• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazon動画】 「2001年宇宙の旅」を100倍楽しむ”ための冷戦と4人の大統領秘話〜スターゲートはゴシック大聖堂のステンドグラスである説」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazon動画】 「2001年宇宙の旅」を100倍楽しむ”ための冷戦と4人の大統領秘話〜スターゲートはゴシック大聖堂のステンドグラスである説」

2019-03-01 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/03/01
    ───────────────────────────────────

     「【Amazon動画】 フォン・ブラウン〜ロケットを作った男は神?悪魔? 来年、確実にやってくるアポロ50周年ブームをいまから先取り!


     前回の岡田斗司夫ゼミは『ファースト・マン』特集でした。

     大ヒットはしないようですが、ゼミを見るとがぜん見たくなるのが不思議です。

     一部では非常に高い評価を得ているようですので、もしご覧になるなら今のうちです。

     ぜひ、ゼミをみてから映画館に行かれることをおすすめします。

    ・・・

     アポロ計画を語りつくす「岡田斗司夫ゼミ」今回は、その第二弾をご紹介します。

     気になる方は、こちらからお好きなコースでお楽しみください!

     Amazonビデオ 
     (レンタル500円 販売1,000円)

     岡田斗司夫アーカイブ 
     動画・音声   https://bit.ly/2Xbco35
     テキスト    https://bit.ly/2SWx1kj
     (月額2,000円で、音声やテキストデータもすべて見放題、検索も簡単!)

     ブロマガチャンネル 
     表放送+裏放送  https://bit.ly/2DRMus9
     (月会費500円で見放題)

     YouTube動画 https://bit.ly/2V68JBw
     (表放送のみ 無料)


     ちなみに、ハイライトを一部ご紹介すると、こんな感じです。

    ***************************

     『2001年宇宙の旅』を作るにあったって、キューブリックは、実際にNASAでものすごい取材をしたんです。

     そこで「まず、宇宙ステーションまでは、オリオン号みたいなシャトル式の2段階ロケットで行って、次に宇宙ステーションに移って、そこからさらに月に行く専用の巨大な宇宙船に乗り換える」という話を聞いたキューブリックは、その通りに作ったんですよ。

     だから、皆さんが見ている映画でもそうなっています。

     ところが、実際はそうはなってない。

     こんな巨大な宇宙ステーションなんて作られていません。

     7cede6b33d7abb2feef209534f7eb06bfa850fc9

     今ある「ISS」というのも一応、宇宙ステーションです。

     でもあれは、言ってしまえば「宇宙まで行ったトレーラーを繋げて人間が住んでいる」ようなものなので、とても物を作る工場としての環境ではありませんし、何百人という人も住めません。

     実際にはそうではなくて「サターンロケット」という、1発のロケットでとりあえず月へ行ける宇宙船をワンセットで丸々打ち上げちゃったんですね。

     これはなぜか?

     それまで、月に行って帰る方法というのは、3つ考えられていました。


     1つ目は「直接方式」というもの。巨大なロケットを1個作って、これを地球上からドーンと打ち上げて、強力なロケットのパワーでそのまま月まで行って、月へ垂直にガーッと着陸して、月探検して、もう一度コックピットに乗って、そのままボーンと打ち上げて、地球に帰ってくるという、すごいことを考えていたんです。

     まあ、いまだに日本人の中にも「宇宙旅行というのはこういうものだ」と思っている人が多いんですけど。

     この世の中というのは、そんなに甘くないです。


     2つ目は「月で合流方式」というやつです。

     これは、いくつもの無人のロケットを先に月にどんどん送るんですよ。


     その無人のロケットの中には燃料もあれば、帰りのロケットもある。

     現地での食料もあれば、現地で寝るためのキャンプの道具とかもある。

     そういうものを、あらかじめ無人のロケットで何個も何個も送っておいて、最後に、人間がギリギリ1人か2人乗れるロケットを飛ばして、月へ到着する。


     月へ行く時のロケットは、もうそれ1回きりの使い捨てで構わない。

     行った先の月で、今まで投下した資材をすべて拾って、自分たちで現地で組み立てる。

     もう本当に、雪山で遭難者用のテントとか食料とかをヘリから落としてもらうのと同じですね。

     すべて集めて、月でロケットを一から組み立てて、帰ってくるという方式です。


     これ、笑っちゃうんですけど、当時はかなり真面目に考えられていて、一番 現実性が高いと言われてたんです。

    (つづく)
     
    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。