• このエントリーをはてなブックマークに追加
男と女ってむしろまったく違う生きもの??恋愛・肉体関係で決定的に意識が異なることとは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

男と女ってむしろまったく違う生きもの??恋愛・肉体関係で決定的に意識が異なることとは

2012-10-25 10:30
  • 2

121025top.jpg

”オトコとオンナの間には深くて暗い河が横たわっている“という表現もあるほどですが、たしかにどんなに愛し合っているつもりでも、理解しあえない部分があると感じることがあります。
そんなときは相手のことを分かろうと努力するより、そういうものなんだと敢えて開き直ってしまうほうがいい場合も実はあるのです。そこで、男女で決定的に意識が異なるポイント2つをおさえておきましょう。

恋をうまく進めるためにも、こうした違いをあらかじめ知っておくことは大切です!

【関連記事】 科学者たちも太鼓判を押す!やっぱりHも大切!幸せな恋愛関係のためのヒントたち

ポイント1:“距離を置きたいとおもうオトコ、グングン接近してゆきたいオンナ”

付き合い始めて、数ヶ月くらいすると彼の態度がちょっと変わってきた、、と感じる人も多いはず。当初はあなたを熱心に追いかけてきた彼も、その情熱がひと段落すると少し距離を置いて冷静になりたいと思うようになるのが自然です。
それに対して、オンナはお付き合いが始まると(そしていったん寝た関係となると)、どんどん相手と近づきたいと思うもの。ここに大きなミスマッチが生じます。
一見彼の態度が冷たくなったかのように感じられても、それはあなたへの愛情が冷めたからではなく、冷静に今の状況を考えたいという本能的な欲求なので心配せず、彼を鷹揚とした態度で待ちましょう。ここで彼を追いかけ回すような素振りをすると、かえってマイナスです。


ポイント2“セックスの後、速効寝てしまうオトコ、余韻を楽しみたいオンナ”

セックスする前はあれだけ積極的だったのに、終わった途端彼がすぐに寝てしまった、というシチュエーションに幻滅したことはありませんか?
女子としては、その後も腕枕してもらったり、ベッドのなかでおしゃべりして余韻を楽しみたいと思いますが、オトコ側は行為が終わった時点で、“スイッチオフモード”になってしまうのです。これは彼の問題というより、男性とは情事後すぐ寝る態勢にはいってしまうもの、いわば生理的な要素が強いのであまり不満に思わないようにしましょう。
どうしても余韻を楽しみたい人は、週末や休日の朝、時間がゆっくりとれるときを見計らって彼を誘ってみるのが得策です。

あわせて読みたい


ツイッター:@gogoogirl
Facebook:女子力アップCafe Googirl
コメント コメントを書く

まったく逆なんだが・・・

No.1 117ヶ月前

なにをもってして別の生き物とするのかが全く論じられてないんだよなぁ・・・

No.2 117ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。