• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年9月17日

    2021-09-22 00:00

    動画

    【9月17日午後1時〜】定例記者会見ライブ放送



    参加者

    立花 孝志 党首 / 浜田 聡 参議院議員



    目次

    1. NHKの放送法64条違反について
    2. 上田新党について
    3. 諸派党構想の政治版について
    4. 及川健二氏の著作物のご紹介



    定例記者会見 要約



    立花孝志党首の報告


    NHKは契約時に受信機の設置日を書かせていない!

    これは放送法違反なんです!


    立花 自民党総裁選にて、元総務大臣の高市早苗氏がNHK受信料値下げを公約にしております。総裁選の候補者で唯一、NHK受信料問題を政策として掲げているので、全面的に応援していきたいと思っております。


     一方で、こちらに平成21年と22年のNHKとの契約書があります。契約日の筆跡がNHK集金人のもので、さらに受信機の設置日が書いていない。受信機の設置日が契約日となってしまうため、非常に大きな問題です。


     放送法64条3項では『協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。』となっています。また放送受信規約3条で『受信機を設置した者は、遅滞なく、次の事項を記載した放送受信契約書を放送局(NHKの放送局をいう。以下同じ。)に提出しなければならない。』となっており、その中に『(2)受信機の設置の日』と書かれています。さらに、規約4条で『放送受信契約は、受信機の設置の日に成立するものとする。』となっています。


     そもそも、受信機の設置日が書いていない契約は有効なのかどうかを総務省に確認したところ、『運用の問題』という回答でした。しかし契約が有効かどうかは『法律の解釈の問題』なのです。


     高市氏の主張は『みんなが払えば単価が下がる』です。NHKの改革をして支出を抑えることもするようですが、そもそもNHKが真面目に徴収しないから受信料が高くなっているわけです。


     弁護士法72条違反にあたるNHKの活動は止まっています。一方で、受信機の設置日はいまだに書かそうとしていない。NHKがそこまでこだわっている以上、こちらも徹底的に追及していきます。


     NHK収納委託会社の(株)エヌリンクスでは、「受信機の設置日がわからないと言われたら、直ちに辞去しろ!」という指示がいまだに出ているそうです。


     この問題の原因はNHKにもありますが、総務省の責任でもあります。放送法を司っている総務省に「受信機の設置日が書いていない契約は有効か、無効か」と質問したら「NHKの運用の問題だ」と返して来ました。総務省とNHKに来てもらって説明を求めます。


     弁護士法72条違反と合わせて、NHKの放送法違反も追及していきます。特に、放送法185条にある通り、放送法64条2項・3項違反は100万円以下の罰金です。


    ▼関連リンク

    NHKが【放送法違反】をしている証拠と解説です。 国民よ目覚めよ! 卒業論文のテーマとして最高です



    上田新党の裏で小池百合子氏は動いているのか…?!


    立花 上田清司氏が新党を作るということで、小池百合子氏が裏で動いているのではないかという記事が出ました。国会議員を5人集めて国政政党を作ると思っていたのですが、笠浩史氏が立憲民主党に入党するということで、この話はなくなったのかな。


     小池氏が自民党総裁選に出ることはもう不可能なので、次の総理大臣になるという私の予想は外れました。でも、東京都知事をこのまま続けたいと思っているとは思えないんです。


     希望の党で国政にいこうとしていた時のような状態ではありませんが、都議選での都民ファーストの会の票を考えれば、小池新党ができるだけで自民党は相当なダメージを受けます。上田氏は元埼玉県知事ということで、おふたりは仲がいい。上田氏が裏で小池氏が動いていることをちらつかせているのかなと思っています。


     総選挙が11月21日、もしくは28日なので、総裁選後に動き出しかねないなと思っています。上田氏と連動しているかどうかはわかりませんが、小池氏は上田氏の動きに注目するでしょうね。政治団体として国政選挙に挑戦すると、お金もかかるし不利ですが、国政政党から立候補すれば、東京で1議席は取れます。場合によっては3議席取れる。


     NHK党をうまく使っていただけないかなと思っています。小さい政党がそれぞれでやるのはメリットがない。集まれるのなら集まりたいです。左系の社民党・れいわ新選組・共産党はみんな同じことを言っているから、一緒になったらいいとしか思いません。


    ▼関連リンク

    上田新党は「小池新党」のダミー? 前埼玉県知事・上田清司氏の動静にチラつく女帝の影|日刊ゲンダイDIGITAL




    浜田聡議員の報告


    諸派党構想の政治版 さっそく活用されています!


