• このエントリーをはてなブックマークに追加
【匠に学ぶ】神の領域と言われるプロギャンブラー『のぶき』さんに学ぶ仕事術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【匠に学ぶ】神の領域と言われるプロギャンブラー『のぶき』さんに学ぶ仕事術

2017-07-11 14:30
    現代社会では、学校を卒業して会社に就職するという人がほとんどでしょう。
    それ以外だと、努力し才能を開花させた人が、その職業で生計を立てるいわゆる「プロ」として人生を送ります。

    プロ野球選手、プロ棋士、プロレーサーなど舞台は様々ですが、中でも特異なのはギャンブルの世界。
    ギャンブルと聞くと、なんだかマイナスのイメージを感じる方もいるかもしれませんが、それで生計を立てているのであれば立派な職業です。

    今回は「神の領域」と言われる勝率9割を誇る日本人プロギャンブラー『のぶき』さんから仕事術を学びたいと思います!

    のぶき

    nobuki1.jpg

    本名:新井 乃武喜
    東京出身で小さい頃から勉強嫌いだったのぶきさん、将来の目標をざっくりとしか立てられないまま日々を過ごしていました。
    ただ、何かをやるならとことんやり込む性格だった為、大学時代はバイトに明け暮れて最高月80万円も稼いでいたそうです。

    そんな中、大学の卒業旅行で海外に行く事になり、観光などに興味のなかったのぶきさんは、旅の目的が街になるような場所としてラスベガスを提案、これがギャンブルと出会うきっかけとなります。

    旅の目的をラスベガスでのギャンブルと決めたのぶきさんは、友人からグランドキャニオンを見に行こうと誘われても頑なに拒否、毎日カジノでギャンブルをして過ごしました。
    この時、軍資金は80万円、せっかくカジノへ来たのだから全額なくなるまで勝負しようと決め、最終的には20万円のプラスを勝ち取るのです。

    ビギナーズラックもあるとはいえ、自分の財産を賭けた勝負を毎日続けられるのは並大抵の精神ではできません。
    また、この時からのぶきさんはがむしゃらに勝負するのではなく、ここぞと言う時だけ勝負し、確実に勝つ事の重要さとその為に必要な事を考え始めるのです。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。