• このエントリーをはてなブックマークに追加
【レポート】カルモア釣査団 河川遡上のマルタ釣り!その名もマルティング
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【レポート】カルモア釣査団 河川遡上のマルタ釣り!その名もマルティング

2016-04-11 10:14
    いつもご視聴いただきまして誠にありがとうございます。
    カルモア釣査団 隊長の大西です。

    昨年に続き、マルタを狙って多摩川まで行きました。




    産卵のため海から河川へ遡上してくるマルタ。
    桜の咲く時期に遡上し、散る頃には産卵を終えて川を下ることから、
    多摩川では春の風物詩とされています。

    f50b4622efe84bbb43ac07afb1dc732d6ba0fb4c

    産卵期は側線に橙の婚姻色がでて美しい色合いに。
    見た目の美しさもターゲットとして人気の所以だと思います。

    まずは定番のスプーンからスタート。
    マルタは瀬に卵を産み付けるので遡上しているかどうか判断は一目稜線。
    瀬でバシャバシャやっています。今回もエントリーした瀬にマルタがついていたのですが、
    凄くピンポイントで居るのは対岸のみ。

    こちら側は流れが合流し流速が緩くなった筋にマルタがついていたのですが、
    アタリかスレか分からないちょっとした生命反応があるだけで超ハードモード。
    昨年の楽しい雰囲気がまるでない状況。


    これでは春が始まらない。
    一回迷走タイム。


    多摩川開幕戦で黒星スタートは非常にまずいので、イージーにマルタが釣れたら
    切り替えようとしていたフライタックルを釣るための
    ローテーションの一つとして投入することに。

    所作については突っ込みどころ満載かもしれませんが、
    飛距離を伸ばす練習をしてこの前よりは随分飛ぶようになりました。


    bc195443bf8f7c4bbb8e57662f81f4cdd3ae243f

    次のステップとして重要なライン捌き。
    放送中はこれに悩まされました。どういうことかというと、上記写真の川筋ですが、
    半分は流れが緩く、向こう半分は激流になっています。

    フライを流すとフライだけが先に流れてしまい、手前のラインが流れず
    フライを引っ張ってしまい長い時間フライを見せることができませんでした。
    (フライが浮き上がって)

    写真の右側、上流方向に投げ弛んだ糸を回収しながら流すと
    良いコースを引くことができたのですが、これだとアタリが来ても解り辛いので、
    瀬に立ちラインを下方に流すやり方でやっていましたがこれはモチベーションが続かず断念。


    2回目の迷走タイム。
    というかもう一択しかありませんでした。


    0695608b413eb7ee042c33d36ed1df7e15e0267a

    あの瀬の向こう側(パラダイス)に投げる。

    幸いにも対岸の釣り人がこっちへ投げても良いよと言ってくれました。

    釣れるポイントは殺伐としてトラブルも多い。
    しかしここ多摩川はそんな雰囲気もなく皆が楽しく譲り合って釣りをしていました。
    この時期しか遡上してこないマルタを独り占めにしようなんて考えている人がいないんでしょうね。
    皆でマルティングという独特な釣りを共有することがそもそもこの釣りの醍醐味なのかも
    しれません。

    その釣り人の優しさで何とか今年もマルティングを皆さんにお見せすることができました。


    58899a3c23900009549fd6ef8be01f10e7bbf1a6

    まだ婚姻色がはっきり出ていないマルタですが、これからしっかり飯を食い瀬に卵を
    産み付けるので極力傷つけずリリース。

    その後、フライに切り替え対岸の人に気をつけながらキャスト。

    dc2014c8c0c2fcabaa1fac873ef36ecc1bd2173f

    何投目かにピンクのエッグフライにヒット。
    普段のルアータックルはリールに頼りっぱなしですが、フライだと自分でラインをコントロールする
    必要があるため、新鮮で釣りの初心に戻った気持ちで楽しめました。


    9b502c853eb4076d1ba89b4dbcfe4d03b01734bb

    釣れたのはウグイ。
    橙色の側線が複数あるのが特徴です。
    ここ多摩川ではウグイは放流されており年々数は増えてきているそうです。

    そして最後はなかなかのビックファイト。

    32139b978d5217ab6ad689314c5584474b34bf34

    この竿の限界が読めないのとリーダーラインが1.5号ということもあり無理はできず、
    慎重にのされながら下流へ下る魚にむしろこちらが抵抗している状態でやり取りさせられました…。

    32fbfe4bf20d333a7699fa63171bb607fd42d3bb

    これがマルティングです


    去年から始めたくせに偉そうなこと言いましたが、自身ではこれが多摩川のマルティングだと
    思いました。遡上の様子、釣り人の親切さ、魚のパワー、釣れるだけではなくこの季節限定の
    雰囲気も総じてマルティング。この放送でお伝えできたかと思います。

    高度経済成長期に一旦は汚れてしまい鮎やマルタが消えてしまった多摩川ですが、排水環境も整備さ

    れ「清流」といえるほど回復した結果、またこうやってマルタ釣りが楽しめるようになりました。

    釣査団では今年もこのマルティングからスタートし一年を通して多摩川の魚を追いかけたいと
    思います。


    今回も番組、ブロマガをご視聴いただき誠にありがとうございました。
    次回放送は海上釣堀でハタを狙います。



    是非、ご視聴下さい!

    b5df1c6a5e43959f57f00af0339c51cd180d408b
    プリンありがとうございました!
    やはりプリンを裏切ったら駄目ですね…w


    文=大西


    僕たちは生放送を通じて釣りをPRする活動を行ってます。

    この活動への協力に、関心のある方はこちらからお願い致します。

    http://ch.nicovideo.jp/fimofishing/blomaga/ar841550


    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    カルモア釣査団
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。