• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の解決!ズバっと 「アップルウォッチ戦略に納得出来ない」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の解決!ズバっと 「アップルウォッチ戦略に納得出来ない」

2015-06-25 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の解決!ズバっと 2015/06/25
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。
    メルマガ読者の方から、多数質問をいただいています。
    かたっぱしから答えてみましょう。

    ───────────────────────────────────

    「アップルウォッチ戦略に納得出来ない」

    だーはらさん/31歳/フリーランス

     発売されたアップルウォッチの "金"の218万円値段に納得できません。
     最近、価格の安い廉価版をよく観ますが、アップルの経営戦略を岡田さんは、一経営者としてどうみられますか?

    今回はゲスト出演された"ヤマタク"こと山本琢磨さんと岡田斗司夫の回答をお届けします。

    ───────────────────────────────────

    <ヤマタク>
     ネットショップには格言というものがありまして。
     「金額に関しては、買う人が0人になるまで金額上げろ!」と。

    <岡田>
     あははは(笑)
     その格言、面白い! 

    <ヤマタク>
     確率の話なんですよ。
     段階的に商品を用意していくと、買う人が段々減っていく。
     これが0人になったら、「それ以上の金額はないな」という判断になります。

     ドバイに行くと、ダイヤがついてる商品が必ず売ってるんですよ。
     アップルウォッチもダイヤがついてる。
     世の中に何人かは、それを買いますから。


    ■アップルユーザの上限金額が218万円?

    <岡田>
     その意味でアップルウォッチの218万円は、“セレブ向けの時計”としては安いんだよね。
     本当なら、4,5千万円をとりたい。
     でも、「それはどうかなあ……?」とアップルが気弱になった。
     その結果、最上位機種でも218万程度になっちゃった。

    <ヤマタク>
     売れたら、次はその上のが出ますから。
     アップルも必ず出します。

    <岡田>
     高ければ高いほどいい、ってことはないだろうけども。
     基本的に、アップルが考える「自分たちのユーザの上限が218万円」ってこと?

    <ヤマタク>
     昔、アップルは高かったですもんね。
     パソコン時代もそれぐらいしましたもんね。

    <岡田>
     パソコン時代も、最初のマッキントッシュが70万円ぐらいしましたから。

    <ヤマタク>
     今、良いコメントが流れましたね。
     「あれは宣伝目的で、売れるとは思ってない」(コメント)

    <岡田>
     でも、超売れてますよ。

    <ヤマタク>
     プレスリリースして、余計に告知してもらうパターンもあるんですよ。

    <岡田>
     実はパソコンとしても、218万円は1番高い価格。
     それをこっそりやってるところは、アップルのちょっと上手いところですね。

    <ヤマタク>
     上手いですね。

    <岡田>
     経営者として見た場合は……そこそこですね(笑)
     合格だけど、とんでもなく意外というわけではない。


    【まとめ】
     218万円は「アップルのユーザーが出せる上限金額」だと思います。
     そこそこの戦略ですが、意外性はありません。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。