• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

早田英志のスーパー人生論 第ニ回~運勢論~

2013-08-23 18:12

    <運勢論>

    人生、これまさに神と悪魔のせめぎあいにある。
    あなたに好都合な事が起るのは神の所業であり、逆に悪いことが起るのは悪魔の所業である。人はこれを幸運、悪運でかたずけるが、そんな単純なものではない。
    一瞬の差で事故死から免れた友人が言った。“あのとき車のタイヤがパンクしなければ、飛行機の出発に間に合って大西洋の藻くずとなるとこだった”
    普段はめったにパンクなどしない高級車がたまたま高速道路でタイヤ破裂を起こし、パトカーに誘導されてわきによせ、修理して空港カウンターについた時、“申し訳ないが今しがたチェックイン作業を終了しました”、これはその時の彼には憎々しい悪魔の声に聞こえただろうけど、数時間後の事故を告げるニュースを聞いた時まさに神の声に変わった。
    幸運とは神にもたらされる運勢であり、人はその時、神と伴にあるのだ。言うまでもないがそれは宗教上の神とは全く関係ない。人間が作り出した形而上の宗教の神と私がここで論じる神とはなんの関係もない。私は人間が作り出した宗教というものにいっさい関心が無いが否定もしない。なぜなら、その人たちが信じる事に異論は唱えられないし、信じる者にとって信じる事は絶対であるからだ。私が言う神というのも私が人間である以上、宗教でいう神と同じシチュエイションにあるようにみえるが、その発想の根拠が違っており、先を読んでもらえば読者にはその違いがよく納得してもらえるはずだ。
    結論を言えば神の存在と宗教とはなんの関係もない事なのだ。この世には科学論理と全く異質の、言葉で表わせられない、言い換えれば人間の常識では考えられないスーパー・パワーなるものが存在するのを認めざるを得ない。宇宙創造のセオリー、宇宙をコントロールする仕組み、もしこのスーパー・パワーが機能しなかったら、いや無かったなら宇宙の存在はもともと無かったのだ。
    この超科学的にみえるマクロのスーパー・パワーとミクロの個々の人の運勢をコントロールする ‘何ものか’ とは全く無縁にみえるがその本質においては無縁とは言い切れない。前者はいかにも科学的にみえるがそうではない。なにもない“無”のなかに宇宙という“有”を生誕せしめたのは科学とは全く無縁のものであり、それはまさに“神”なるものの仕業である。人の運勢をコントロールするのも“神”なるものの気まぐれか遊びであり、その決断の仕組みは人間の頭脳では到底解明できないいわゆる“神”のスーパー・パワーの領域である。それが我々地球人にとって良い事であれば、自分にとって良いことであればそれは“神”の所業であり、逆に悪い事であれば“悪魔”の所業である。だから最大の悪魔の所業はこの宇宙がいつか消される時である。膨張した宇宙がいつか縮小し始め,いつ消滅し無に帰しても何ら矛盾は無い。もともと無のなかにこの世、宇宙なるものが出来た、生まれた原因、言い換えればこの世、宇宙を作った主は神以外にはあり得ないからだ。“無”のなかに“有”が生まれる原因、理由、仕組み、論理は“神により”と言う表現以外には考えられない、それが最も妥当な宇宙生誕理由、創造主の名前だろう。しかるべくしてこの世は神と悪魔のせめぎ合いである。目下今世紀、宇宙単位で地球年の百億年ぐらい,太陽系の寿命と同じ、我々地球は神のお加護のもとにあるだろう。しかしいつ悪魔の仕業で癌より恐ろしい病疫を、人類が癌を克服した後、おみまいされるかわからないし、地球破滅の隕石を悪魔の星の暴発から誘導させて地球に命中させられるかわからない。
    話しはかわるが、私はこれまでの人生でいわゆるラッキー(幸運)な運勢が自分に降って来たと感じた事は一度も無かった。わずかばかりの事業的成功を手にしたが、自分がなしえた事は自分自身の凄まじい努力の成果だと思っている。この歳まで健康にして長生きして来れたのも良く運動し常に健康課題に気をつけてきた努力の賜物と思っている。世の人はこういうとき、“神のおかげで、神に感謝しなければならぬ”とまるで幸運だけで怠け者が成功し長生きしてきたような言い方をする。そうでなくとも、“神は自らを助ける者を助ける”などと便利な言い方をして本人の努力は二の次にし、幸運によってもたらされたものが大きいとする。それは当たらずとも遠からずではあるが、適切な分析ではない。もし私が神の幸運を授かっていたとしたら、もっと凄い大成功をおさめていたであろうから。確かにその間、神が悪魔の近ずくのを阻止し、悪魔を寄せ付けなかったのは事実である。これは実に偉大な事であるが、悪魔を遠ざけ得るのは、これまた本人の努力次第でもある。人生とは神の寵愛をうけることよりも悪魔の襲来を防ぐ事のほうがもっと大事である。
    たとえ一生を貧乏運に見舞われたありきたりの人生であっても本人の努力次第で悪魔を寄せ付けず幸せな人生に代えてる人もごまんといる。その反面、世の中にはたいした才能も無く、努力もしていないのにどんどんと出世していくまるで幸運ゲームのチャンピオンみたいな者もいる。サッカーのトトカルチョでゲームの勝敗を当て続け最後まで残り百億円の金を手に入れる幸運者や一億ドル(百億円)の宝くじの当選者とおなじで、もはや神のいたずらの極みだ。こういう超幸運組の手合いはえてして又悪魔からの招待も受けやすい。宇宙の原則、相対性論理で神の力と悪魔の力は均衡する。凄い幸運に恵まれた者がその後悲惨な運命をたぐる構図はよくある事だ。しかしそれは、幸福な者が後で不幸になるという事では決して無い。幸福な人々の多くが神の恩恵を授かって幸福になったのではなく、自らの努力で勝ち得た幸福だから、神や悪魔に対する遠慮は無用である。もし神の幸運を授かったと思ったら、周りの者に分け与えるのが肝要だ。それが唯一、悪魔のシッペ返しをふせぐ手段である。なぜなら悪魔の神に対するジェラシーは凄まじい。

    今日はここまで、ではまた。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    悪い奴は殺れ。〜夢と血と硝煙とエメラルドの日々〜
    更新頻度: 毎月2本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。