• このエントリーをはてなブックマークに追加
【世界の匠に学ぶ!】貧困地帯に100万足の靴を寄付した起業家「ブレイク・マイコスキー」さんに学ぶ、仕事術!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【世界の匠に学ぶ!】貧困地帯に100万足の靴を寄付した起業家「ブレイク・マイコスキー」さんに学ぶ、仕事術!

2016-08-12 17:21
    私達は当たり前のように靴を履いて生活していますが、貧困地区では毎日のように小さな子供達が裸足で暮らしています。重い荷物を運ぶときも、長い道のりを歩くときも足裏の痛みに耐えながら生活しているのです。

    そんな子供達の為に靴をプレゼントする事を考えた人物がいます。

    今回はTOMS(トムズ)の創業者であり、世界の貧しい国で暮らす子供達に靴を贈り続けている二枚目起業家『ブレイク・マイコスキー』さんから仕事術を学びます!

    TOMSを立ち上げたきっかけ

    toms1.jpg

    大学在学中にクリーニング店を始めたり、広告代理店など12年間で5つの会社を起こしたりと若い頃から起業家として注目を浴びていたマイコスキーさん。

    ある時、「アメージングレース・シーズン2」という視聴者参加型のテレビ番組に妹と一緒に出演します。参加者が番組から出される課題をクリアしながら世界中を旅して、最も早くゴールしたチームに賞金が出るという番組でした。

    番組出演後、マイコスキーさんは番組で訪れたアルゼンチンに個人的に再訪しました。
    現地でボランティア活動をした際に、貧困地区の現実を知ります。
    子供達が毎日水を汲みに歩く道路は舗装されておらず、裸足のままでした。
    傷ついた足からはバイ菌が入り、痛みに耐えながら重い水を運ぶ子供達の姿を見て、マイコスキーさんは「靴を売った分と同じだけの靴を寄付する会社を始めよう」と閃いたそうです。

    アメリカに戻ると、それまで経営していた会社を売り払い、小さなアパートでTOMSを創業しました。

    若い頃から行動力のある人というのは分かりましたが、それまで自分が培ってきたモノを捨て、子供達の為の会社を新しく始めるという行動はとても勇気のいるものだと思います。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。