• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazon動画】 白い悪魔 ”フォンブラウン” 対 赤い彗星 ”コロリョフ” 未来をかけた宇宙開発戦争の裏側」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazon動画】 白い悪魔 ”フォンブラウン” 対 赤い彗星 ”コロリョフ” 未来をかけた宇宙開発戦争の裏側」

2019-03-22 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/03/22
    ───────────────────────────────────

     「【Amazon動画】白い悪魔 ”フォンブラウン”  対 赤い彗星 ”コロリョフ”  未来をかけた宇宙開発戦争の裏側


     先日のニコ生ゼミがロシア・ソ連 特集でした。

     そこで、今回のおすすめAmazonプライムは、ソ連の 赤い彗星 “コロリョフ” のエピソードが楽しめる

    『白い悪魔 ”フォンブラウン” 対 赤い彗星 ”コロリョフ” 未来をかけた宇宙開発戦争の裏側』です。

     Amazonビデオ 
     (レンタル500円 販売1,000円)

     岡田斗司夫アーカイブ 
     動画+音声 https://bit.ly/2DDNH6s
     テキスト  https://bit.ly/2tjctnH
     (月額2,000円で、音声やテキストデータもすべて見放題、検索も簡単!)

     ブロマガチャンネル 
     表放送+裏放送  https://bit.ly/2SNoXlD
     (月会費500円で見放題)

     YouTube動画
     表放送のみ https://bit.ly/2EWeKus
     (無料)

     ちなみに、ハイライトを一部ご紹介すると、こんな感じです。

    *********************************

     では、ソ連はどうだったのか。

     実は、ソ連はアメリカよりもさらに切迫してたんですよ。


     最高指導者だったスターリンが死んだ後、マレンコフという後継者はすぐに失脚して、その後に書記長の座についたのがフルシチョフでした。

     このフルシチョフというのは「アメリカ人が “ソ連の書記長” と言われた時に真っ先に頭に浮かんでくるような男」とか、「田舎者」とか、「したたかだ」と言われていた小男です。


     彼が書記長になった時、ソ連のトップだけが見ることが許されるという極秘ファイルを見ちゃったんですね。

     その極秘ファイルには「アメリカの空軍力、特に爆撃機の能力にソ連はまったく敵わない」ということが正直に書いてありました。

     それを見たフルシチョフは、ものすごいショックを受けたそうです。


     だって「ソ連の飛行機は、数にしても、性能にしても、アメリカの空軍力と比べて10年の開きがある」みたいに書いてあったんですから。

     アメリカは原爆を積んだ爆撃機を毎日毎日ソ連の国境近くまで飛ばして来てるんですよ。

     で、燃料がなくなったら空中給油したり、もしくは代わりの飛行機が飛んできたりしているんですね。


     それに対してソ連の爆撃機というのは、空中給油なんかままならないどころか、その試作機すら出来てないような状態なんです。

     ソ連にはアメリカに対抗できる原爆もなければ爆撃機もない。

     これではアメリカに戦争を仕掛けられたら何一つ勝てる要素がないんです。


     ただし、アメリカもアメリカで、ソ連の全貌がわからない。

     なので「ソ連もきっと、うちと同じような爆撃機を持っている」と思い込んでいる。

     フルシチョフは、アメリカにそういう妄想を信じ続けさせるために、軍事パレードのやり方を変えました。


     モスクワで行う軍事パレードの際に、爆撃機がモスクワ上空を通るんですけど、とりあえず精一杯集めた爆撃機を一度飛ばして、見えなくなると、クルッとUターンして、こっそり元の位置に戻る。

     そうやって、同じ飛行機を何度も何度も飛ばす様子を、カメラは絶対に動かさないようにして撮影したんですよね。


     おまけに、機体番号も操作して、本当に造っていた以上の数字を刻印しました。

     これ、本当なんですよ?


     そうやって水増しされた飛行機が、赤の広場の上を何度も何度もブンブン飛んていたので、アメリカ人は「ソ連も爆撃機を持っている」と、見事に騙されてしまったんです。

     その結果、1940年代後半のアメリカは、本当にソ連に攻め込まなかったんですよね。

     しかし、フルシチョフとしても「こんな誤魔化しがいつまでも通じるわけがない」と思っていたわけです。

     さて、そんな国家主席の不安を解消してくれる科学者が現れました。

     その名は、セルゲイ・コロリョフです。
     
    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/11/14
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「「とりあえず告白」よりも、ずっと成功率の高い「彼女できる」作戦とは?」
    • 2019/11/15
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「アニメやマンガの「聖地」で街おこしはできる?」
    • 2019/11/16
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「彼女を作る方法から、働きたくない悩み、アニメ聖地の街おこしまで、「論」を語る」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。