• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 第318回 心残りな事件の男たちのウラガワ(3)

    2022-04-30 22:00
    194pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~

    ◆もくじ◆

    ・心残りな事件の男たちのウラガワ(3)

    ・最近の志麻子さん 
     5/8(日)「オメ★コボシ69」開催
     公式アパレルグッズ発売中!
     『遊星王子』「日テレプラス」で連ドラ放送
     5/6(金)公開の映画『死刑にいたる病』に出演
     「夕やけ大衆」で「四畳半ホラー劇場」を連載中
     『でえれえ、やっちもねえ』角川ホラー文庫より発売中

     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    自分とは全然関係ない昔の事件なのだけれど、なんだか気になるエピソードの男たち。

    ずっと折り合いの悪かった養父母を殺し、身籠っていた恋人を放って東京に逃げた男。
    潜伏生活にも疲れていたところで、別の男を殺してその人物になりすましたのだが、驚くことにその別人として就職し、結婚までしてしまう。
    ところがその後、ある事情で焦った男は、また別の殺人を犯すことになり……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~20年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2021年1月「ゆるく共存していくことを考えさせられるウラガワ
    2月「いつの間にか入り込む怖いもののウラガワ
    3月「もはや共存するしかないあれこれのウラガワ
    4月「変わらぬもの、変わりゆくもののウラガワ
    5月「子どもっぽい大人、大人になっても子どもな人のウラガワ
    6月「ドライになり切れないウェットな物事のウラガワ
    7月「ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ
    8月「夏といえばの怖い話・奇妙な話のウラガワ
    9月「歳を取れば大人になれるわけではないウラガワ
    10月「この歳になって初めて知ることもあるウラガワ
    11月「「どこで逸れたんだろう」と考えてしまうウラガワ
    12月「人生そのものがお楽しみ会のウラガワ
    2022年1月「まだ楽観視できない未来を思うウラガワ
    2月「記憶が混乱するアレコレのウラガワ
    3月「どうしても心残りなウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     花見も、できなくはないのだ。マスクして、ひっそりと少人数で距離を保ち、お酒は飲んでも控え目にしていれば。

     しかし、そんな気を遣って花見して楽しいか。この御時世、いろいろ気を遣わなきゃならない、というのもわかっている。わかっている、けれど。

     あきらめと虚しさと、でも希望や明るい展望もある四月。春めいてきた先月は、妙に心に引っかかり続けている女達を書いてみた。春とも自分自身とも、何の関係もない女達。

     そこまで有名な事件ではない、でも怖い物語がある女達。今月は、それの男版を書いてみた。こちらも、そこまで犯罪史に残る大事件の男達ではない。関係者を除けば、風化していった市井の事件だ。映像化も書籍化もされず、私が根強く興味を持つくらいだ。

     生き残った関係者は、今年も花見ができなかったねと、誰かにささやいているか。

                        ※

     この事件は、私も生まれていない七十年近く昔に起きたものだ。
     田野という中国地方で生まれた二十七歳の男は、ずっと折り合いの悪かった養父母を殺し、身籠っていた恋人も放って東京に逃げる。

     翌年、潜伏生活にも疲れていたところに、中村という五歳年下の男と知り合う。
     中村から身分証明書を買い取った田野は、中村を故郷の近くの町に連れて行き、殺害する。中村は身元不明の無縁仏として、荼毘に付された。

     田野は、中村になりすますことに成功した。素知らぬ顔で東京に戻り、中村として就職し、なんと結婚までしたのだ。もちろん妻は、彼を中村だと信じていた。

     ところがその翌年、泥棒目的ではなく所用で田野は他家に入ったのだが、ついそこにあった正露丸を盗んでしまい、家人に通報された。

     その日のうちに釈放されたが、警察で指紋を取られてしまった。
     養父母殺しの現場に多数残されていた息子、つまり田野の指紋と、中村と名乗る男の指紋が同一であるとばれたら、終わりだ。そこから、中村殺しまでがばれてしまう。

     焦った田野は、たまたま知り合った三歳年上の仁科に目をつける。関東の町に連れ出して殺害し、指紋を削り取った上で遺体を捨て、その遺体が中村(正確には、中村を名乗る田野)であるよう工作をする。そして自分は、今度は仁科になりすました。

     ところが遺体の指紋を完全に消しきれておらず、身元が仁科であると判明してしまった。仁科が最近、何者かに身分証明書を売っていたことも判明する。

     そして、警察はついに養父母殺しの田野と、正露丸を盗んだ中村と名乗る男の指紋が同一であるのを突き止めた。

     
  • 第317回 心残りな事件の男たちのウラガワ(2)

    2022-04-30 21:00
    194pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~

    ◆もくじ◆

    ・心残りな事件の男たちのウラガワ(2)

