• このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK党 定例記者会見 2022年5月13日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NHK党 定例記者会見 2022年5月13日

2022-05-18 00:00

    出席者

    • 立花 孝志 党首
    • 浜田 聡 参議院議員
    • 黒川 敦彦 幹事長

    報告事項


    目次

    1. 大橋昌信柏市議の副党首辞任、および末永けい春日井市議の離党について
    2. 夏の参院選、少なくとも80名の候補者が立候補予定!
    3. 諸派党構想、比例代表での分配額について
    4. 財政金融委員会にて、ガーシー逮捕に関する警察対応について質問をしました
    5. 公設秘書3名の選挙ドットコム・ボネクタ開設のお知らせ
    6. 参院選公約集と衆院選公約達成状況の公表について
    7. ニコニコ超会議、無事終了いたしました!
    8. iOS版NHK撃退アプリも無事リリース!党内の連絡ツールとしても利用
    9. NHK党×つばさの党の大阪街宣&交流会を行いました
    10. 選挙ボランティア向けの大規模zoomミーティングの開催と堀江政経塾の告知について



    報告内容


    1.大橋昌信柏市議の副党首辞任、および末永けい春日井市議の離党について


    立花孝志党首

     副党首の大橋昌信より、副党首辞任の届け出がありました。先ほど行われた役員会にて満場一致で承認いたしました。これからは、NHK党所属の柏市議会議員となります。


     それから、春日井市議会議員の末永けいより離党したい旨の連絡があり、承認いたしました。5月15日(日)告示の春日井市長選に立候補予定ということでの判断だと考えております。


    ▼関連リンク

    大橋昌信 NHK党 千葉県柏市議会議員 (@nanikoratakoko2) / Twitter

    末永けい・春日井市長候補予定・みんなで新しい時代をつくる子はかすがい子育ては春日井 (@suenaga_kei) / Twitter



    2.夏の参院選、少なくとも80名の候補者が立候補予定!


    立花孝志党首

     昨日、全国比例へ西村齊氏を擁立することを発表いたしました。


     それから、堀江貴文氏とは立候補やNHK党の党首を一定期間務めていただくことについて話を進めてきましたが、今回の参院選では諸般の事情でお断りされております。


     また、堀江氏秘書の齊藤健一郎を比例特定枠で擁立しておりました。ですが、参院選は非拘束名簿式という有権者の声が反映されやすい制度になっている中、特定枠という仕組みはふさわしくないと考えております。そのため、NHK党として特定枠はできるだけ使うべきではないと判断いたしました。

     

     現在、全国比例での立候補予定者は、齊藤健一郎、黒川敦彦、山本太郎、西村齊、久保田学の5名です。


     さらに6人目として、暴露系YouTuberのガーシーこと東谷義和氏にもアプローチをしております。もし当選した場合、東谷氏が抱えている3億円の借金を完済できるだけの政党助成金を東谷氏の政治団体へ寄付することや、国会議員は国会の会期中は逮捕されないという憲法50条の不逮捕特権を提示しています。来週、じっくりと話し合う予定です。


     7人目として、NHK党副党首の丸山穂高前衆議院議員にも声をかけておりますが、まだ返事をいただいていない状況です。


     8人目として、みんなの党会派の渡辺喜美先生にお声がけしております。


     候補者を擁立しないと言っていた岡山県選挙区ですが、他の政党や政治団体の勢いを鑑みて候補者を擁立することにしました。候補者はまだ決まっておりません。前言撤回となり申し訳ございません。


     現状、全国比例5名、選挙区75名、少なくとも80名の候補者を擁立し、参院選に臨みます。


    ▼関連リンク

    2022年 参議院選挙 立候補予定者 - NHK 受信料を 支払わない国民を守る党 公式サイト



    3.諸派党構想、比例代表での分配額について


    立花孝志党首

     NHK党では、諸派党構想という『得票に応じた政党助成金を各政治団体に分配する』という仕組みがあり、現在政治団体で活動されている方にとって非常に有利な制度です。こちらでは全国比例での方式について、2019年の参院選でのNHK党の得票を例にご説明いたします。


     参院選の全国比例は、政党名を書いても、候補者名を書いても1票となります。2019年の参院選にて、NHK党の全国比例総得票数は98万7,885票(得票率1.97%)でした。全国比例では得票率2%以上という政党要件は満たせませんでしたが、立花が49位で当選しました。



    総得票数 98万7,885票(得票率1.97%)


    ・政党名が書かれた票  84万1,225票

    ・候補者名が書かれた票 14万6,660票


    【候補者名票の内訳】

    ・立花孝志 → 13万223万票(88.8%)

    ・浜田聡  → 9,308票(6.3%)

    ・岡本介伸 → 4,269票(2.9%)

    ・熊丸英二 → 2,850票(1.9%)



     全国比例総得票数を候補者名票の比率で分配すると、



    【全国比例総得票数を候補者名票の比率で分配した票数】

    ・立花孝志 → 87万7,241万票

    ・浜田聡  → 6万2,236票

    ・岡本介伸 → 2万8,648票

    ・熊丸英二 → 1万8,770票


     1票に対し、政党助成金が年間40円入ります。半分は党の活動費としていただき、半分の20円×分配票数×6年、ここから供託金600万円を引いた額を各候補者へ分配します。全国比例、もしくは選挙区で得票率2%超えない場合は3年になる可能性があります。


    【計算式】

    (1票20円×分配票数×6年)ー 供託金600万円 = 候補者への寄付金

    ※6年が3年になる場合あり


    【寄付金額】

    ・立花孝志 → 9,926万8,920円

    ・浜田聡  → 146万8,320円

    ・岡本介伸 → -256万2,240円

    ・熊丸英二 → -374万7,600円

    ※赤字分の補填はなし


     2019年の参院選の場合、ボーダーラインは7,335票となります。候補者名を書いてもらうのは大変ですが、このボーダーラインを超えるような得票ができそうな方は、1票につき700円が入ってきます。