    浜田 『諸派党構想の政治版』ということで、多くの方の意見を国会議員の意見として官公庁に伝えていこうという取り組みを始めています。衆院選にNHK党公認で立候補予定の方に使っていただこうということで、先週から送られている方がいます。


     大分1区で立候補予定の『愛煙党』からは、『喫煙者数に比べて公共の喫煙所が少ないのではないか。それがポイ捨てにつながるのではないか』という意見を国土交通省に送りました。その後、管轄外との返事があったため、厚労省と環境省に送り、「取り組んでいきます」という回答をいただいております。


     和歌山2区から立候補予定の『女性議員50%を目指す党(おなご党)』からは、森山英樹副代表から総務省への意見を送っていただきました。 


    ▼関連リンク

    公共の喫煙所が足りないのでは⁉ 愛煙党の意見を日本政府にお伝えしました

    【諸派党構想】NHK党公認として衆院選に立候補予定者の方へ 皆様の意見を国会議員として政府に伝えます



    及川健二著『本当に野党ではダメなのか?』のご紹介


    浜田 及川健二氏の著書『本当に野党ではダメなのか? 野党が掲げる成長のための経済政策』をご献本いただきました。内容は野党代表者のインタビューで、NHK党は私がお答えしております。


     私なりの経済政策・コロナ対策・NHKをはじめとする放送改革のお話をさせていただきました。

    YouTube動画もありますので、合わせてご覧いただければと思います。


    ▼関連リンク

    本当に野党ではダメなのか?――野党が掲げる成長のための経済政策

    NHK受信料+所得税+消費税+法人税、税金はすべてゼロ!無税国家を-浜田聡「NHK党」参院議員、独占インタビュー 2021 07 16





    ▼要約担当

    とにぃ@とおにしまなみ【女性議員50%を目指す党】 @ChikiChiki_Tony

  • NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年9月10日

    2021-09-15 00:00

    動画

    【9月10日午後1時〜】定例記者会見ライブ放送



    参加者

    立花 孝志 党首 / 浜田 聡 参議院議員 / 黒川 敦彦 選挙対策本部長



    目次

    1. 立花党首の刑事裁判が行われました

    2. 衆院選候補者について

    3. 山口県と、静岡県の参院補選について

    4. 浜田議員による『諸派党構想の政治版』について

    5. 人権外交議連について

    6. 通年国会について

    7. 黒川本部長の新型コロナ罹患について

    8. 浜田議員による『諸派党構想の政治版』への質問




    定例記者会見 要約



    立花孝志党首の報告


    立花党首の刑事裁判の進捗 刑務所に入ったとしても党首は続けます!


    立花 私の刑事裁判が進んでおります。10月7日に論告求刑、年内には判決が出る見込みです。仮に実刑となり刑務所に入ったとしても、党首は続けるつもりです。


     この裁判を通じて一番思ったことは、NHKという組織が反社会勢力なのかどうかで判決が大きく変わるだろうということです。


     実際の事件が起こった一昨年は、6月に宮迫博之氏や田村亮氏をはじめとするお笑い芸人による闇営業問題が発覚し、『反社』がクローズアップされていました。同年11月、NHKが持つ個人情報を利用した人物が高齢女性からキャッシュカードを騙し取り、数百万円の被害が出ていたことが発覚しました。これは間違いなく反社による手口です。


     これに対してNHKは、記者会見を開かず文書でのみ謝罪しました。NHK側も迷惑しているといった内容でしたが、7月に契約した業者が9月に犯罪を犯しているので、NHKが被害者だとは言えません。


