• このエントリーをはてなブックマークに追加
嘘つきは谷底へさようなら!大人のボードゲーム『チャオチャオ』編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

嘘つきは谷底へさようなら!大人のボードゲーム『チャオチャオ』編

2017-04-14 14:28
    大人だからこそ面白いおすすめのボードゲーム紹介!略して「大人のボードゲーム」第19回!

    もうすぐゴールデンウィークですね!実家へ帰省したりみんなで集まってワイワイしたりすることが増えてくるのではないでしょうか。
    今回はそんな時におすすめの不朽の名作すごろくゲーム『チャオチャオ』をご紹介したいと思います!

    僕の持っているのはだいぶ使いすぎてコンポーネントの筒がだいぶ年季入っていますがお気になさらず。
    まぁそれだけ楽しくて盛り上がるゲームということです!

    ゲーム概要

    01.JPG

    『チャオチャオ』は、サイコロを筒の中で振ってコマを進めるすごろくゲーム。
    この筒の中で振るというのがポイントで、つまり、サイコロの目は自分以外わからないということです。

    以前紹介した『ハゲタカのえじき』などと同じデザイナー・Alex Randolphが手がけたゲームです。

    プレイ時間は約30分。
    2~4人用で今回は3人でプレイ。
    それでは、早速遊びながら説明していきます!

    準備・コンポーネントの確認

    02.JPG

    セット内容は、探検家のコマが4色各7個ずつの計28個。
    サイコロと筒、そしてゲームボードになります。

    04.JPG

    各プレイヤーは、それぞれ好きな色の探検家コマを持ち、そのうちの一体をゲームボード上の橋の、矢印がかかれた側に並べます。
    あとは筒の中にサイコロを入れ、準備完了です!

    遊び方・ルール

    06.JPG

    まず最初のプレイヤーをじゃんけんなどで決めたら、筒にサイコロを入れ上部を手で塞ぐように持ちよく振ります。
    振ったらサイコロの出目を確認。この時サイコロは筒から出さず、自分だけ把握できるように覗き込みます。

    05.JPG

    今回の出目は「3」。プレイヤーは出た目を宣言し、その数字分だけコマを進めます。これを時計回りで繰り返し進行していきます。

    08.JPG

    2順したらこんな感じに、どのプレイヤーも橋の中腹まで進んできました。
    僕(青色)もあと「4」が出ればゴールというポジションです。

    09.JPG

    実はこのサイコロ、六面体ですが数字は1~4までしかありません。あとの二面は「×」マークになっていて、この出目が出た時には必ず嘘をついて出目の宣言をしなければいけません。
    もしかしたら、この中腹まで進んできた他のプレイヤーも「×」が出ていたにも関わらず平然と別の数字を言っていたかもしれないわけです。

    今回は仕方がないので「4」と宣言しました。もしスルーされればゴールできますからね。

    ここでピンクのプレイヤーが「ダウト」と宣言。
    このように、手番プレイヤーが数字を宣言したら、他のプレイヤーは時計回りの順番でそれが本当か嘘かを判断していきます。
    一人でも「ダウト」を宣言すれば、それ以降のプレイヤーは宣言の必要はありません。

    「ダウト」が宣言されたら、宣言したプレイヤーに筒の中を確認してもらいます。
    当然筒の中は「×」マーク…ということで、嘘を看破されました。

    10.JPG

    嘘を見破られた探検家は、橋の下に落とされます。嘘つきは死すべしということですね。
    見事見破ったプレイヤーは「チャオチャオ~(バイバイの意)」の掛け声と共に、嘘をついたプレイヤーのコマを落とします。このプレイヤーいわく、この瞬間が快感だそうです。 谷底に落ちたコマは再使用することができません。

    逆にもし筒の中が「4」で本当だった場合は、逆に疑ったプレイヤーは橋の下に落とされます。疑う者は死すべしということですね。

    嘘の宣言は「×」マークの時ではなくても行えます。例えば「1」が出た時に、もっと進みたいから「4」と宣言することも可能です。
    もちろん「ダウト」されれば「チャオチャオ~」となるので、リスクは抱えなければなりません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。