     600万円出していただけること、NHK党の4つの政策に同意していただくことを条件に、どなたでも公認いたします。党としては候補者を平等にあつかい、「NHK党もしくはお好きな候補者名をお書きください」という広報にとどめます。


     2%に達しない場合も想定しております。その場合は党活動を一気に縮小し、政党助成金を借金の返済に充て、NHKの被害者をお守りするだけの活動にシフトいたします。


     候補者平均1万3,000票獲得すれば要件を満たせる低いハードルではありますが、他党の勢いを考えると楽観視できません。有権者のみなさま、ぜひご協力お願いいたします。


    ▼関連リンク

    諸派党構想 政党助成金の分配方法 全国比例バージョン NHK党はあなたの立候補をお待ちしております。



    4.財政金融委員会にて、ガーシー逮捕に関する警察対応について質問をしました


    浜田聡参議院議員

     5月10日(火)、財政金融委員会にて28分の質問時間をいただきました。公認会計士法改正案の審議が主でしたが、残り時間の10分ほどを使い、ガーシーこと東谷義和氏に関する質問をしました。


     以前、行政監視委員会でも東谷氏に関する発言をしましたが、今回は、東谷氏の逮捕にまつわる警察の対応について、髙橋裕樹弁護士が問題提起した動画を元に質問をしました。この質問をした国会中継が東谷氏のサブチャンネルにてアップされており、26万を超える再生回数となっております。


     それから、5月24日(火)、26日(木)に財政金融委員会にて質問機会をいただいております。国会の閉会が近付いてきており、委員会の質問機会も残りわずかです。衆院選で掲げた公約なども見ながら質問内容を調節していきたいと考えております。東谷氏関連の質問も適宜していきたいと考えております。


    ▼関連リンク

    2022年5月10日 参議院 財政金融委員会 ガーシーvs警察、地方交付税交付金の算出式、等



    5.公設秘書3名の選挙ドットコム・ボネクタ開設のお知らせ


    浜田聡参議院議員

     選挙ドットコムのボネクタという有料サービスがあります。選挙対策も兼ね、私の公設秘書3名にも開設してもらいました。ぜひご覧ください。


    ▼関連リンク

    浜田聡事務所の3人の公設秘書の方々に政治家情報発信ツール「ボネクタ」で情報発信していただいています



    6.参院選公約集と衆院選公約達成状況の公表について


    浜田聡参議院議員

     参院選に向けて、政策集や公約集のまとめを行っていきます。それから、自己評価として衆院選公約の達成状況や取り組み状況も公表したいと考えております。



    7.ニコニコ超会議、無事終了いたしました!


    黒川敦彦幹事長

     4月末に開催されたニコニコ超会議にご参加いただいたみなさま、スタッフやボランティアでお力添えいただいたみなさま、どうもありがとうございました。


     かかった費用は約1,083万円でした。NHK党以外は社民党しか出展しておらず、票から遠いというのが他党の判断だったのかもしれません。ですが、インターネットを中心に活動してきたNHK党としては親和性が高いイベントであり、ブース内で楽しんでいただいたり、真剣に政治の話を聞いていただいたり、手ごたえを感じております。


     費用はかかりましたが、来年もそのくらいの費用が捻出できるよう、党勢を落とさないことが大事です。引き続きお力添えよろしくお願いいたします。


    ▼関連リンク

    NHK超撃退ブース | ニコニコ超会議2022 公式サイト



    8.iOS版NHK撃退アプリも無事リリース!党内の連絡ツールとしても利用


    黒川敦彦幹事長

     iOS版のNHK撃退アプリがダウンロードできるようになりました。特定の団体を撃退するということがAppleの審査上よくなかったということで、『撃退アプリ』という名称となっております。


     こちらのアプリにて、NHK党の最新情報を配信していきます。ニコニコ超会議にて集計したアンケートなども配信予定です。アプリのダウンロード、ストアにて★5レビューをぜひともお願いいたします。


     特に、党関係者のみなさまに関しては、今後このアプリが連絡ツールとなります。


     それから、参院選に向けての改修も始まっております。その後、統一地方選に向けての改修も行う予定です。


    ▼関連リンク

    NHKをぶっ壊す!NHK撃退アプリ | 前代未聞のNHK裁判安心保証付きアプリ



    9.NHK党×つばさの党の大阪街宣&交流会を行いました


    黒川敦彦幹事長

     5月7日(土)、『NHK党×つばさの党大阪街宣』を行いました。現職議員や立候補予定者など50名ほど参加いただき、交流会も行いました。関東圏での活動が中心ですが、関東以外のエリアも周っていけるよう今後も企画していきます。



    10.選挙ボランティア向けの大規模zoomミーティングの開催と堀江政経塾の告知について


    黒川敦彦幹事長

     選挙ボランティアのみなさまを対象にした大規模なzoom会議を予定しております。2週間後を目途に開催します。開催日が決まり次第ご連絡いたします。


     それから、堀江政経塾に関して、現職議員や立候補予定者が参加しやすいよう、党チャットワーク等を使って参加方法等を告知いたします。





    参加者の方々との質疑応答は本議事録には収載しておりません。

    質疑応答を含めた本日の会見全体を以下のYoutube動画でご覧いただけます。

    【記者会見ライブ】5月13日(金)午後1時から〜5月6日は記者会見はお休みです。お間違えのないようにお願いいたします





    ▼要約担当

    とおにしまなみ @ChikiChiki_Tony
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。