• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

PLANETSチャンネルでできること

宇野常寛が主宰するPLANETSのウェブマガジンです。政治からサブカルチャーまで独自の角度と既存のメディアにはできない深度で情報発信しています。
▶メールマガジン(Daily PLANETS)
毎平日の朝7時に新規記事を配信しています。さらに、これまで配信した1800本以上の記事もすべて読み放題です。

▶動画配信
対談番組「遅いインターネット会議」をはじめ、実況配信や感想戦など、幅広いジャンルの番組を(ほぼ)毎週お届けしています。さらに、これまでに放送した1400本以上の動画も見放題です。

実況・世界の真実を語る感想戦

動画が見つかりませんでした。

メルマガ

  • Daily PLANETS 2021年4月第3週のハイライト

    おはようございます、PLANETS編集部です。 さて、今朝は今週のDaily PLANETSで配信した4本の記事のハイライトと、これから配信予定の動画コンテンツの配信の概要をご紹介します。 女優ののんさんが表紙を飾る新刊『テレビドラマクロニクル 1990→2020』から、『あまちゃん』をめぐる一節を無料公開。さらに山本寛さんによる『シン・エヴァンゲリオン』論から、日本のゲームコンテンツも売買される地中海の非正規市場の探訪まで、さまざまな注目記事を発信しました。 今週のハイライト 4/12(月) [特別無料公開]『あまちゃん』という2010年代ドラマのビッグバン|成馬零一 現在先行発売中の成馬零一さんの新著 『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 からのピックアップをお届け。今回は本書の表紙を飾る女優・のんさん主演の2013年の作品『あまちゃん』をめぐる論考の一部を特別無料公開! クドカン初の朝ドラであり、社会現象を巻き起こした本作は「震災」という厳しい現実に対して、時に不謹慎だと言われかねない「笑い」を巧みに折り込み、虚構の力で打ち勝とうとした力作でした。 【成馬零一さん最新刊、PLANETS公式オンラインスト...

    2日前

  • イスラエルのダウンロード・バレーとモロッコのデルブガレフ・バレー 地中海インフォーマル経済とイノベーション|佐藤翔

    国際コンサルタントの佐藤翔さんによる連載「 インフォーマルマーケットから見る世界──七つの海をこえる非正規市場たち 」。新興国や周縁国に暮らす人々の経済活動を支える場である非正規市場(インフォーマルマーケット)の実態を地域ごとにリポートしながら、グローバル資本主義のもうひとつの姿を浮き彫りにしていきます。 今回は、有史以来さまざまな文化圏が交錯してきた地中海の東側・イスラエルのITスタートアップたちが跳梁するオンラインの非合法市場「ダウンロード・バレー」と、西側・モロッコ最大のインフォーマルマーケット「デルブガレフ」を紹介します。片やハイテク中のハイテクでグローバルビジネスを展開、片やローテクの掘っ立て小屋で北アフリカのIT産業の裾野を広げている二つの「バレー」の実態に迫ります。 佐藤翔 インフォーマルマーケットから見る世界──七つの海をこえる非正規市場たち 第4回 イスラエルのダウンロード・バレーとモロッコのデルブガレフ・バレー 地中海インフォーマル経済とイノベーション|佐藤翔 地中海におけるヒト・モノ・カネの移動  ヨーロッパ大陸とアジア・アフリカ大陸に挟まれた地中海。前近代にはバ...

    3日前

  • ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』──「失ってから気づく系男子」の更新形|加藤るみ

    今朝のメルマガは、加藤るみさんの「 映画館(シアター)の女神 3rd Stage 」、第15回をお届けします。 今回紹介するのは『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。夫婦の愛情を描いたフレンチラブコメディです。突然訪れたパラレルワールドで、夫のラファエルが妻との愛情を取り戻そうと奮闘します。 「大切な人を失ってからその愛に気付く」タイプの主人公を「ぬるい男」と一刀両断するるみさんですが、本作の主人公は一味違ったようで……? 加藤るみの映画館(シアター)の女神 3rd Stage 第15回 『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』──「失ってから気づく系男子」の更新形 おはようございます。加藤るみです。 最近は、ドラマに夢中な私です。 今はやっぱり、ディズニー+の『ファルコン&ウィンターソルジャー』が面白くてたまりません! 同じくディズニー+で放送されていたマーベルドラマ『ワンダヴィジョン』のジワジワと面白くなっていく感じも好きだったんですが、あちらは4話くらいまでのシチュエーションコメディパートが、「コレ面白くなるのか?」という忍耐が必要なドラマだったんです。でも、『ファル...

