• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

30年という月日~ 「追憶のファミコン」 (中篇) 25歳の僕
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

30年という月日~ 「追憶のファミコン」 (中篇) 25歳の僕

2013-08-29 12:31

     

    親のカネで大学生という自由を謳歌したが大学4年生になり、そろそろ自分の人生を決めなきゃいかんなと思い、プロのミュージシャンとして才能がないことを自覚した。


     

    かつてはバンドマンとか音楽プロデューサーとして生きていけたらカッコいいなんて思っていた自分がいた。結局あきらめきれずに、音楽関連の仕事がしたいと思い立ち、初夏になってやっと就職活動をし始めた僕が内定をもらうことができた会社は銀座にある「山野楽器」株式会社と、新宿区四谷の文化放送(当時・現在は浜松町に移転)のなかにオフィスを構えるアポロン音楽工業株式会社のふたつでした。


     

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。