• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

AKBドキュメント映画のパンフに書ききれなかった事
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AKBドキュメント映画のパンフに書ききれなかった事

2013-01-24 13:48

    9578d885d80568cc178fa5ae1674c4d1728db523

    「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」

    日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!
    『実 話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメディア」を始めました。その名も「久田将義 責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。編集長の久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。(毎週金曜日に はその週のまとめ記事を配信)



    1b241b80e015e3ec7cffd8fa2221e892ca54a173

    AKBドキュメント映画のパンフに書ききれなかった事 

     AKB側から依頼があって2012年の「AKBニュースベスト5」を選んでくれという。で、二月一日公開DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』のパンフの中に原稿を書いたのだが、500文字というオファーを僕の聞き間違いで一つのコーナーにつき500字だと思い、入稿したものの大幅に削る事になった。そこで削る前の原稿を思い出しながら書いていこうと思う。
     一言で言って、去年のAKB48、いや48グループはトラブルと世代交代の年であった。ではとりあえず一位から五位を羅列してみる。

    一位 ぱるるの進化
    二位 総選挙渡辺麻友二位
    三位 指原HKTへ
    四位 前田敦子卒業
    五位 高橋みなみ総監督

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。