    4日前

  • アニメを愛するための「いくつもの」方法-『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』|山本寛

    アニメーション監督の山本寛さんによる、アニメの深奥にある「意志」を浮き彫りにする連載の第19回。 今回は、旧作のブーム当時、大学のゼミ発表で取り上げるほど『エヴァ』に傾倒していたという山本さんが、満を持して『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を語ります。 自身がアニメ業界に入ってからの一連の新劇場版シリーズには、冷ややかに距離を取ってきたなか、四半世紀を経て誰も彼もが「自分が考えたエヴァンゲリオン」を語る風景を再来させた完結編を、山本さんはどう総括するのでしょうか? 山本寛 アニメを愛するためのいくつかの方法 第19回 アニメを愛するための「いくつもの」方法-『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』 『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)のTVシリーズから『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』(1997)までの一連の『エヴァ』(以下『旧エヴァ』)ブームが巻き起こった時、僕は大学生だった。 大学では美学美術史学のゼミに入っていたのだが、この作品はゼミ仲間の中でも大きな話題となっていた。僕は夢中になって布教に励み、ゼミ発表でもテーマとして取り上げた。 そのゼミ仲間のひとり、アニメにはま...

    5日前

  • [特別無料公開]『あまちゃん』という2010年代ドラマのビッグバン|成馬零一

    今朝のメルマガは、現在先行発売中の成馬零一さんの新著『 テレビドラマクロニクル 1990→2020 』からのピックアップをお届けします。今回は本書の表紙を飾る女優・のんさん主演の2013年の作品『あまちゃん』をめぐる論考の一部を特別無料公開! クドカン初の朝ドラであり、社会現象を巻き起こした本作は「震災」という厳しい現実に対して、時に不謹慎だと言われかねない「笑い」を巧みに折り込み、虚構の力で打ち勝とうとした力作でした。 2013年の『あまちゃん』  連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『あまちゃん』は、宮藤がはじめてNHKで手掛けたドラマだ。チーフ演出は井上剛、チーフ・プロデューサーは訓覇圭。後に『いだてん』を手掛けるスーパーチームの第1作である。  伝統ある朝ドラで、ドラマの王道を目指してみたい。明るく朝が迎えられる喜劇はどうか。作為的に笑わせるのではなく、自然に笑えて楽しい気持ちになれる、たとえば「社長シリーズ」や「駅前シリーズ」のような古きよき喜劇を──(1)  そんなコンセプトを考えた訓覇は、直感的にひらめき、宮藤に脚本執筆を依頼。構想を聞いた宮藤は関心を示し、「地方を描きたい。方言を書いてみ...

    6日前

  • Daily PLANETS 2021年4月第2週のハイライト

    おはようございます、PLANETS編集部です。 さて、今朝は今週のDaily PLANETSで配信した3本の記事のハイライトと、これから配信予定の動画コンテンツの配信の概要をご紹介します。 現在先行発売中の『テレビドラマクロニクル 1990→2020』から一部を無料公開、インターネット以降の中国のオタク文化の分析、そしてお笑い芸人・高佐一慈さんのエッセイと、幅広いカルチャーにまつわる読み物を発信しました。皆さんの新生活のお供になれば幸いです。 今週のハイライト 4/5(月) [特別無料公開]初期クドカンの集大成としての『タイガー&ドラゴン』|成馬零一 現在先行発売中の成馬零一さんの新著 『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 からのピックアップをお届け。今回は衝撃の最終回を迎えた『俺の家の話』が話題の宮藤官九郎・長瀬智也タッグによる2005年の作品『タイガー&ドラゴン』を特別無料公開! 前作『マンハッタンラブストーリー』の失敗からヒットを義務付けられた本作は、第一期クドカンドラマの集大成であると同時に、「笑い」が宮藤官九郎の思想として確立される最初のきっかけでもありました。 【成馬零一さん最新刊、...

