• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

早田英志のスーパー人生論 特別編   ~続々、エメラルド王の警告(エメラルド王の大惨事予言)~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

早田英志のスーパー人生論 特別編   ~続々、エメラルド王の警告(エメラルド王の大惨事予言)~

2020-03-25 13:59

    真の冒険者は予言する

    もともと日本には感染者はいなく発見第一号者以来持ち込まれ生まれてきたかのよう
    な偏狭思考の論者が多数いますが、すでにコロナは武漢で発生以後多くの中国人感染
    者から関東、関西、北海道を中心に他の観光地にも持ち込まれていたのは明らかであ
    る。それがずーっとくすぶり続けてまだ感染爆発しないのは、80パーセントが無症
    状ないし軽い風邪と思って治しており、残りの比較的高齢者への感染でも日本の高齢
    者は日頃の衛生観念の良さと栄養満点で免疫性が外国人に比べれて非常に高いので、
    やはり治癒回復している。残りの数パーセントの発症者が病院へ駆け込んでおりその
    芽を摘んでるだけが現状だ。    
    その間、巷に野放しの感染者は次々にウイルスを他人へ移し回り
    今や市中に最低見積り一万五千人は
                  確実にいることだろう。

    不幸にして近々それが証明されることになるだろう。アメリカにしても、シアトルで
    最初の一人が発見される前にすでに武漢からの観光客がわんさとニューヨークやサン
    フランシスコ、ロスアンゼルスといった中国人に人気のある観光地に大挙して押しか
    けていたのですでに感染者が蔓延していたのだ。それが今の感染者急増の原因である。
    日本ではそれを如何にも大惨状のようにかわら版マスコミが驚きを大げさに報道して
    いるが、もうじき日本でも同じように感染爆発が起きるであろう。それを避けるゆう
    いつの手段は早めのPCR検査による患者狩り(日本じゃ魔女狩りだったが)であった。
    それをやらない理由を全く我田引水のアホ理論で弁護しているが、他のどこでそんな
    バカ政策をとった国があるか(イギリスがちょっとだけ考えたが1日で誤まりに気づ
    き変更した)。単にオリンピックの事情で感染者数の低見せをしたかったからだと外
    国に勘繰られても仕方ないし、またそうであろう。それに病院の利害エゴが同調した
    だけだ。
    そのツケがこれから同胞の日本国民の上に猛烈落下してくることを思えば胸が痛む。

    話題を変えて今節偉大なるニュースをお届けしよう。
    キューバはこれまで数十年アフリカをはじめ世界の貧しい国、被災国に医師を派遣す
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。