• このエントリーをはてなブックマークに追加
「月を身近な存在に」米アストロボティック社が、月に荷物を配達するサービスの提供を目指す
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「月を身近な存在に」米アストロボティック社が、月に荷物を配達するサービスの提供を目指す

2018-08-03 12:00
  • 8

「月にも自分の荷物を届けたい」。米国の宇宙ベンチャー企業、アストロボティック・テクノロジー社の目標は、この願いを叶える事だ。


アストロボティック社は、ピッツバーグを拠点に、先進的なロボティクス技術の開発を行っている。この技術によって、同社だけではなく、一般の人たちもローバーやタイムカプセル、さらには大切な人の遺灰を月へ運ぶことが可能になるという。

同社は、国際物流企業のDHLと提携し、月に荷物を配達するサービス「Peregrine Lunar Lander」を2020年までに開始する予定だ。アストロボティック社のジョン・ソーントンCEOは、どの企業も荷物を届けていない所へ行く事や、「世間の人々にとって月を身近な存在にすること」が目標だと語った。

宇宙に挑戦する企業を追うAOLのオリジナル番組『Space Pirates』の映像(英語)も是非ご覧頂きたい。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
RSSブログ情報:https://news.aol.jp/2018/08/02/this-company-aims-to-deliver-packages-to-the-moon-by-2020/
コメント コメントを書く

ゆくゆくは月面基地に使うパーツを運搬するようになったりするかね

No.1 49ヶ月前

他天体に物を安く送るなら太陽光発電によるリニア式マスドライバー辺りがモアベターかしら?できれば軌道エレベーター等で衛星軌道まで物を持ち上げたい所だけど。

No.2 49ヶ月前

届けた荷物は回収できるのかな?

No.3 49ヶ月前

かんこく「良いビジネスモデル考えた ニd」

No.4 49ヶ月前

簡易書留でお願いします(無茶ぶり

No.5 49ヶ月前

ゴミ捨てるなよ

No.6 49ヶ月前

科学ってすげー!
この技術を応用して、るなだけじゃなくてシロちゃんとかありすちゃんにも荷物を配達できるようになんねーかな!?
あの二人には遺灰とかじゃなくてちゃんとした物を贈りたいぜ。

No.7 49ヶ月前

月にごみを捨てようってこと?

No.8 49ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。