• このエントリーをはてなブックマークに追加
【信州長和町】WHISKY&BEER CAMP 2016 特別生放送レポート(2/3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【信州長和町】WHISKY&BEER CAMP 2016 特別生放送レポート(2/3)

2016-09-02 14:53
    2016/08/27~28に長野県小県郡長和町にて開催されました
    『WHISKY&BEER CAMP 2016』のレポート(2/3)となります。

    HP :http://wbc.nagawa.info/index.html

     WBC2016レポートリンク
      ・WBC2016レポート(1/3)→ar1097077
      ・WBC2016レポート(2/3)→当記事
      ・WBC2016レポート(3/3)→ar1097919
     同日に開催されておりました
     『黒耀石のふるさと祭り』のレポートリンク→ar1097920

     

     


    『WHISKY&BEER CAMP 2016』(以下WBCと略します)は8/27と8/28の2日間、
    長野県小県郡長和町にありますブランシュたかやまスキーリゾートにて催されました。
    その様子を生放送したものをまとめてレポートさせていただきます!

    時間軸順にすすんでおりますので、インタビューとブース紹介が入り混じっておりますが
    ご了承ください。
    ※写真はクリックすると別ページにて拡大表示されます。
    ※出演アーティストのライブレポートはありません


    さて、時間軸としましては、8/27の14:30ごろからの続きのレポートとなります。

    6e17ea13c3e0f8b372f00d67ec89e06ccd56e500
    MCも当日2枠目でお酒が大分入っている状態での取材となります。

    ff3750a6b83d5f7447f75c2af2d9ad65a5d5c2b3
    こちらの方は、WBCの仕掛けをされた信州・長和町観光協会の古林さんです。
    イベント当日も色々動き回っておりました。
    素敵なイベントに参加させていただきありがとうございます!!

    1d23de3ff2cf74126e5e768fa5759722a99dba36
    右の方は当イベントを行っております長和町の羽田健一郎町長です。
    ちょうど、挨拶をしていたところをMCが見つけまして、インタビューです。
    長和町はだったん蕎麦も有名でして、この町のダッタンでつくられるそばは
    苦くないのが売りです。
    町長「だったん蕎麦が苦くないのは、水なのか、土壌なのか、町長の人柄なのか」
    とても愉快でパワーのある方です。


    さて、引き続き、ブースを回りつつ、お客様にもインタビューしていきます。

    3e2c3b5265a2cf257f6a71a1baa725470c0da197 3d4dbdd1aa3ef86762d35b85b50c342dcbf53d5f
    6db3160873c97517dd1b2ec3c7bd7798aea72fe7 8ab58bb6c70d841fe9ba3effe41321cf81fa44e7
    竹内農産』のブースです。
    野沢菜一筋で50年、長和町で営業している会社になります。
    今回は新作として、左下の野沢菜入りたこ焼き、
    それ以外に、野沢菜おやきや漬物バイキングもありました。
    おすすめ商品は「きざみわさび風味野沢菜」です。
    右下の方は当チャンネルの同じ小県郡の青木村の放送を見ていただいているみたいです。
    引き続きご視聴よろしくお願いいたします!!


    36a6cbda10c9bae918eaf2787819f98ae8850d95 3c423de85b28ef1ba5899c356575e512c87b68ad
    米屋鐵五郎本舗』のブースです。
    長和町にて特産品の販売や信州の工芸品も販売しているお店です。
    左上はそば粉をつかった「おこびれ焼き」というもので、
    甘いくるみ味噌、もしくはネギ味噌をつけて食べます。
    この屋号ですが、今の店舗がある場所にはには元々米屋があり、
    そのお店の屋号を引き続き使っているとのことでした。

    手元に各お店で買いました商品がたまったために、控室に置きにむかったところ・・・・
    bf9a83df4f58e4cb0ab6ee79dcf2a425698a59ee 6edeb4f9586fb8e279be3a08f890ff8d0417004e
    こちらですが、左から、長和町の羽田町長、
    長門牧場の小林社長、鷹山ファミリー牧場の小林社長、というメンバーで談笑しておりまして、
    そこにお邪魔して、インタビューさせていた来ました。

    長門牧場及び鷹山ファミリー牧場は前回の記事にもありますが、同じ長和町にある牧場です。
    普通でしたらライバル同士になる関係ですが、とても仲良く談笑しておりました。
    お互い切磋琢磨し盛り上げる、これが長和町のいいところですよね。


    さて、荷物を置くことができましたので、再度ブースを回っていきます。

    c1482c1658d75610922bfba44b5085c993250251 96d3decc90ff20a67c095f5678816c2a11edb2fb
    アクアクララ南信州』のブースです。
    こちらですが、ウォーターサーバーを提供している会社です。
    当日はお酒のあるイベントですので、チェイサーとして水をのまれる方も多かったようです。
    ちなみに、こちらのお水、長野県栄村という、雪が7m積る、特別豪雪地帯に指定されるほど
    の地域の雪解け水を利用しております。


