• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 第199回 去年に縁があったあれこれのウラガワ(1)

    2019-01-05 21:15
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第199回 去年に縁があったあれこれのウラガワ(1)


    ◆もくじ◆

    ・去年に縁があったあれこれのウラガワ(1)

    ・最近の志麻子さん 
     1月に『シマコの週刊!?宝石 』光文社文庫より発売
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    謹賀新年。新たな年もどうぞよろしくお願いいたします。

    故事に習うのも、よりよい未来につながる……とのことで、今月は去年のあれこれを振り返ってみます。
    去年のまだ暑さが残る時期、あるイベントで主催者に「地元の友達」という男性を紹介された岩井さん。
    彼には、十年以上刑務所に服役した過去があるという。罪状は、傷害致死。
    刑務所内での話などをいろいろ聞いて考えたのは……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ
    6月「『有名な男の女』だった二人のウラガワ
    7月「怪談の季節! ゾッとする実話なウラガワ
    8月「嘘と本当のあわいの怖い話のウラガワ
    9月「大人になりきれない人達のウラガワ
    10月「ベトナム旅行チン道中のウラガワ
    11月「しみじみしんみりな出来事のウラガワ
    12月「来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     謹賀新年。新たな年の幕開け。来年の事をいえば鬼が笑う、という諺がある。
     将来のことなど予測がつかないのに、あれこれいってもどうにもならない。のんきに夢みたいな未来の話などしていれば、鬼にも笑われる。といった意味合いだ。

     では、予測のつかない未来と違い、もう確定してしまった過去のことをあれこれいうのはどうか。去年のことをいえば、鬼ではない別の何者かが笑ったりするのか。
     過ぎてしまったことは仕方ない。いつまでも昔のことに囚われていては、それこそ明るい未来にまっすぐ進めない。それは、本当だ。
     とはいうものの過去を反省する、故事に習うのも、よりよい未来につながるのも確かだ。

     そんなこんなで今月は、去年のあれこれを振り返ってみる。全編に渡って登場人物はすべて仮名、背景などにも手を加えてあるのを先にお断りしておくのも、去年と同じだ。

                       ※

     あれは去年の、まだ暑さの残る時期だった。ある地方のイベントにゲストで呼ばれたとき、主催者に「地元の友達」だという同世代の男性を紹介された。
     雨崎と名乗る彼は大柄だけれど威圧感はなく、大人しい巨大な草食動物を思わせた。穏やかな物腰としゃべり方で、服装も持ち物もごく普通だった。

     しかし彼には、刑務所に十年以上も服役した過去があった。
     本人ではなく、先に主催者から聞いた。罪状は傷害致死。

    「ここんとこ、重要ですよ。雨崎は殺す気はなかった。集団で敵対する不良グループと乱闘になって、気がついたら相手側が一人死んでたんです。
     雨崎はあくまでも半グレ。街の不良グループの一員で、暴力団の組員ではなかった」
     主催者はさかんに、雨崎はヤクザでも殺人者でもないと強調した。それは、事実だ。正式にナントカ組に所属したことはなく、罪状も殺人ではなく傷害致死。

     不良同士のケンカ。とはいうものの、まさに堅気の人々から見れば半グレもヤクザみたいなもんだし、相手を死なせているなら殺人と見てしまうのは仕方ない。
     私も世間からはあまり真面目な良い人とは思われてないが、それでも基本は普通のオバサン。雨崎は元ヤクザの殺人者、と私の中のデータベースにはインプットされた。

     それでもけっこう真剣に考え、迷った。ばりばりの殺意満々の殺人はおいといて、傷害致死と殺人未遂は、どっちをやった人がより恐ろしいのか。
     もし私が刑務所に入ることになったとして、同じ房にどちらが居た方が怖いか。
     前者は相手を死なせているが、殺意はなかった。後者は相手は死ななかったが、殺す気
    満々だったわけだ。後者の方が怖いか、やっぱり。

