• このエントリーをはてなブックマークに追加
NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.88
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.88

2017-05-02 09:00

    2008年 ツアー・オブ・ジャパン 奈良ステージ

    ■2008年の参加チーム

    [海外チーム]
    スキル・シマノ(オランダ)
    Aスタイルソムン(キプロス)
    NIPPO・エンデカ(サンマリノ)
    ソウルサイクリング(韓国)
    サウスオーストラリアドットコム・AIS(オーストラリア)
    ステッグコンピューター・CKT・コジェアス(スイス)
    トレック・マルコポーロ(中国)
    ムロズ・アクション・ユニカ(ポーランド)

    [国内チーム]
    梅丹本舗・GDR
    チームブリヂストン・アンカー
    愛三工業レーシングチーム
    マトリックスパワータグ
    パールイズミ・スミタ・ラバネロ
    チームコムレイド・ジャイアント
    なるしまフレンド
    チームJBCF

    ■栗村コメント
    続く奈良ステージもオーストラリア勢が制します。優勝を飾ったウェズリ・サルツバーガー選手は、翌2009年からフランスの名門フランセーズデジュからプロデビューし、2012年からはオリカグリーンエッジに移籍。合計5シーズントップチームに所属し、ツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャにも出場しました。
    また、韓国期待のクライマー、ゴンヒョソク選手もステージ4位に入り密かに注目を集めました。

    2008年 ツアー・オブ・ジャパン 奈良ステージ
    レース前半に16名が抜け出し、先頭集団を形成

    2008年 ツアー・オブ・ジャパン 奈良ステージ
    最終周回サウスオーストラリアドットコム・AISのウェズリ・サルツバーガー選手とキャメロン・マイヤー選手が飛び出し、それをNIPPO・エンデカの井上和郎選手が追いますが、
    サウスオーストラリアドットコム・AISの2人が逃げ切り、サルツバーガー選手がステージ優勝を決めました。

    2008年 ツアー・オブ・ジャパン 奈良ステージ
    ■「NEXT TOJ 〜TOJ歴史を振るかえる〜」とは……
    今年でツアー・オブ・ジャパンは第20回大会を迎えます。
    国内でも有数の歴史を誇る、TOJをみなさんに楽しんでいただければと思い、写真と共に振り返ります。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。