘服を着て、用意バッチリで昼寝しているような男なのかといったら、全然そうじゃないんですよね。

     6e040069fa78e4f3fe5d052cd2c893fc56ad4b7d

     これが、後に出てくるポルコの普段着なんですよ。

     タンクトップにショートパンツというだらしない格好なんですよね(笑)。


     つまり、この冒頭の隠れ家でのシーンで、ポルコは「もうすぐ出撃要請の電話が掛かってくる」ということがわかっていたということなんですね。

     それを知っていたから、戦闘服を着て、ネクタイを締めて、手袋までして、そして、なぜか浜辺にバスタオルを敷き、シャンパンまで用意して、電話を待っていたんです。

     「しかし、ポルコの予想よりずいぶんと電話が掛かってくるのが遅かったから、いつの間にか寝てしまった」というのが、このシーンの真相なんだと思います。

    ・・・

     電話の主から「ベニスからのチャーター船が狙われている。鉱山銀行の給料を積んでるんだ」と言うと、ポルコは「それだけか?」と聞き返します。

     すると、相手は「いや、その……」と言いにくそうに「バカンスツアーの女学校の生徒達が乗ってるんだ」と言うんです。

     その言葉を聞くと、ポルコすごく嬉しそうに「そいつはチト高くつくぜ」と、ニヤッと笑うんですね。

     もう、実に嬉しそう。「その知らせを待っていた!」という感じなんですね。


     なぜポルコは、すでに出撃用の戦闘服を着込んでいて、シャンパンまで用意して、ネクタイと手袋までしていたのかというと、この段階ではいくつか可能性があるんですよ。


     たとえば、1番。

     「マンマユート団にスパイがいる」。

     チャーター船を襲ったマンマユート団の中に内通者がいて、ポルコに予め知らせてた。

     2番は「SOSの無線を傍受してた」。

     だから、ベニスからのチャーター船がSOSを打った時点で、ポルコは無線を聞いて事件を知っていた。

     3番は「出撃を要請してくる組織自体にポルコの味方がいて、先に情報をくれた」。

     4番は「あいつらマンマユート団は貧乏でバカだから、そろそろ誰か襲うだろう」と思ってた。

     まあ、普通に考えたら、これくらいの選択肢になると思うんですけども。


     僕が思うに、一番可能性が高いのは「ベニスからのチャーター船に、鉱山会社の給料である大量の金貨が載ってることと、女学生が乗っているという情報を知っていたから」なんですよ。

     そして、「バカンスツアーの女学生」と言われたもんだから、たぶんポルコは反射的に “女子大生” と考えてるんですね。


     「となると、これは襲われるに違いない! それだけの金貨を一度に運んで、おまけに女の子が乗っているとなると、マンマユート団あたりが見逃すはずがない!」と。

     「じゃあ、電話が掛かって来たら、すぐに出撃できるように、フル装備で待ってよう!」と。

     「そんでもって、マンマユート団なんかを目の前ですぐに倒したりしちゃったら、誘拐された女子大生も『素敵なオジサマが助けてくれた!』というふうにビックリするだろう!」と。

     「そしたら、助けた女子大生を連れてきて『さあ、ここがオジサマの隠れ家だよ。2人きりで乾杯しよう』なんて、シャンパンを開けよう」と。

     そんなことを考えてたんじゃないかなと。

    ・・・

     「なので」なんですよ。

     なので、必要のないバスタオルが砂浜に敷いてあるんですよ。

      だって、自分はデッキチェアにもたれているんだから、ここにバスタオルを敷く意味なんて何もないはずなんですよ。

     そして、バケツにシャンパンを突っ込んで冷やしていたのもそのためなんです。

     これは、空賊を退治した時に、助け出した女子大生と一緒に乾杯するために用意したもの。

     敷いているバスタオルは「オジサマ、ここの海ってすっごく綺麗! この秘密基地ってステキね。アタシ、ちょっと裸になって日光浴したいわ。……あーら偶然、こんないいところにバスタオルが~」という感じを演出するために、あらかじめ用意していたものなんですよね。


     これを考えると、最初のシーンも、もう違って見えてきちゃうんですよね。

     砂浜に無造作に用意された小さなボート。

     僕は最初「飛行艇が飛べない時の連絡用のボートかな?」って思ってたんですけど。

     これは「この島、星空も最高なんだよ?」とかなんとか言って、助けた女子大生と一緒に乗るために、わざわざこの位置に停めていたということなんですね。

     そうやって気分を盛り上げて、どうにか夜まで引っ張るために準備したものなんです。


     おまけに、後ろを見ると、この島には、ドアと窓がある家がちゃんとあるんですよ。

     7ae37a108f6d2cbfefd61956278769762edcdf77

     これ、みんな気付いてました? 実はポルコの秘密基地って家があるんです。


     じゃあ、なんでこんなドアも窓もある家がちゃんとあるのに、テントを張っているのか?

     これはもう「こんな男所帯の汚い家なんて、女子大生には見せたくないから」です。


     そのために、ロマンチックなテントと灯油ランプをわざわざ用意してたんですよね。

     「なのに、後にそれをフィオに使うハメになるとは、トホホ……」と。実は、こういう流れの話なんですね。

     
    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。