• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【水城恵利】ルースタ天鳳リーグ決勝~勝ちにこだわる姿勢~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【水城恵利】ルースタ天鳳リーグ決勝~勝ちにこだわる姿勢~

2015-12-07 18:43

    皆様こんにちは、水城恵利です。
    先日ルースタ天鳳リーグ決勝が行われ、優勝しましたー!!
     
    これにより、12/20の麻雀オフ会日本一決定戦に出場できる事になりました。
    どなたでも参加できる大会です。
    皆様のご参加お待ちしています!
    【参加・詳細】http://www.cdream.co.jp/777/kaisai/2015/20151220_g.html
     
    さて、天鳳リーグ決勝ですが。
    これまでのポイントは持ち越さず、3回戦の総合ポイントで順位が決まります。
     
     
    【1回戦】
    協会ルールなのでトップを狙いたい所でしたが、2着。
    トップは浅井プロ。

    【2回戦】
    3回戦の短期勝負なので、もう充分条件戦になっています。
    絶対に避けなければいけないのは、浅井プロのトップ。
     
    南1局の時点で私は5万点オーバーのトップ目。 
    こうなると、着順操作がしやすくなります。
    この時、前回3着の太野プロと、浅井プロが、僅差で2着争いをしていました。
    親で何度か役ありテンパイをダマテンにしていましたが、これは太野プロからはアガらないためでした。 
    しかし、まだ南1局で、浅井プロも太野プロも親番があります。
    ここはまだ着順をそこまで気にせず、素点を稼いだ方が良かったかなとも思いました。(特に、三色確定の両面テンパイの局)
     
    そして南三局のこの場面。
     229169380c4616bb21ceda34a34e29b9ec33ff0e

     
    浅井プロがピンズの染め手模様。ピンズは既に余っています。
    中白という切り出しから、清一もあるかという場面です。
     
    私はドラの6mが暗刻になりました。
    ここで1mを切っていきましたが、これはもう対面の親に差し込みに行くべきでした。
    後に差し込みに行くのですが、浅井プロはほぼテンパイなので、一刻の猶予もありません。
     
    そして今回一番ダメだったのが、この局面。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。