• このエントリーをはてなブックマークに追加
とても楽しい最近の面接事情その1と考えて生きろって話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とても楽しい最近の面接事情その1と考えて生きろって話

2020-06-12 18:00
    地元のパチ屋が閉店していました。
    ふぁんきぃです。

    今までなんやかんや店長職をやる機会に恵まれていて、それはもうなし崩し的な感じで。
    当然人事権を持って舵取りをする事になり、その一端として面接をしまくったりするのだが、今日はそんな面接の場面で最近増えてきた事柄を紹介しようと思う。

    なんだこのおもんなそうな記事。

    よく「これだから若いものは」とか言うおっさんがいる。

    あれしゃーないわ。

    凄いもん。最近の若いの。
    以下に散見されるキワモノのケースを列挙しよう。

    ・タメ口
    ・主体性0
    ・履歴書空っぽ
    ・隙あらば自分語り
    ・おっぱい出てる

    おっ、ちょっと面白そうになってきたな。
    では数回に分けて各々の内訳を掘り進めていこうか。


    「タメ口」
    これは、凄い。
    といっても流石に徹頭徹尾タメ口なわけではない。
    節々に入れ込んでくるのだ。それはもう、格闘ゲームでいうコンボの補正切りのように。
    ふ「~~さんは普段から料理とかされますか?」
    A「はい!家庭料理程度ですが!」
    ふ「例えばどんな料理が得意ですか?大雑把なジャンルでも結構です」
    A「う~ん、チャーハンとか!?w」
    ふ「うわぁ!!!!!!!!!!!」

    こんな感じである。
    おそろしく早いタメ口、俺でなきゃ見逃しちゃうね。

    多分とっさに出ているのであろう。悪気とかも全然感じない。
    悪気がないからよけいに怖い。
    仕方ないっちゃ仕方ないが、こういったものは普段の立ち居振る舞いが現れているに他ありません。
    まだまだ古き考えが跋扈する現代においてこれは一発アウトの可能性が高いぞ!気を付けよう!!

    ちなみに歌い手好きに多いです。


    では次


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。