• このエントリーをはてなブックマークに追加
【贅沢図鑑】日本で一番綺麗な紅葉が見られる「涸沢カール」を紹介!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【贅沢図鑑】日本で一番綺麗な紅葉が見られる「涸沢カール」を紹介!

2016-10-22 15:00
    どうも! インライフ編集部 イムラです!
    まだまだ暑い夏から、少しずつ秋へと向かい始めている今日この頃…。
    秋の代表的なイベントと言えば“紅葉”でしょう!綺麗な景色とともに見る色鮮やかな樹々は、大自然が作る芸術です。

    日本で一番の紅葉が見られる場所ってどこだろう…? その疑問から紅葉について色々調べていると、長野県にある「涸沢カール」に行き着きました。ということで今回は“日本で一番綺麗な紅葉が見られる涸沢カール”について紹介したいと思います。

    日本の紅葉は世界一美しい?

    紅葉とは、定期的に葉を落とす植物「落葉広葉樹」が、落葉の前に葉の色を変える現象のことを指します。

    koyo1.jpg

    代表的な落葉広葉樹「カエデ」は“モミジ”と言われていますし、様々な樹木の紅葉を総称して“モミジ(紅葉)”と呼ぶ場合もありますね。

    あまり知られていないかもしれませんが、紅葉は北半球の温帯地域でしか見られないため、紅葉を見られる国は世界中でもそんなに多くありません。

    落葉樹が存在しているのは、東アジアの沿岸部やヨーロッパの一部、北アメリカの東部に限られており、その中でも日本は樹の種類が世界で最も多いので“紅葉が世界一美しい”と言われているんです!

    涸沢カールの紅葉が美しい理由とは?

    涸沢カール(からさわカール)は、長野県松本市安曇にある日本有数の氷河圏谷。奥穂高岳と呼ばれる山にあり、周りには日本第三位の高峰「穂高岳」などの山々に囲まれています。

    koyo2.jpg

    カールとは氷河によって侵食されお椀状に削られた地形を指し、この「涸沢カール」の紅葉が近年美しいと話題になっていて、その希少性の高さから“日本一の紅葉が見られるところ”と言われています。

    koyo3.jpg


    koyo4.jpg

    どうですか? めちゃくちゃ美しいですよねぇ……。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。