     さらに想像を進めれば、私の人生にどっちがあり得るかといえば、前者だ。いくらなん
    でも、どんなに憎い奴がいても、殺す、という選択肢はない。
     でも、襲われて夢中で抵抗もしくはやけくそで反撃したら、やりすぎてあっちが思いが
    けず命を落としてしまったとか、それはあるかもしれない。

     ともあれ雨崎は過去については、イキッて武勇伝にするのでもなく、悪ぶって私を威嚇するのでもなく、逆に更生した良い人に見せようと御立派なことをいったり、変なサービス精神を発揮したりもしなかった。

    「ぼくはヤクザじゃないけど、今もそっちの友達もいることはいるんですよ。最近の若い奴らはみんなツイッターが大好きで、ツイッターでケンカしまくってるって。あともちろん、ゲームも大好き。基本、組事務所って待機ばっかりで暇だから。
     そんなこんなで、若い奴らはリアルのケンカはしなくなってるんです」
     といった、それこそ妙にリアルな苦笑がもれるような話をぽつぽつとしてくれるだけだった。だから私も、さすがに傷害致死事件については突っ込めなかったが、刑務所ってどんな感じでしたか、とは聞けた。

    「とにかく、暇なんですよ。作業もあるしいろいろ規則で縛られてるけど、何もしない時間もある。シャバにいたらいろいろと娯楽も暇つぶしもあるけど、刑務所だと同房の奴としゃべるか、あとは本読むくらい。
     だから、チン×に真珠入れしちゃう。見つかったら処罰されるけど、やる奴は後を絶たない。あれってほんと、暇だからやるんですよ」
     
  • 第198回 来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ(3)

    2018-12-31 11:00
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第198回 来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ(3)


    ◆もくじ◆

    ・来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ(3)

    ・最近の志麻子さん 
     1月に『シマコの週刊!?宝石 』光文社文庫より発売
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    いよいよ今年も終わりですが、やっぱり来年に持ち越し、というものごとも多いもの。
    前回前々回と書いてきたアヤさんのほかにも、来年も引きずりそう、という人たちがいる。

    ゴー太と名乗る、岩井さんと同世代の女性。だが自認は男性で、そしてゲイ。そしてさらにアヤと同じく、自称アーティスト。
    ゴー太はある女性漫画家に妙な執着をみせるようになってきて……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ
    6月「『有名な男の女』だった二人のウラガワ
    7月「怪談の季節! ゾッとする実話なウラガワ
    8月「嘘と本当のあわいの怖い話のウラガワ
    9月「大人になりきれない人達のウラガワ
    10月「ベトナム旅行チン道中のウラガワ
    11月「しみじみしんみりな出来事のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     今年も終わりの十二月。でも、あれもこれもやっぱり来年に持ち越し、引っ張る、いつまでも終わらない、ということは多い。

     だから今月は、解決できないまま、区切りをつけられないまま、今年を終えてしまうという話を書くつもりだった。思いがけず一回と二回、同じ人を続けて書いてしまった。

     その人もまた今回も来年も引きずりそうだが、他にもそんな人達はいる。

                        ※

     前回、前々回と書いたアヤなる人物。オッサンだが、自認は美少女のレズ。親に食べさせてもらっている無職の引きこもりだが、自称天才芸術家。

     自認も自称も、罪に問われない範囲でちんまり収まっていればいいのだが。
     ぼくは女でレズだから安心してと女をエロ目的で追い回したり、芸術家であるのを認めてくれない人をツイッターなどでからんで罵倒したり、わりと迷惑な人になっている。

     私もちょっとだけ接触したら、何やらいろいろ過大な期待を抱かせてしまった。

     そんな彼の「ぼくは美少女のレズ」を、彼にからまれた女性の夫が「童貞が妄想をこじらせただけ」と切り捨てた。そこのところは、私にはなんともいえない。わからない。ただ、アヤは不安定な女装をして私の前に現れたという事実があるだけだ。

     そんなアヤとは何の関係もないが、どうしてもアヤを思い出してしまう人がいる。

     ゴー太と名乗るその人は、私と同世代のオバサンだ。見た目も、そこら辺にいくらでもいそうな小太りのオバサン。

     しかしゴー太の自認は男、そしてゲイなのだった。生まれつきの性ではない性を自認した上で、同性愛者。そして自称アーティスト。ここのところがアヤと同じだ。

     とはいえ、アヤと似て非なるこういった状態の人には今まで会ったことがなかったので、へえ~、いろんな人がいるなぁ、私なんか本当に何のひねりもないシンプルなスケベだわ、としみじみした。

