• このエントリーをはてなブックマークに追加
第241回 どこか心残りの別れのウラガワ(1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第241回 どこか心残りの別れのウラガワ(1)

2020-03-30 22:15

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第241回 どこか心残りの別れのウラガワ(1)

    ◆もくじ◆

    ・どこか心残りの別れのウラガワ(1)

    ・最近の志麻子さん 
     4/26(日)「オメ★コボシ49」開催予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中

     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    別れの季節、卒業式の月である三月。
    何かをちょっと引きずってしまい、物悲しい気分になってしまうこともある日々。
    そんな気分をテーマに、昔のようには付き合えなくなってしまった人たちとのエピソードをお届け。

    SNSは、人とつながることも出来るけれど、いいことばかりでもなくて……。
    大勢の人をいっぺんに呼ぶ形式の誕生会を昔はしていたけれど……。

    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~18年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2019年1月「去年に縁があったあれこれのウラガワ
    2月「台湾で初めて会った人たちのウラガワ
    3月「胸に引っかかる人を思う春のウラガワ
    4月「こういう人いるよねという出会いのウラガワ
    5月「働くということについて考えたウラガワ
    6月「私なりのプロファイリングをしてみたウラガワ
    7月「芸事業界の人たちの願いごとのウラガワ
    8月「怖さひかえめな怖い話のウラガワ
    9月「まだ挽回できるかどうか気になるウラガワ
    10月「なぜか惹かれる未解決事件のウラガワ
    11月「今頃になってわかってきた出来事のウラガワ
    12月「とりあえず終えたかな、というウラガワ
    2020年1月「愛しい南国の怖い話のウラガワ
    2月「ひきつづき東南アジアの怖い話のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     自分が学校を出たのはもうはるか昔の昭和のことだし、子ども達だって社会人になっている。でも、三月が来ると別れの季節、卒業式の月だと切なくなる。

     翌月は新たな出会いと出発の多い四月だから、どこか希望に満ちた別れの月。でも、何かをちょっと引きずっている物悲しさがある。今月は、そんな気分をテーマにしてみる。

     例によって全編、人物名はすべて仮名、あらゆるところに微妙な脚色を加えてある。

                        ※ 

     ものすごく強固な思想や意志ではないが、親しい人と直接のやり取りができるLINE以外、SNSはやってない。もちろん、SNS自体もそれを好きな人も否定などしない。
     身近にも、SNSがきっかけで結婚したり、素晴らしい友情を結べた人もいるし、人気や自信や生きる希望を得た、仕事に結びついた、本を出せた、なんて人もいる。

     けれど、いいことばかりではない。友人知人には、ストーカーに遭った、ツイッター上の喧嘩で訴訟沙汰になった、身元を暴かれて会社に居づらくなった人などもいる。

     あと有名人の場合、「作品は素晴らしいのに、本人があんな意地悪で偏見の塊だったなんてイメージダウン」「SNSをやってなければボロが出ず、立派な人として生涯を終えられたのにねぇ」となることも少なくない。

     有名無名は関係なく、良くも悪くもリアルとネットで人格や性格が別人になる人、というのもかなりいる。車の運転をさせると別人になる人、ってのは昔からいたが。

     さて、同世代で同業者の梨子さんは、リアルでもSNSでも理知的で陽気な人だけれど。あるとき話の流れで、かなり昔アイドルだった芸能人の名前をつぶやいた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。