• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第153号】虚構新聞友の会会報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第153号】虚構新聞友の会会報

2016-01-10 12:30

    第153号(2016.01.10)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~虚構新聞アーカイブスの話~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会会員のみなさん、遅くなりましたがあけましておめでとうございます。社主UKです。週末いかがお過ごしですか。今月も本紙へのご支援・ご購読ありがとうございます。

     先週はお正月ということで1週お休みをいただきましたが、今週からはまたいつも通り会報を配信していきたいと思います。どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

     さて、年末は冬コミで東京に行ってましたが、そのまま大みそかに帰宅し、例年通り「笑ってはいけない」を見ながら、滋賀にて社員とともに2016年を迎えました。三が日だけは原稿締め切りもメール対応も授業も全く何も考えず、頭の中を真っ白にして過ごしてきましたが、4日からは冬期講習を再開して、そのままの勢いで今日にいたります。

     今回の会報は、タイトルにもあるように、今月1日から何の予告もなく開始した新しいツイッターアカウント「虚構新聞アーカイブス」についてです。詳しくは「流言蜚語」で書いていきますが、このアーカイブスが開始初日から予想以上の反響で、社主としても「こんなに需要があったのか……」と、少し驚いています。

     ▼虚構新聞アーカイブス
      →https://twitter.com/KyokoArchives

     そんなアーカイブスのこと、そして今年の本紙方針については後半にて。

     UK@虚構新聞社

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。