    2021-04-09

  • 【お詫びとお知らせ】4/7(水)「Daily PLANETS」記事誤配信について

    平素より Daily PLANETS をご覧いただき、まことにありがとうございます。 去る4月7日(水)のメールマガジンでの配信記事「日本アニメのグローカリゼーション ──アジア国際共同製作の現場から|三原龍太郎」(以下「本記事」)につきまして、PLANETS編集部の手違いにより、著者である三原龍太郎様の了承の得られていない状態の原稿を元にした内容のものが配信されてしまいました。 たいへん申し訳ございませんでした。 本記事の内容及びその配信にまつわる責任はすべてPLANETS編集部に帰するものであり、著者が一切関知するものではありません。 PLANETS編集部といたしましては、本記事を撤回し、後日改めて著者の了承を得た完成版の内容のものを訂正配信する予定です。 このたびは三原様ならびに読者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫びを申し上げます。 今後、このようなことの起こらぬよう、コンテンツ制作体制の見直しと再発防止に努めてまいります。 PLANETS編集部

    2021-04-08

  • 相方がヒーローに見えた日|高佐一慈

    お笑いコンビ、ザ・ギースの高佐一慈さんが日常で出会うふとしたおかしみを書き留めていく連載「 誰にでもできる簡単なエッセイ 」。 今回は、高佐さんがとあるライブ当日に犯した失敗談。パニックに陥る高佐さんを冷静な態度でフォローする相方の尾関さんについて、リスペクトとユーモアを交えながら語ります。 高佐一慈 誰にでもできる簡単なエッセイ 第16回 相方がヒーローに見えた日  戦争、いじめ、不倫、犯罪……。  人は何度同じ過ちを繰り返せば気が済むのだろう。  人間誰しも間違いを犯すことはある。してしまったことは百歩譲ってしょうがない。ただその時に、もうこんなことは金輪際起こすまいと固く決意する。自分を律する。日の光を浴びることすら恐れ多いという気持ちで、重い十字架を背負って生きていくことを自分自身に課し、ひたすら猛省する。  だが、時間は犯した過ちを忘却の彼方へと葬り去る。あんなに固く決意した確固たる思いは、色褪せ、風化し、さもそんな間違いなど一度もしたことがないような状態に舞い戻ってしまう。そして同じ過ちを繰り返すのだ。  この連載の 第3回目 に「『ニーズが無い』という言葉の恐怖」という...

    2021-04-08

  • 国家規制下の初期インターネットで発展した中国アニメコミュニティ|古市雅子・峰岸宏行

    北京大学助教授の古市雅子さん、中国でゲーム・アニメ関連のコンテンツビジネスに10年以上携わる峰岸宏行さんのコンビによる連載「 中国オタク文化史研究 」の第6回。 今回は、2000年代初頭から中盤にかけて日本アニメのテレビ放映が次第に規制されていく一方で、インターネット初期のフォーラムやエリート大学の学生サークルの行動力によって各地に点在していたコンテンツ愛好者たちが接続され、中国全域に「オタク」という存在様式が増殖していくプロセスを辿ります。 古市雅子・峰岸宏行 中国オタク文化史研究 第6回 国家規制下の初期インターネットで発展した中国アニメコミュニティ   前回 、インターネットの普及により、ゲームコミュニティが形成された過程について考察しましたが、同じことがアニメなど他のジャンルにも同時に起こっていました。  テレビアニメと漫画から始まった中国における日本コンテンツはその後、VCDやゲームセンターの普及、情報誌の出現により全国各地に愛好者を増やしてきましたが、「新浪」(sina)、「捜狐」(sohu)、「網易」(Netease)等の2000年代のIT企業を代表する大手ポータルサイトがニュース配信を開始し、...

    2021-04-06

  • [特別無料公開]初期クドカンの集大成としての『タイガー&ドラゴン』|成馬零一

    今朝のメルマガは、現在先行発売中の成馬零一さんの新著『 テレビドラマクロニクル 1990→2020 』からのピックアップをお届けします。今回は衝撃の最終回を迎えた『俺の家の話』が話題の宮藤官九郎・長瀬智也タッグによる2005年の作品『タイガー&ドラゴン』を特別無料公開! 前作『マンハッタンラブストーリー』の失敗からヒットを義務付けられた本作は、第一期クドカンドラマの集大成であると同時に、「笑い」が宮藤官九郎の思想として確立される最初のきっかけでもありました。 2005年の『タイガー&ドラゴン』  2004年に宮藤が手掛けた脚本は、映画は『ドラッグストア・ガール』、『ゼブラーマン』、『69sixty nine』の3作。舞台は大人計画ウーマンリブvol.8 『轟天vs港カヲル〜ドラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになあれ』と、第49回岸田國士戯曲賞を受賞した『鈍獣』の2本と、あいかわらず多方面で活躍していた。  それだけに、04年にテレビドラマの脚本が1本もなかったことは寂しかったのだが、年を明けて、すぐにSPドラマ『タイガー&ドラゴン 三枚起請』(TBS系)が放送されたことは、素直に嬉しかったと同時に、宮藤はまだテレ...

    2021-04-05