• このエントリーをはてなブックマークに追加
漫画に学ぶ男前 vol.49【寄生獣:泉新一】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漫画に学ぶ男前 vol.49【寄生獣:泉新一】

2016-12-09 11:38
    第49回目となる今回は、アニメや実写映画にもなった漫画『寄生獣』の主人公・泉新一から男前を学んでいきたいと思います。

    01.jpg

    この物語に登場するのは、人体に潜り込み脳味噌を食べて頭部と同化する「寄生生物」。
    人の体を乗っ取った寄生生物は、頭部を無数の刃に変形させ、人を切り刻んで捕食します。

    最初のうちは本能に任せて手近な人間を食べ漁る寄生生物ですが、騒がれたり駆除されたりするうちに人間の社会を学習し、自分達の「食事」をより安全に行うために人の姿で街中に紛れ込むようになります。
    主人公の「泉新一」は、この寄生生物に右腕を乗っ取られてしまった高校生です。

    みんな生きてるんだぜ!!おまえらと同じに!!

    02.jpg
    ○オトコマエポイント
    新一と恋人の里美は公園デートに来た矢先、砂に埋められたネコに向かって石を投げて遊んでいる子供を目の当たりにして絶句。
    公園を後にしようとする里美をよそに、新一はネコを助け出し、少年たちに対して怒りを露わにして上記のセリフを放ちます。

    この台詞こそ「寄生獣」全体のテーマを表していて、新一には人間もネコも、寄生生物もすべて「一つの生命体」でしかありません。
    同じ生命体同士で優劣なんか無いし、強いことを理由に弱者をいたぶってはいけない。
    当然のことではありますが、これこそ「男前」の必須条件であると言えるでしょう。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。