• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

12月26日発売『週刊ファミ通』/「『アカとブルー タイプレボリューション』特集」掲載のお知らせ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

12月26日発売『週刊ファミ通』/「『アカとブルー タイプレボリューション』特集」掲載のお知らせ!

2019-12-27 12:00

     ども! イケダミノロックです!

     ななな、なんと今週売り(12月26日発売)の『週刊ファミ通』に『アカとブルー タイプレボリューション』特集が掲載されております! しかも全14ページの大特集だぜ! 凄くね?

    f502582f5b7d6172fa001d37d758bd61db8008e5 9c7d7e74a0b065c3e61ad6e6be3b7755af4905f3

    a939a658880a64bafd0ed83c3d740d707d9d9f56

    46c9f2ab4281495b60bda631c0404b86fef3cc94 0e529c217e797d02a52864530613813bf963af84

    ・ファミ通販
    https://ebten.jp/famitsu/p/4910218840106

     当特集実現までの経緯は28日のタノシマスさんのトークライブで説明があると思うのでここでは端折るが、とにかく気になる方はぜひ本誌を買って読んで欲しい! あ、1人購入10冊ノルマだからな!? よろしく!!(冗談です)

     以下、当特集について、俺的裏話を記す。

     最初『ファミ通』からの取材オファーメンツには『アカとブルー タイプレボリューション』開発者のタノシマス・木村社長、作曲者のWASi303さん、効果音担当の佐藤豪さんは当然として、なぜか俺の名前も挙がっていた。しかし、俺は(アーケード版に関しては)販売営業とかネゴシエーションといった裏方業務に徹していたため、開発には携わっておらず、ギターも大して弾いてないので。ユーザーに向けて話すことがないわけさ(笑)。

     なので「今回の取材から俺を抜いていいので、実際にアーケード版のサウンドを担当した佐藤豪バンド、O.T.K.、Fantom irisを出してほしい」と伝えた。しかし「いや、それでも! イケダさんは出てください! お願いします!」と担当者も諦めてくれない。

     うーん、困ったなあ…と思っていたら、タノシマスの木村社長より「2月16日にライブもあるし細井聡司さんとイケダさんの対談でいきましょう!」というトンデモ提案が! あれよあれと提案が通り対談実現という超展開に(笑)。

     普通の人(既存ファミ通読者層)にはイマイチなんだかわからんかもしれんが、結果的にシューティングゲームやゲーセン好きといった人種にとって、クソ熱い大特集になってます。ぜひ読んでみてください。記事の熱量は『ベーマガ』とか『ゲーメスト』とか『アルカディア』みたいな先人たちに近いが、ゲーセンやアーケードを取り巻く現状を踏まえ、切り口的には過去に似たような判例がない「最新」のゲーセン、アーケードゲームの情報ですよ! こんな特集、未来にまたあるのであろうか…?

     また次の機会に向け頑張るしかないよな。

    (終わり)
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ゲーセンミカドのブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。