• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「アニメは芸術か工芸か?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「アニメは芸術か工芸か?」

2019-03-02 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/03/02
    ───────────────────────────────────
    今日は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐり 2017/06/18放送の『ニコ生ゼミ』
    のハイライトをお届けします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     アニメは芸術か工芸か?
     

     「アニメベスト10を選ぶ」って企画をメジャーどころがやる場合、どうしても「芸術」として語っちゃうんだよね。

     この芸術として語る時の問題点を説明するためには、「芸術とは何か?」っていう話をしなくちゃいけないんだけども。


     僕の芸術の定義はもうシンプルで、僕は「表現自体が目的化した工芸」を芸術と呼んでるんだ。

     つまり、本来、芸術なんてものは存在せず、あるのは「工芸」だけだったんだよ。


     「絵画というものは存在しなかった」と言うのも変だけど、たとえば、もともとは「地味な襖を飾り立てるため」という用途で描かれていた絵が、いつの間にかに「絵単体に値打ちがある」ということになっちゃったわけだよね。

     それが芸術の始まりだと思うんだけども。

     他にも、前回の放送で話した通り、ゴシック教会の壁に描いてある宗教画も、最初は「キリスト教の教義や物語をわかりやすく理解させるため」のもの。

     それが独立したものが絵画だと考えてるんだ。

     f92ea5f0430d384f0b66d620c67b494b149dcff4

     これは僕の好きな『ムーミンパパの思い出』っていう本なんだけども、この表紙は、作者のトーバ・ヤンソン自身が描いた絵なんだよ。 

     これも、今では「アート」ということになってるんだけども、もともとは「このシーンはこんな感じなんだ」と、ストーリーを説明するために描いた絵に過ぎないんだ。

     それが独立してやっぱり絵画芸術ということになっている。

     3298d005fd151368178bad13cebaba177d6fc97f

     でも、真に優れた絵画というのは……さっきからこっちに立ててるやつは、この表紙の絵のジグソーパズルなんだよね。

     ここからもわかる通り、優れた絵画というのは、一瞬だけ芸術になることはあっても、最終的には元の工芸、いわゆる「襖とか屏風に描いてある絵」のような実用品みたいなところに、どんどん戻っていくものだというふうに思っているんだ。 

    ある段階で「表現」自体が目的化することはあっても、いずれは「機能」に戻る。


     何の話をしようとしているのかというと、アニメってのはさ、もともと「子供に見せるためのもの」であったり、もしくは「ファミリー層に見せるもの」っていう機能があるんだよ。

     その機能というのを置き去りにして、アニメの表現自体が目的化してしまった作品もあるんだ。

     こういった、機能を置き去りにして目的化しちゃった作品というのは「芸術的だ」と言われて評価されやすい。


     具体的に言うと押井守の作品がそうだし、俺が嫌いなタイプの湯浅さんの作品なんかもそうなんだよね。

     つまり、本来持っている機能というのを無視して、作者とか、その取り巻き全員が「アニメというのは子供だけのものじゃない!」みたいなことを言いながら、表現自体をどんどん前に出して行ってしまえば、それはもう芸術になってしまう。


     いや、もちろんこれは「芸術が悪い」という単純な話でもないんだよ。

     機能のみに忠実になって、「子供のためのもの」という部分だけを守ろうとしている作品というのは、建前ばっかりで面白味がないんだ。

     でも、だからといって、表現だけに走っちゃった作品、いわゆる視聴者を置き去りにしたままに作家性のみを追いかけて行った作品というのも、僕から見てみたらつまらない。

     岡田斗司夫が一番面白いと感じるのは、機能と表現がぶつかり合った、緊張感のある作品なんだ。

     1eeeda98dc9853f42c3a9ab28fe77453681bf0de

    **************************************

    この記事は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐって、ハイライトをお届けしました。

    全文が気になる方、他の記事や動画も見たい方は、
    岡田斗司夫の動画見放題、テキスト読み放題の
    メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)
    でお楽しみ頂けます。

    ご入会はこちらから!

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。