• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

“燃える闘魂”アントニオ猪木に新春初直撃!〈前編〉
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“燃える闘魂”アントニオ猪木に新春初直撃!〈前編〉

2015-02-13 10:00

    「パキスタンで321日に大会を開催してくれないかという話があります」

     

     

    ――新年初のインタビューなので、あらためて猪木さんに元気がないと言われる若者に、メッセージをお願いできればなと。どうすれば「夢」や「希望」が持てるのか。

    猪木 そうですね。これが最大のテーマですね、今ね。結局、若者を枠にハメすぎて、矛盾した結論が出てきてしまっている。もっと教育にしても自由に受けられる環境を、という話になると、「それには予算を…」という話になってしまう。バカ言ってんなって。勉強したいヤツもいるだろうけど、したくないヤツだっているんだよ。

     

    ――確かに(笑)。

    猪木 それはマララ・ユスフザイさんから学んだね。

     

    ――あ、人民活動家で昨年ノーベル平和賞を受賞された、マララさんですね。猪木さんが最近、ロンドンでお会いになったとか。

    猪木 ノーベル賞をもら

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。