    ・最近の志麻子さん 
     5/8(日)「オメ★コボシ69」開催
     公式アパレルグッズ発売中!
     『遊星王子』「日テレプラス」で連ドラ放送
     5/6(金)公開の映画『死刑にいたる病』に出演
     「夕やけ大衆」で「四畳半ホラー劇場」を連載中
     『でえれえ、やっちもねえ』角川ホラー文庫より発売中

     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    なんだか気になる昔の事件の男たち。
    およそ40年前のこの殺人事件は、前回同様、「男が女に嘘をついたこと」が発端だ。

    結婚して間もなく、今のうちに土地を買っておくために妻の親からもらった大金を、男は使い込んでしまう。
    しかし、そのことをずっと言い出せなくて……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~20年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2021年1月「ゆるく共存していくことを考えさせられるウラガワ
    2月「いつの間にか入り込む怖いもののウラガワ
    3月「もはや共存するしかないあれこれのウラガワ
    4月「変わらぬもの、変わりゆくもののウラガワ
    5月「子どもっぽい大人、大人になっても子どもな人のウラガワ
    6月「ドライになり切れないウェットな物事のウラガワ
    7月「ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ
    8月「夏といえばの怖い話・奇妙な話のウラガワ
    9月「歳を取れば大人になれるわけではないウラガワ
    10月「この歳になって初めて知ることもあるウラガワ
    11月「「どこで逸れたんだろう」と考えてしまうウラガワ
    12月「人生そのものがお楽しみ会のウラガワ
    2022年1月「まだ楽観視できない未来を思うウラガワ
    2月「記憶が混乱するアレコレのウラガワ
    3月「どうしても心残りなウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     ぱあっと花見が楽しめない四月も、三度目だ。もはや自粛にも慣れた、いや、慣らされてしまったが、桜は無常に美しい。何かが新たに始まる予感を抱えつつ、何かやり残した、何か心残りがある、そんな春風が吹く。

     さて先月は、春にも自分にもあまり関係ないけれど、春になってなんだか気になる昔の事件の女達、を書いてみた。今月は、その男版だ。

                        ※

     この事件は、およそ四十年前、私がまだ高校生の頃に起きた。前回の話と共通するのは、男が女に嘘をついたことが発端、というものだ。

     ただ前回の事件は、男と女は元は単なるペンフレンドで、直接には二度しか会ってない。今回の事件は、男と女は二十年以上も夫婦であり、嘘も二十年に渡っていた。

     結婚して間もなく安道は、妻である奏江の親に、今のうちに土地を買っておきなさいと大金をもらう。しかし株に夢中になっていた安道は、その金をすべて株の購入に充ててしまった。結局、株では損失を出してしまい、土地など買えなかった。

     なのに妻やその親には、近県の土地を買ったと嘘をついた。実に嘘をつき続けて二十年が経った頃、奏江が家を新築したいから土地を売ろうといい出した。奏江の計算によると、二十年経って土地は値上がりし、二億円を超えているはずだという。

     最初は安道も、「うちはまだ、そんな古びていない」だの誤魔化し続けていたが、奏江は新しいマイホームを夢見て、てきぱきと話を進めていった。

     新居の設計図ができあがると、あっという間に見積書もでき、工事中に仮住まいをするマンションまで契約してしまった。すでに、新築工事も始まろうとしていた。その間、安道は本当のことをどうしてもいい出せなかった。

     
  • 第316回 心残りな事件の男たちのウラガワ(1)

    2022-04-30 20:00
    194pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~

    ◆もくじ◆

    ・心残りな事件の男たちのウラガワ(1)

    ・最近の志麻子さん 
     5/8(日)「オメ★コボシ69」開催
     公式アパレルグッズ発売中!
     『遊星王子』「日テレプラス」で連ドラ放送
     5/6(金)公開の映画『死刑にいたる病』に出演
     「夕やけ大衆」で「四畳半ホラー劇場」を連載中
     『でえれえ、やっちもねえ』角川ホラー文庫より発売中

     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    前回まで綴ってきた「心残り」な事件たち。
    それらの主役はみんな女性だったが、もちろん男たちの事件でも、数々の「心残り」を感じている。

