• このエントリーをはてなブックマークに追加
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.11
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.11

2018-01-18 11:02
  • 8

真のオーパーツ「ネブラ・ディスク」


2002年にドイツで古代の天文盤とみられるオーパーツが発見された。そのオーパーツは発見された地名にちなんで「ネブラ・ディスク」と呼ばれるようになった…

1.jpg

研究がされるにつれ、この「ネブラ・ディスク」には驚愕の事実が隠されていることが明らかになっていく…

古代の天文盤 「ネブラ・ディスク」

直径約32cm、重さおよそ2050gの青銅製。円盤の厚さは、中央から外側へとおよそ4.5〜1.5mmへと減少している。現在の状況は緑色の緑青になっているが、元の色は茶色を帯びたナス紺色である。 通称「ネブラ・ディスク」と呼ばれるこの天文盤、最も特徴的なのは三日月や太陽・星などが描かれている、その表面に施された金の装飾である。

2.jpg

なかでも三日月と、その近くに位置する7つの星の集まりはプレアデス星団を表しており、この2つは太陰暦に起きる季節のずれを解消するために使われていた可能性が高い。 他にも、夏至と冬至の日に太陽が昇る位置や、日没の位置を示す道具として使われていたことが判明する。 この事から「ネブラ・ディスク」は極めて高度な天文ツールであることが分かった。

制作された年代は、鑑定の結果およそ3600年前のものであることがわかっている。定説によれば、ヨーロッパに天文学の知識が伝わったのはそれより1000年も後のことである。

続きは会員限定(メンバー登録無料)

続きはコチラ

×
ネビニラルの円盤 (4) アーティファクト. ネビニラルの円盤はタップ状態で戦場に出る。 (1),(T):すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。
20ヶ月前
×
ネビュラ71、変身願います!

でもこのネブラって地名なんだよね、偶然の一致にしては出来過ぎてる
20ヶ月前
×
確かに地名と古代遺物が一致…偶然?必然?
交野市星田のように星にまつわる古い伝承が沢山存在する地方なのかな。人名で上書きされない限り地名に古い謂れが残ることは多いのでご近所の地名と超古代遺産の関係を調べるのもいいかも。
20ヶ月前
×
興味深い
20ヶ月前
×
発見された地名にちなんで「ネブラ・ディスク」と呼ばれるようになったって書いてあるだろ
20ヶ月前
userPhoto
tac
×
見落としで進行するコメ欄一周回ってすき
20ヶ月前
×
「ネブラ」が星の巡りを意味する言葉じゃなかったのか
20ヶ月前
×
先史遺産(オーパーツ)ネブラ・ディスク
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守1500
このカードが召喚に成功した時、デッキから「先史遺産ネブラ・ディスク」以外の
「オーパーツ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在するモンスターが
「先史遺産」と名のついたモンスターのみの場合に発動できる。
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「オーパーツ」と名のついたカードの効果しか発動できない。
「先史遺産ネブラ・ディスク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

の元ネタだな
20ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。