• このエントリーをはてなブックマークに追加
男前へのトレーニング
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

男前へのトレーニング

2019-05-09 16:15
    トレーニングと言っても目的によって様々な種類に分かれます。

    肉体改造・ダイエット・スポーツ選手・運動不足などありますが、自分に合った選択が出来ていない人が多いのが現状です。 今回はプロのトレーナーが薦めるトレーニング方法を紹介致します。

    まず現状のトレーニングジムの勢力図からご紹介します。

    1.jpg

    1. 総合スポーツジム
    (ティップネス・セントラルスポーツ・ルネサンス・コナミスポーツ・コスパ)
    筋トレマシン・スタジオ・プール・大浴場などを完備し、月会費は1万円ぐらい

    2. 公共スポーツジム
    (区営ジム・市営ジム・都営ジム・総合体育館など)
    料金が安く、入会金などは無く、1回3百~8百円で使用できる施設が多い。

    3. コンビニジム
    (FASTGYM24・エニタイムフィットネス・ジョイフィットなど)
    コンビニのように365日24時間いつでも使用できるジム。
    月会費は8千円ぐらいで、系列店舗なら全国で使用可能なところが多い。
    ただ総合ジムと比較するとプール・スタジオ・大浴場などは無く、筋トレに特化している。

    4. パーソナルジム
    (RIZAP・1Star・Kenz・REGBODYなど)
    1対1のトレーニングを重視、1人ひとりに合ったメニューを作成して目標を達成させる。
    ただRIZAPだと費用が30万円以上かかり高額で辞めてしまうとリバンド率も高い。

    5. ブティックジム
    (ぶら下り・瞑想・水中・サーフィンなど様々)
    特定のエクササイズに特化したジムのこと。ユニークなプログラムが流行に敏感な人に受けている。


    ◆男前へのトレーニングとは? Q&A◆

    今回はスポーツジムでトレーナーをやりながら、土日はプロレスリングのリングアナウンサーを務める宮尾新次郎さんに来て頂き、今後のトレーニングはどうなるかお聞きします。

    mi.jpg
    【宮尾新次郎さん】

    mi2.jpg
    【見よ!宮尾新次郎さんの肉体美!!】

    インライフwebの読者は30代以上の男性が多いのですが、運動不足で学生時代より10kg以上も太ったという話もよく聞きます。
    そんな人たちに向けてアドバイスをお願いします。

    続きはコチラ

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。