    8ebdcb3fd5e50433611b6e7207c02d4f51f25558 7866e4541214c5c4a9e16df4e19f0118d5954e71
    5969a609db0ba073bcb471dbd9f15495f0b02bcc
    MAMBO』のブースです。
    諏訪郡原村にありますコーヒーとサンドウィッチのお店です。
    本日のおすすめはアフォガード。エスプレッソとアイスの組み合わせっていいですよね!
    あとは、新鮮な果物を使いましたフレッシュジュースもおいしそうでした。


    52fc55b174dec0d8c14360b45a0f042053baa3c5 81f19f26b14aadcb77f059c5842704b533484126
    e29db7b4762ab843e8ce0b44077eb51a3b43e2a3
    長門牧場』のブースです。(前回の長門牧場の記事→こちら
    今回は味噌チーズやジャガイモをチーズに和えたものを出しておりました。
    先ほど社長に会った話なども交わしつつ、取材させていただきました。

    ちょうどいらっしゃったお客様にインタビューです。
    3ae45cc6da2860a4dfd35dd3d1b462401a269f01
    豊橋市からこられたお客様。片道3時間かけてこられたようです。
    去年のWBCも長門牧場のブースにてチーズを買われたようです。
    「今日はペンションに泊まるので、とことん飲みます!」
    ぜひ、長門牧場にも遊びに行ってくださいね!

    3c51bf7e867ca80783d02c144d9d30d6dd00b5ae e653470f13a4919dd72a9c0e4fb269efdfb039b1
    53ebac240bd3b2377b03ff563f4e06c6c50cf0f9 db089ee63f3bdff05defbfc623d2a337252df64e
    メゾン・ドュ・ジャンポン・ド・ヒメキ』と
    クレープリー モンカバ』とのコラボブースです。
    メゾン・ド・ジャンポン・ド・ヒメキは姫木平にある生ハムの工房で、
    クレープリーモンカバは松本にある信州産そば粉を使ったガレットのお店です。
    こちらで、ガレットを2種類購入しました。
    左下の左のお二方は専修大学の学生でお手伝いで来られたとのことです。
    3年ですので、就職活動、頑張ってくださいね!

    こちらで購入したガレットをいただくために着席です。
    a80ba66cf4a67d0cdd9b0cf7c9b79396e6eeb46e 84950a6a9758ad98c7076c6faa490858c745739e
    ガレットを頂いているところに、小さな売り子さんが来られました。
    手に持っているのは鷹山ファミリー牧場のスモークチーズですね。
    こちらも購入させていただきました。

    9b9f66292c8ca72842015528e4113b5ab18bbf87 86891df1b0a7498e7dbc58189e371525031dce97
    ウイスキー文化研究所のスタッフさんが8/28に開催されるウイスキーの
    「ブラインドコンテスト」のチラシをまいておりましたので、
    一緒にガレットを食べていただきました。
    ブラインドコンテストでは4種類のウイスキーの種類を当てるようですが、全問正解の方は
    今のところいらっしゃらないみたいですね。


    ガレットも食べ終わりまして、次のブースに行きましょう!

    d799c60a6a4e0c2ca15d1b31d0f40487dd6941e9 b1538b7ce8edc1872f8f596fcbaf0f3162521bab
    578b9a61a9c7ad24051f28c66d5fa5c9f1a273ad 55b26bd4d262bb98d192f5f4fe31219f59ea3db9
    Sip & Learn HARD CIDER-ASPARAMARU BBQ BASE』のブースです。
    写真右上、一番右の方はリンゴ農家をされている方です。
    こちらでは、クラフトハードサイダーとアスパラガスの鉄板焼きを出しておりました。
    写真左上の4番のお酒「レヴァレンド・ナッツ・ハード・サイダー ザ・パッション」の
    説明書きに「パラオのワイルド」とありますが、
    その理由は、お客様に「ハワイかパラオかと聞いたらパラオだった」ので、とのこと。

    写真右下はアスパラの専業農家をされている方です。
    こちらのアスパラは夏の時期にも食べられるものを出荷しており、
    根本からやわらかいのが売りとのことです。


    b4df484d537057dd6cda68f69ee8c5821fac241d e001d2b6d9929bf1415087de8442b0b3127b43f3
    b08d6141eb9299e4564eeb76f40558ef8b0c8a13
    ウイスキー文化研究所』のブースはいつも賑わっている感じでした。
    (写真左上)
    今回のフェスのために作られたボトルで、
    デザインは真田十勇士の中から真田幸村、霧隠才蔵、猿飛佐助をイメージしたものです。
    さすがに十勇士全員分をデザインするのは厳しいからね、と土屋代表はおっしゃってました。
    このボトル、初日の昼ごろに取材した時点で当日分が売り切れておりました。
    (写真右上)
    他のイベント時に作られた特製ボトルで、
    左が大阪城、右はカニとイソギンチャクがデザインされております。