     私はその後、当時NHK会長であった上田良一氏の自宅周辺で、『NHKは反社会勢力』と書いたビラをばら撒きましたが、そのことではなく、会長に面談を迫ったことが威力業務妨害だということで起訴されました。もう一つの訴因は、NHKの個人情報を撮影したという不正競争防止法違反です。


     『NHKは反社会勢力』のビラ撒きについて、NHKは訴えを起こしていません。反社とつながりのない会社であれば、そういった嘘を流布されたら民事なり刑事なりで対抗措置を取ってくるでしょう。事実でなければ信用毀損に当たりますので、その違法行為が発生していないことを確認する債務不存在確認訴訟を来週中にでも提起したいと思っております。


     裁判のポイントはここだと思ったんです。「NHKは反社会勢力だから反社とのつながりを釈明しろ」と会長に直接言おうとしたところ、威力業務妨害とされました。検察側もNHKを捜査しているにも関わらず、私の方だけ起訴するのもおかしいです。


    ▼関連リンク

    刑事事件被告尋問を終えて〜臨時記者会見ライブ放送〜



    衆院選に立候補をしたい方を随時募集しております!


    立花 現在の公認候補者は、まだメディアに公表していない方を含めて34名です。比例単独が4名、比例重複が7名、小選挙区単独が23名です。ただ、今月24日までに供託金の振り込みがない方は公認を一旦取り消します。


     9月24日以降も、空いている選挙区については、随時公認していきます。



    ▼関連リンク

    NHKをぶっ壊す! - NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 公式サイト

    *トップページの『諸派党構想 参入団体』の下部に申請フォームがあります。



    山口県と静岡県の参院補欠選挙に候補者を出します!


    立花 任期満了に伴ってではなく、解散総選挙になることはほぼ間違いないという状況になっております。


     そんな中、山口県と静岡県で参議院補欠選挙が行われます。10月7日告示、24日投開票です。総選挙前にできるだけ党名を周知することを目的に、少なくともどちらかには公認候補を出したいと思っております。


     お金がもったいないので、総選挙と一緒にやるべきだと思いますが、予定通り補選が行われる場合は候補者を出します。出たいという方はご連絡ください。衆院選の公示が10月28日以降になる場合、衆院選立候補予定者が出ても問題ありません。




    浜田聡議員の報告


    浜田議員から各官公庁へご意見メールを送る取り組みがスタート!!


    浜田 いろいろな方からいただく意見を官公庁にお伝えする活動を始めました。具体的には、各官公庁に浜田聡名義でメールを送るというものです。国会議員名義で送りますと誠実に対応していただけます。


     諸派党構想ということで、衆院選にはいろいろな考えをお持ちの方が立候補する予定です。政府に対して意見を言いたい方はぜひ活用してください。各自が発信することによって、各候補者のアピールにもなると思います。


     立花党首が行っているのが『諸派党構想の選挙版』、私のは『諸派党構想の政治版』です。現在、子供未来党から厚生労働省への意見、愛煙党から国土交通省への意見をいただいており、近日中にお送りします。まずは意見を送り、回答をいただくことで、活動が始まっていくのではないかと考えております。


    ▼関連リンク

    【諸派党構想】政治団体 子供未来党の方のご意見を厚生労働省の方にお伝えする予定です

    神奈川県【NPO法人子供の人権を守る会】代表 新飯田ルイさんと話をしました 近日中に厚労省にご意見・ご要望を送る予定です



    人権外交議連に参加しました


    浜田 昨日、人権外交議連の総会に参加しました。内容は、アフガニスタンでタリバンの支配が始まったということで、住民の避難をどうすべきかを政府に要望するというものでした。特に話題となったのは、避難を希望されている方の中に、かつて日本に留学されていた方がたくさんおられるということでした。


    ▼関連リンク

    人権外交を超党派で考える議員連盟公式ホームページ



    通年国会にすべき!
    国会で議論することが国会議員の第一の仕事


    浜田 現在、国会が閉会中です。国会は常に開いているべきだと私は考えております。安くない歳費をいただいておりますし、国会で議論することが国会議員の仕事の第一だと考えております。


