• このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの困ったを解決!教えます♪プチDIY♪Vol.2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あなたの困ったを解決!教えます♪プチDIY♪Vol.2

2017-09-22 10:51
    編集部 DIY担当:MASASHIです♪ プチDIYで便利なアイテムといえば【グルーガン】
    a.jpg
    最近では、100均で手軽に購入出来るしスティック状の樹脂のカラーも豊富になって手軽で楽しく使えるようになりましたね。接着する時間がかからない、手も汚れない、ある程度の物は何でも接着できる! しかし、初めて使う方は少し手間取ってしまうかもしれません。 基本の使い方や、樹脂が糸を引く時、接着出来ない対処法、剥がし方を解決したいと思います♪
    基本の使い方
    グルーガンは「スティック状の樹脂を熱で溶かして、木材や布などを接着させる道具」です。
    zx.jpg
    基本的にはグルーガンを使用して、どうしても接着させにくい素材の時は「瞬間接着剤を使用する」というのがおすすめかなぁと思います。
    樹脂が糸を引く時
    グルーガンに使用する樹脂は糸を引きます。(納豆みたい)
    t.jpg
    この糸を切る方法は、グルーガンから樹脂を出した後、くるくるとグルーガンを回転させると糸が上手く切れます。(まさに納豆)
    接着出来ない対処法
    グルーガンの接着が付きが悪い、外れてしまう時は…
    g.jpg
    ・素材の表面の汚れを綺麗にふき取る。 ・素材が大きく面積が広い時は、樹脂ををたっぷり付ける。 ・接着しにくい樹脂が固まるまで約1~2分素材を押さえ続ける。乾くまで押さえ続けると大体のモノは接着できます。表面がツルツルした素材はグルーガンに不向きなので他の接着剤を使用することをオススメします。
    剥がし方

    続きはコチラ

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。