    さて、ウイスキー文化研究所のブース前で、インタビューです。
    aaef7c4e85489ed433aca32bee0459bb7542724d e98e9ee3da8dab40b6e30955bcbb85ffd05b3aea
    42dbf5279c8c45bd4d86c009421f5a83fa923739
    千曲市からこられたグループ。
    WBCをワンちゃんも満喫しているようですね!
    会場には、ほかにもペットを連れていらっしゃる方はそこそこいらっしゃいました。


    bd9434278b1707c2c9daf4097044dac83af7c5df da269fc6e4bbb529b6bef0012b7533240e01c44e
    神奈川から来られている女性。
    ウイスキーが大好きということで、タリスカーのブース前で順番待ちをしておりました。
    山や自然も好き、とおっしゃっていたので、「移住はどうですか?」と質問。
    「移住は検討します」といういい回答をいただけました。
    ちなみに、タイプは「一生懸命頑張っている人」とのことです。


    次のブースに行きましょう!

    f290baf02ebf6c34bfb5f2e6211968a29575219d c8379b6a8518320d099c496252fb9e540612956c
    味の伝道師やまもと屋』のブースです。
    辰野町から来られておりました。
    見た目にもすごいぼんじりが焼かれておりました。
    こちらを片手にビール飲むとおいしいだろうな、と思いつつカメラを回しておりました。
    (※当日は運転手のためDはノンアルコールでした。)


    c2c28ad716a3fcda67ec857e398bb66153e3a151 3c90888e3f716269dda9e88a4bd5edf7a6dbfb98
    6e6c875a110f7ab2be3e3531c6d32d3b1aef4f54 5095cb03e81029e2dd2e50a2e5d1da80e2f59cc0
    鷹山ファミリー牧場』のブースです。(前回の鷹山ファミリー牧場の記事→こちら
    リブフランクや花豆をつかったパン、BBQ用にレタスも販売されておりました。
    右下に中央が社長、右が専務である息子さんです。
    花豆パン、MCが試食しておりましたが、
    普通の豆パンより大きくてずっしりしていたとのことです。


    240868b0f1cefe164d6596f1411fc7cbcaf517f8 31f877fa507bd91925e9b83c0b80c54f33904399
    20963072077616cde66aca7705dc81b345b68fe8 977b8ba7f18c6b517b0c546631675dbfe3950e05
    アードベッグ』のブースです。
    スコットランドで一番スタンダード(と言っていた)ウイスキー、
    「グレンモーレンジ オリジナル」を試飲します。
    乾杯の時の掛け声は「Slainte mhath」(スラーンジ・ヴァー)
    ゲール語で「あなたの健康へ」という意味だそうです。
    この日はあいにくの雨模様でしたが、スコットランドに似ている気候らしく、
    「スコティッシュウェザーで飲むのは最高でしょ?」とおっしゃってました。

    23db00bd7681ae6552f7b1cf5ab4035ec3a814b5 f58a260f61a7a1be89d24524f0e8b966de8bae51
    39cff4e0bea7714092bbc3f906a055f98020770c 88b9d1d4b2eb8fdeb17f9f4d59edf59748f4521e
    タリスカー』のブースです。
    こちらのブースではタリスカーの10年をハイボールにしたものに、
    ペッパーを入れて無料で提供しておりました。
    その際の掛け声が、「タリスカー!スパイシー!ハイボール!」
    遠くからでも気づく、一際にぎやかなブースでしたね。


    さて、会場にて、ゲレンデの上にイベントを行うとのことでアナウンスがありました。
    58ae72bff4ee6eb658083fc7f2fcd3f9acfdf3ce
    その誘導に従い、ゲレンデを登っていきます。

    097990c786db76bb2fc700d76206cf68cf940d5b e916c99c4c9dc22c2ec4993f6a3ddc62976df86b
    上に登ると、参加者の方があつまって・・・・
    9b524060c0ef32a9707e0e7dcbb9747a902aff5e
    輪の形に広がりました。そして・・・・

    f6f3d550a01c3c30901a8756a7aef4cf019282e7
    写真ではわかりづらいですが、こちら、輪の中心からドローンを飛ばし、
    撮影を行っておりました。
    みなさん、大きい歓声をあげ、楽しそうな光景でした!


    この後も、WBCはまだまだ続きます。

    記事の続きはこちらです。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。