     通年国会にして、国会が閉じたり開いたりすることでの与野党の駆け引きが必要ない状態にしたいと考えております。


    ▼関連リンク

    【ライブ配信】国会が閉じたままです! 通年国会にすべきでは⁉




    黒川敦彦選挙対策本部長の報告


    新型コロナの医療体制について
    まず初期治療に力を入れるべき


    黒川 先々週、新型コロナに罹患しました。たくさんの方にご心配いただき、感謝しております。罹患中の10日間、東海ツアーと北海道ツアーに出ることができず、手伝っていただいたみなさまには大変ご迷惑をおかけしました。これからできる限り埋め合わせさせていただきたいと思っております。


     熱が上がったり下がったりの状況が8日間ほど続きました。つばさの党としては、ワクチンの危険性をお伝えする活動をしてきました。新型コロナは風邪だから寝ておけば治るという意見もありますが、新型コロナそのものを軽視するような発信はしておりません。罹患して、初期治療の大事さを痛感しました。


     自宅療養という名の放置で重症化している人がいます。デルタ株と言われる感染力の強い型が流行し、罹患される方が増えましたが、日本がかけてきた医療費を考えると、今の医療体制と発症者数で直ちに医療崩壊するというのはおかしいと考えています。


     初期治療の医療リソースが足りていません。入院すればそれだけ医療資源を使うことになります。初期段階で症状を抑えられれば、緊急事態宣言を出して経済を止める必要はありません。



    浜田議員による『諸派党構想の政治版』はとても心強いです!


    黒川 浜田先生がはじめられた『諸派党構想の政治版』ですが、官公庁に送る内容に制限はありますか?


    浜田 基本的には審査しません。メールで送信するため、わかりやすく簡潔にお願いいたします。


    黒川 諸派党構想に参画する政治団体として心強い取り組みだと思いました。コロナ自粛の問題なども含めて活用していきたいと考えております。





    ▼要約担当

    とにぃ@とおにしまなみ【女性議員50%を目指す党】 @ChikiChiki_Tony

  • NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年9月3日

    2021-09-08 00:00

    動画

    【9月3日午後1時〜】定例記者会見ライブ放送



    参加者

    立花 孝志 党首 / 浜田 聡 参議院議員



    目次

    1. 菅総理の総裁選不出馬について

    2. 菅総理が総裁選に立候補しなかった理由

    3. 菅総理退陣に繋がった理由について

    4. 小池百合子氏の動きについて

    5. 衆院選に向けたNHK党の動きについて

    6. 浜田議員の情報が勝手に使用されたことについて

    7. ベーシックインカムの分科会について

    8. 東京新聞にインタビューされなかったことについて




    定例記者会見 要約



    立花孝志党首の報告


    菅総理、総裁選不出馬を表明!


    立花 菅義偉総理が今月29日投開票の自民党総裁選に出馬しないということで、一番がっくりきているのが立憲民主党の枝野代表でしょう。


     ちょうど10年前、東日本大震災の際に官房長官をされており、福島原発のメルトダウンについて、国民に明らかな嘘の情報を流しました。その後菅直人元総理が「放射能が漏れていると言うと、首都圏から人が移動してパニックになるから、嘘をつくしかなかった。」と発言しました。


     表向きには「政権を取る」と言っていますが、立憲民主党はそもそも労働者が母体で、経営者としての責任の取り方ができない人たち、本当に政権を取るつもりのない人たちの集まりだと思っています。菅総理が退陣するために政権交代はなくなりましたから、むしろホッとしているのではないかと思います。


     なぜ政権交代が起こらないかと言うと、一年前に菅政権が誕生した時、まだ何もしていないのに支持率が60%くらいあったんです。官房長官として長く仕事をされていて、森友・加計・桜を見る会などの問題で、のらりくらりとした答弁しかしていませんでした。


     新しいものが好きっていう国民性があるのではないでしょうか。菅総理よりも、新しい人で総選挙を戦った方が支持率が上がると思っています。


    ▼関連リンク

    菅首相、辞任へ 自民総裁選の不出馬表明「選挙との両立は莫大なエネルギー必要」|社会|地域のニュース|京都新聞



    菅総理がおろされた理由は、岸田文雄氏に勝てないから!