    昔は雑誌に文通コーナーがあって、見知らぬ人との出会いの場になっていた。
    まだ携帯やパソコンがない時代、それで出会った男女間で事件が起こってしまい……。

    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~20年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2021年1月「ゆるく共存していくことを考えさせられるウラガワ
    2月「いつの間にか入り込む怖いもののウラガワ
    3月「もはや共存するしかないあれこれのウラガワ
    4月「変わらぬもの、変わりゆくもののウラガワ
    5月「子どもっぽい大人、大人になっても子どもな人のウラガワ
    6月「ドライになり切れないウェットな物事のウラガワ
    7月「ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ
    8月「夏といえばの怖い話・奇妙な話のウラガワ
    9月「歳を取れば大人になれるわけではないウラガワ
    10月「この歳になって初めて知ることもあるウラガワ
    11月「「どこで逸れたんだろう」と考えてしまうウラガワ
    12月「人生そのものがお楽しみ会のウラガワ
    2022年1月「まだ楽観視できない未来を思うウラガワ
    2月「記憶が混乱するアレコレのウラガワ
    3月「どうしても心残りなウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===


     四月といえば、なんたって花見。それが忌々しい新型肺炎のせいで、2020年から大っぴらにできなくなってしまった。
     桜の下でべろんべろんに酔ってご機嫌で大勢で騒いだ昔日の春は、もうめぐって来ないのだろうか……能天気な私も、いろいろ大人しくならざるを得ない。

     さて、大好評につき、というわけでもないが、今月は先月の続きみたいな雰囲気でまとめてみる。先月は、春にも自分にも関係ないのに、何か春のモヤモヤを感じさせる心残り、みたいなものを書いてきた。改めて読み返してみると、主役がみんな女性だった。 

     そんなこんなで今月は、男を主役に据えてみる。先月と同じく、私には直接の関係がないのに、何か失われた春のように胸の中に霞む景色を見せてくれる男達だ。これも先月と同じく、登場人物は全編に渡って仮名か匿名で、背景にもちょっと脚色を加えてある。

                        ※

     携帯電話、パソコンなど影も形もない時代、雑誌に文通コーナーなるものがあった。平成生まれには信じられないだろうが、住所も実名もすべてばっちり掲載されていた。

     今現在のネット、スマホでも、見知らぬ人といきなり繋がれて会えたりする。昔よりもお手軽に、より多くの人と。とはいえ、誰もが閲覧できるところに公人、有名人でもない人達が個人情報を丸出しにしていたのは、昭和も遠くなりにけり、ってな感慨を抱く。

     私は雑誌の文通も、SNSの出会いも、本当にやったことがない。ものすごく警戒心が強い、というのではない。旅先で出会った見知らぬ人と一晩だけのお付き合いなんてのも、毎回とまではいかないが、そこそこ楽しんできたし。

     私はたとえ初対面でも、名前も素性もわからなくても、今目の前にいる、というだけで無防備におもしろがってしまう。最初に写真や声だけ、あるいは画面越しの動画では、なんとなくごちそうではなく、食品見本を見せられている気分になるのだわ。

     もちろん、ペンフレンドだのメル友だの出会系だの、それらを楽しむ人達を否定する気は全然ないし、そこで素晴らしい友達や恋人、配偶者と巡り会えた人達も知っている。 

     とはいうものの、出会い系やネットゲームで出会った人に直接会ってひどい目に遭った、事件に巻き込まれた、というニュースも定期的に見させられてしまう。

     表に出ていないヤバいあれこれも、もっとあると想像するが、いいこともいい人との出会いもまた、私の想像以上にあるらしい。

     携帯やパソコンがない時代も、やっぱりそういうことはあった。いいことも悪いことも。
     この事件は、私が小学生の頃に起きているから、相当な昔だ。リアルタイムでニュースを見た記憶はないが、後で何かで読んで強く印象に残っている。

     当時37歳の郁夫は、独身の一人暮らし。東京のラブホテルで清掃係をする彼の趣味は文通で、各地の女性と手紙のやり取りをしていた。その中に、19歳の裕子がいた。

     高校を出て大阪で就職したばかりの裕子は、一度も会ったことがなく、写真も見ていない郁夫に恋をしていた。というより、恋に恋していたのだ。

     郁夫は25歳と一回りもサバを読み、東京の有名ホテルの営業部長だなどと、嘘に嘘を重ねていた。なのに裕子に、会おうと誘ってしまう。裕子はちょっとだけ年上の素敵な彼を胸に描いて、大阪から出てきてしまった。

     想像していた人とは全然違う郁夫に驚き、戸惑ったはずだが、裕子は郁夫と都内をデートし、夜は新宿の安ホテルに泊まった。けれど大阪に戻った裕子は、もう会うことも文通もやめたい、という内容の手紙を出す。幻滅と、怒りもあったはずだ。

    「次からは、正直に接します。裕子さんは、きっとぼくを受け入れてくれるでしょう」
     郁夫はそんな返事を送ったが、無視されたので大阪まで出向く。たどり着いたアパートで裕子にきっぱり断られ、逆上した郁夫は部屋に上がり込むと台所の包丁で裕子を刺すのだ。その後、郁夫は近県の線路を走る電車に飛び込んでしまった。