• このエントリーをはてなブックマークに追加
『ゲンロンβ64』【先行掲載】東浩紀「訂正可能性の哲学、あるいは新しい公共性について(部分)」ほか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ゲンロンβ64』【先行掲載】東浩紀「訂正可能性の哲学、あるいは新しい公共性について(部分)」ほか

2021-08-30 22:47
    「ゲンロン完全中継チャンネル」会員のみなさま

    いつも「ゲンロン完全中継チャンネル」をご購読いただき、まことにありがとうございます。
    今月の『ゲンロンβ』の電子書籍(EPUB)版データをお送りいたします。
    今号の内容は以下のとおりです。

    訂正可能性の哲学 東浩紀/性的流動性とキャラクターの自由 さやわか/未来の芸術と倫理の未来 田中功起/ベルリンでパパ鉄 河野至恩/デーモンコアと科学の原罪 全卓樹/宝塚歌劇とロシア 横山綾香

    以下のダウンロード用ページにログインし、
    EPUBファイルをダウンロードしてご利用ください。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。