    立花 次の自民党総裁が誰になるのかは、まだ誰もわかっていないと思います。菅総理を辞めさせるためにいろんなところから圧力をかけたんでしょうが、岸田文雄氏に総裁になられると困る人が自民党内にはたくさんいます。


     岸田氏は、河井案里夫婦の参院選広島選挙区での買収金1億5千万円について、「明確にしなければならない。」と言っており、隠そうとしている二階氏や安倍前総理とは真逆の主張をしています。


     岸田氏が総裁になれば、大変なことが明るみに出てしまう。そうなると、官房長官として河井氏の応援演説にも入っている菅総理にも火の粉が降りかかってくる。岸田氏に負けることだけは許されないということで、下りられたのかと思います。


     なので、岸田氏に対抗できる人が決まっているわけではなく、これから駆け引きが繰り広げられるでしょうし、来週月曜の自民党役員人事もなくなるでしょう。菅総理は言っていることがむちゃくちゃになってきていました。総裁選前に党役員人事をすることはありえない。


     自民党の理論からして、1億5千万円の事実や森友・加計・桜を見る会の問題を明るみにされると困る二階派・安倍前総理の派閥(細田派)・麻生派が菅総理を下ろし、岸田氏に勝てる人をこれから選ぼうということなのだと思います。


    ▼関連リンク

    菅義偉首相、岸田文雄幹事長で総裁選延期を画策も失敗か 戦えば岸田氏に勝算も



    これからは国民に直接発信する時代!菅総理はYouTubeをやるべきだった


    立花 昨年の11〜12月、菅総理を全面的に支援すると公表していました。なので、この退陣は残念ですが、菅総理には坂井学 内閣官房副長官を通じて「YouTubeをやるべきだ」と3度ほど打診をしました。ですが、やらないと判断された。


     今の時代、自分のやろうとしていることは直接発信しないと。菅総理のよいところはメディアと戦おうとしていたことです。ですが結局は、都合の悪いところだけ抜き出されてテレビで放送されてしまうという、初歩的なパターンでやられてしまった。


     直接国民に発信する手段がなかった時代はメディアが必要でしたが、今は直接発信できるのにそれを使わなかった。そこが退陣につながったのだと思います。ですが、YouTubeをやっていたとして、国民の質問にまともに回答できたかというと、そういうわけでもないからやらなかった、という気もします。


     NHK党のように、何を聞かれてもちゃんと答えることができないのが、自民党を含めたこれまでの政党の人たちです。だから、国民と政治家の間にメディアを入れて、メディアから都合のいい質問だけをさせるという形でやってきてしまったのでしょう。


     私は54歳ですが、タイガーマスクやデビルマン・キャシャーン・宇宙戦艦ヤマトといったヒーローものに影響を受けた世代です。『正直に生きていけば、正義は必ず悪に勝てる』と洗脳されている世代です。NHKもそうですが、部長・局長クラスがこの世代になってきました。正義感の強い人が中枢に来ていますので、変わってきそうな予感がしています。


     菅総理のような人が世論からダメと言われているのも、彼の後ろめたさが気に入らないというのがあったんじゃないのかな。何事に対しても真摯に回答しないことが、世論の不満を招いたのではないかと思います。


    及川 菅総理の記者会見コメントを読み上げます。「先ほど開かれた自民党役員会において、私自身、新型コロナ対策に専念したいという思いの中で、自民党総裁選挙には出馬しないということを申し上げます。」


    立花 コメントがはちゃめちゃですよね。総裁選に立候補してもコロナ対策はできます。本当に力のある人は選挙運動をしなくても選ばれるんですよ。



    小池百合子氏の動き、菅総理の代わりとなる総裁選候補者に注目!


