• このエントリーをはてなブックマークに追加
第290回 ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ(2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第290回 ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ(2)

2021-07-31 21:00

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第290回 ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ(2)

    ◆もくじ◆

    ・ホラーの夏なので怖い怪談実話なウラガワ(2)

    ・最近の志麻子さん 
     8/2(月)配信トークイベント「それぞれの”ヤバい”歌舞伎町百景」出演
     【配信版】月刊オメ★コボシ 7月号  アーカイブ配信中
     【配信版】月刊オメ★コボシ 8月号  8/13(金)開催
     徳光正行さんとの共著『凶鳴怪談 呪憶』発売中
     『でえれえ、やっちもねえ』角川ホラー文庫より発売中
     万年アクリルカレンダー再販中
     2/25発売『再生 角川ホラー文庫ベストセレクション』に作品収録。重版!
     映画『遊星王子2021』に出演 8/27公開!
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中

     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    夏まっさかりの7月。
    新作ホラー小説『でえれえ、やっちもねえ』も発売されたことだし、怪談特集!
    『でえれえ~』は創作の小説だが、ここでは実話の怪談エピソードをお届け。

    タイのバンコクにある、よく知られている幽霊ホテル。心霊写真を撮ろうとしたら新品のデジカメが壊れた。当時ガラケーで撮った写真をあらためて見てみたら……。

    バカなエロ話と笑うこともできるかもしれないが、仲良しの芸人カズくんから聞いた話。合コンでAV女優に会って帰宅したあと、PCでよく観るサイトを開いたら……。

    知り合いのある大富豪が外国に宿泊した時の話。接待してくれた取引先の相手が、頼んでもいないのに女性を寄越してきたのだが……。

     

    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~19年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2020年1月「愛しい南国の怖い話のウラガワ
    2月「ひきつづき東南アジアの怖い話のウラガワ
    3月「どこか心残りの別れのウラガワ
    4月「未経験な世の中のあれこれのウラガワ
    5月「「あの人実は」「あの人やっぱり」のウラガワ
    6月「アマビエ的なものや人のウラガワ
    7月「怖い話をエンタメとして楽しみたいウラガワ
    8月「どこか楽しめる怖い話のウラガワ
    9月「エンタメとして味わいたい人の怖さのウラガワ
    10月「いい大人なのに未経験のウラガワ
    11月「まだ猶予があるのかもという気分のウラガワ
    12月「私なりに引っかかる物事のウラガワ
    2021年1月「ゆるく共存していくことを考えさせられるウラガワ
    2月「いつの間にか入り込む怖いもののウラガワ
    3月「もはや共存するしかないあれこれのウラガワ
    4月「変わらぬもの、変わりゆくもののウラガワ
    5月「子どもっぽい大人、大人になっても子どもな人のウラガワ
    6月「ドライになり切れないウェットな物事のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     子どもの頃から、私は夏を七月からだと思っている。たぶん、夏休みが始まる月だからだ。子どもの頃は、夏休みになると怖い話の載った本を買ってもらえ、テレビでも幽霊話や心霊写真の特集が組まれ、夢中になった。

     そんなわけで七月は、怖い話特集だ。ちょうど、私のホラー小説の新刊『でえれえ、やっちもねえ』も出たばかりだし。新刊は創作怪談だが、ここでは実話怪談を取り上げる。

                        ※

     なんとなく昔の写真を探していて、まだ通話用に持っているガラケーの中にあったそれを見つけた。もう、十年くらい前に撮ったものだ。

     タイのバンコクに、かなり以前から知られた幽霊ホテルがあり、仮にRホテルとしておく。私はなんとか心霊写真を撮りたいと願い、新品のデジカメを持ってタイに飛んだ。そしてRホテルにたどり着き、意気揚々とシャッターを切ったら。

     瞬時に壊れてしまった。実話だ。ショックだったし怖かったが、とりあえずガラケーでも何枚か撮った。幽霊らしきものは、映っていなかった。

     泊まっているホテルに戻り、ベランダで自撮りをしてみた。その写真を改めて眺めてみれば、左足が膝下からすっぽり消えているではないか。

     写真を撮った当時は、気づかなかったのか。後から、徐々に消えていったのか。その辺りは、曖昧だ。いずれにしても、十年の間に左足を怪我したとか、病気になったとか、そのようなことは何もない。

     撮影した当時は離れて住んでいた息子に、さっき初めてその写真を見せたら。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。