     しかしゴー太をよく知る人が、こんなふうに評した。
    「ゴー太は確かに男が好き。今も夫といっていい人と一緒に暮らしてて、生活費も夫が出してる。傍からは、普通の中年夫婦なんだよね。
     でも本人は、男同士と思ってる。なんたってゴー太は、自分以外の女がみんな嫌い。さらに、自分が女であるのも許せない。
     男に憧れ、男を理想化し、だから自分も男になりたい、そして男を愛したい、男として男に愛されたい。なんというか、性自認が現実と不一致だの不適合だのではなく、妙な男尊女卑思想に凝り固まってんの。
     女なのに女嫌い、ってのはわりといるけど、ゴー太みたいにはならないよね、普通。
     そもそも肝心の夫さんは、普通にゴー太を女として見ているよ」

     そのままなら、別に誰も傷つかず不幸にならず事件も起きず、だったのに。
     メジャー誌にはあまり描いてないが、同人誌の世界では知られた夕里という女性漫画家に妙な執着を見せるようになった。たまたまゴー太は夕里を一方的に見かけただけなのに、ゴー太の感覚では会った、となったようだ。
     
  • 第197回 来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ(2)

    2018-12-30 21:45
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第197回 来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ(2)


    ◆もくじ◆

    ・来年まで引きずりそうなアノ人のウラガワ(2)

    ・最近の志麻子さん 
     1月に『シマコの週刊!?宝石 』光文社文庫より発売
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    前号にひきつづき、トークイベントで再会したアヤさんの話。(登場人物はすべて仮名です)
    客として来ていた女装男性・アヤであったが、もともとは岩井さんの知り合いの歌手・奈美さんのファンだった。
    以前は「何者かになるかも」とも感じさせたアヤだったが、五年の間に悪い方向に変貌していた。
    しかしなぜアヤのことが気になるのかと、我が身を振り返る岩井さんだったが……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ
    6月「『有名な男の女』だった二人のウラガワ
    7月「怪談の季節! ゾッとする実話なウラガワ
    8月「嘘と本当のあわいの怖い話のウラガワ
    9月「大人になりきれない人達のウラガワ
    10月「ベトナム旅行チン道中のウラガワ
    11月「しみじみしんみりな出来事のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     十二月になっても、きれいさっぱり今年のことを片付けられるものではない。来年に持ち越しどころか、ずっと何年も引きずり続けている物事や人は少なくない。

     という気分を、今月は書いてみようと思っていた。前回にも書いた、五年前は見た目も中身もまあまあ可愛かったのに、再会したらどちらも悪い方に変貌していたアヤ。

     今回は、彼もまた自分自身だけでなく、岩井志麻子をずっと引きずっていた話の後編だ。

                        ※

     毎日のようにラインのやり取りもするし、ときどき飲みに行ったりもする歌手の奈美エヴァさんだが、アヤのことを話題にしたことはなかった。

     もともとアヤは、奈美さんの追っかけだったのだ。だから、この前の私のイベントにアヤが来てヤバかったという話をしたら、
    「うわ、アヤやっぱりヤバいな。実は私のツイッターにも、志麻子さんのイベントの前後にいろいろからんできてた。ごめんね、いっておけばよかった。
     ダイレクトメッセージでもわけわかんない罵倒してきたから、ブロックしたの」
     といったことをいわれ、五年の間にこっちはすっかり忘れきっていたアヤが、私のことを強く思い続けていた上に、別物に変貌していた経緯を知った。

     気を遣う奈美さんははっきりいわなかったが、だいたい推察できた。
     アヤは私のライブに来る前に奈美さんに、岩井に直々に招待されたくらいの勢いで行くとダイレクトメッセージし、岩井に逃げられたことをまるで奈美さんのせいであるかのような八つ当たりをしたのではないか。