    立花 NHK党としては、自民党が過半数割れを起こして、立憲民主党もろくでもないと理解していただいた上で、次の次の総選挙では政権を取りたい。


     次の総選挙では、誰が自民党総裁になっても自民党が下野することはなさそうです。これまでの自民党の選挙は野党が弱っている時にやってきました。せっかく政権に返り咲いた2年後の2014年に解散。2017年は小池百合子氏の勢力が強くなる前にということで解散をしている。そんなに遠くない時期にまた解散総選挙が行われるのではないかと思います。


     小池百合子氏の動きは気になりますね。次の総裁選は想定できない結果になる。まったく予想がつかない。唯一爆弾を持っているのが小池氏です。


     4年前の総選挙は、私も立候補しようとして相当研究しました。都民ファーストの風が吹いており、小池氏が圧勝するのではないかという中で、自民党からの引き抜きがうまくいかず、民進党の前原誠司氏との合流を発表して、排除発言で立憲民主党と分かれてしまった。


     希望の党・立憲民主党・共産党が分かれてしまったために自民党が多くの議席を取ったように思われますが、比例代表は自民党約1900万票、立憲民主党+希望の党で約2000万票なので、この2党の方が自民党より多かったんです。4年前にすでにそうだったんです。


     今回小池氏の動き方によって、総裁選の結果が変わってくるでしょう。小池氏が動けば自民党は過半数割れを起こして自民党と小池氏・維新の会・公明党の連立政権になるのではないかと思います。


     小池氏の動きと、菅総理の代わりとなる安倍前総理が担ぐ自民党総裁選候補者が注目です。



    衆院選 10月17日投開票を想定して進めていきます!


    立花 NHK党の衆院選候補者の締め切りは9月24日です。10月17日投開票を想定し、淡々と事務作業を進めていきます。『諸派党構想を広める』『弁護士法72条違反でNHKと戦っていること周知する』ことに主眼をおいてやっていきます。




    浜田聡議員の報告


    浜田議員の名前とメールアドレスの無断使用が発覚!


    浜田 8月29日(日)、各政党のお問い合わせフォームから、私の名前とメールアドレスを勝手に使用し、意見を送っていた方がいました。メールアドレスへの自動返信機能で発覚しました。各政党には、私の意見ではないことをお伝えしております。



    『ベーシックインカム』は今後注目していく政策のひとつ!


    浜田 昨日、国家ビジョン研究会でベーシックインカム推進の分科会がありました。この会合は2回目で、有識者として駒澤大学准教授の井上智洋氏、元日銀審議委員の原田泰氏などがいらっしゃいました。原田泰氏の講義と藤田文武議員の衆院選での公約紹介が行われました。


     国会でも議論を進めていく上で、国会議員に声をかけているようです。私同様、1回目、2回目とも参加したのが、日本維新の会の藤田文武 衆議院議員。他には、柿沢未途 衆議院議員、立憲民主党の中谷一馬 衆議院議員、みんなの党の渡辺喜美先生。国民民主党の玉木雄一郎代表にも声がかかっているようです。


     国政政党がベーシックインカムを公約として掲げるようになってきました。今後注目していくべき政策の一つだと思っております。


     渡辺喜美先生によると、みんなの党時代からベーシックインカムを公約に掲げていたそうです。当時はあまり注目されませんでしたが、渡辺喜美先生は推進派だと思います。


    ▼関連リンク

    ベーシックインカムに関する勉強会に参加してきたご報告



    東京新聞『野党に問う』NHK党はインタビューされず


    浜田 衆院選が近づいてきたため、各新聞社の報道がなされています。東京新聞に『野党に問う』という記事があるのですが、立憲民主党・国民民主党・社民党・れいわ新選組・日本維新の会の議員がインタビューされておりました。片山虎之助氏の記事はベーシックインカムに伴い生活保護を無くすということで、若干炎上しておりました。


     NHK党はインタビューされず、今後あるかどうかもわかりません。公共の電波を使っているわけではなく、新聞各社の裁量となるのですが、少し気になりました。


    ▼関連リンク

    <野党に問う>日本維新の会・片山虎之助共同代表インタビュー 「日本大改革プランを準備」:東京新聞 TOKYO Web





    ▼要約担当

    とにぃ@とおにしまなみ【女性議員50%を目指す党】 @ChikiChiki_Tony