• このエントリーをはてなブックマークに追加
水泳、北島康介から「本番に対する姿勢」について学ぶ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

水泳、北島康介から「本番に対する姿勢」について学ぶ!

2017-10-30 10:07
    アスリートから男前な精神を学んでいくコラム。第12回は水泳の北島康介さんから「本番に対する姿勢」について学びたいと思います

    経歴:北島康介

    01.jpg

    1982年9月22日、東京都荒川区生まれ、5歳の頃から水泳を始めます。
    高校3年で2000年シドニーオリンピックに初出場し、4位に入賞。
    2004年アテネオリンピックでは100m、200mの平泳ぎで金メダルを獲得します。

    2008年北京オリンピックでも両種目で金メダルを獲得し、競泳での日本人唯一の2種目2連覇を達成。
    2016年4月に現役を引退し、スイミングスクール「KITAJIMAQUATICS」を設立。
    2017年現在では、東京都水泳協会の理事を務めています。

    日本屈指の「負けず嫌い」

    02.jpg

    高校時代、腕相撲でムキになり、勝ったものの右腕を負傷してしまったという北島さん。
    「勝負強い」というイメージがある北島さんですが、「そうじゃなくて、勝ったから言われるだけ。勝つまでやるから。」と自身で語っています。

    「負けたことが悔しいから必死で練習を頑張る。負けは自分が強くなれるチャンスだし、自分もたくさんの負けを糧にしてきたからこそ、ここまでやってこれた気がします」と負けることの大切さを重視。

    「負けることは悪いことではない」「じゃあ次は何ができるだろうってポジティブに考えるほうが楽しい」。
    負けることを受け止める強さ、負けることを勝つためのプロセスとして受け止める「生粋の負けず嫌い」の姿こそが強さにつながっていると伺えるエピソードです。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。