• このエントリーをはてなブックマークに追加
【匠に学ぶ】フェラーリに大きな功績を残した前会長「ルカ・ディ・モンテゼーモロ」さんに学ぶ、仕事術!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【匠に学ぶ】フェラーリに大きな功績を残した前会長「ルカ・ディ・モンテゼーモロ」さんに学ぶ、仕事術!

2016-09-12 11:12
    跳ね馬のロゴで有名なフェラーリ
    F1で成績不振だったフェラーリを立て直したり、親会社であるフィアットの会長をも務めた、フェラーリ前会長『ルカ・ディ・モンテゼーモロ』さんから仕事術を学びます!

    ルカ・ディ・モンテゼーモロ

    ruka1.jpg

    大学在学中にラリードライバーとして頭角を現すなど、車に縁のあったルカ・ディ・モンテゼーモロ。1973年にフェラーリ創始者である「エンツォ・フェラーリ」の招きで当時成績不振に陥っていたF1チームを立て直すマネージャーとしてフェラーリに加入しました。

    その後チームを再編し、わずか2年でドライバーズチャンピオンを獲得するほどのチームを作り上げました。1977年までF1チームのマネージャーを務めると、その功績を認められ、フェラーリの親会社であるフィアットの役員に抜擢されます。

    フィアットの役員職と、フィアット傘下の出版社の社長職を兼務したり、1990年にはFIFAワールドカップの大会事務局長を務めるなど、多彩な才能を発揮。マネージング能力を高く評価されるようになりました。

    これだけの仕事をこなせるのは、周りをよく見て、上手く動かすことが出来るからなんでしょうね。
    それぞれの業務によって必要な事柄は違うもの。
    それを丁寧に処理できるのは並大抵の集中力ではないでしょう。

    フェラーリの再建

    ruka2.jpg

    創始者であるエンツォ・フェラーリの死後、1991年にはフェラーリの会長として再入社。
    フェラーリの再建をその腕に託されました。

    しかし、F1チームの慢性的な成績不振、市販車部門の開発、生産性、品質の向上など問題は山積みでした。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。